FC2ブログ

北米の野外災害救急法 Wilderness Advanced Life Supportを受講した。

fc2blog_20191109165653bbf.jpg

「これから5日間お伝えする情報、現場に使えそうなアイディアには普段みなさんが医療の現場では使わない考え方が含まれるかもしれません。医療というのは常に動的なものです。みなさんがもし少しでも疑問に思ったのであれば、なぜその考えに至ったのかをぜひ質問してください。私が伝える情報を「すべて正しい」と鵜呑みにしないでほしいのです」 by Dr. David E Johnson
(WMAJのFB投稿より引用)




スッキリしない天気の10月を北杜市の友人たちのお陰で楽しく過ごし、瑞牆バムもいよいよ後半戦へ・・。

fc2blog_20191109165710586.jpgコンプレ堂(何気に初)、ギャラリー夢宇、増富の梅まんじゅう、Asakoの美味しい朝ごはん!、ラン、束の間の晴れに朝練・・・


10/30からの5日間はクライミングをお休みして、清里にある「少年自然の家」へ移動し、野外災害救急法の講習会に参加しました。


fc2blog_20191109175127c39.jpg


"WALS"(ウォールズ)と呼ばれるこの講習は、ウィルダネスメディカルアソシエイツ(WMA)ジャパンが開催しているいくつかのコースの中のひとつで、医師・医療者向けのコースです。
3年前にはじめてこのWALSと出会って衝撃を受けた私は、翌年ふたたびリフレッシュコースを受講しました。そして今回は2年ぶり三度目。確かな知識と技術を求めてまたこのコースに戻ってきました。


私自身の理解している通り説明しますと、このコースは、通常の医療プロトコルが通用しない環境、資器材も人的資源もインフラも不充分な環境でいかに助かる命を救うか、ということを徹底的に突き詰めて、学び、トレーニングし、身につける、シンプルで合理的かつ非常に実践的な内容です。

アウトドアフィールドはもちろん、戦場や災害現場などが想定されています。

そして、通常一般の方に教えているこの内容を医学的に更に掘り下げて、ディスカッションしながら気づきを得ていくというのが医師向けコースの特徴です。

このWMAの総代表であり、アメリカで救急医としてバリバリやってきた御年70を超えるDr. David Johnson、通称"DJ"が毎回来日して自ら講義をしてくれます。この方、頭脳明晰で、大量の文献を読み漁っており、常に最新の情報に明るく、どんな質問にも答えを持っているというスーパーマンみたいな人です(笑)。


冒頭の彼の言葉にもあるように、野外医療に正解を見いだすのは難しいです。街の医療と比べると、医学的根拠となる研究が圧倒的に乏しいのが野外医療です。しかも基本的にあらゆることが上手くいかないのが野外災害現場の本質。とにかく多くの情報を仕入れて、それを上手く取捨選択し現場に当て嵌めていくしかないのです。


というわけで、最近ほとんど使わなくなった(笑)脳みそ、正にフル回転の5日間です。


fc2blog_2019110916552989d.jpg朝は8時半から、お昼の45分休憩を挟んで夕方17時まで。夕食後も20時頃まで講義が続きます。毎晩宿題も出ます。


fc2blog_20191109165526b52.jpg評価法に従って、重要な生命兆候から順番に評価していきます。まずは教室で、つぎにフィールドで1対1で。写真は脊椎損傷の可能性のある傷病者を評価しているところ。


fc2blog_20191109173654590.jpg日を追うごとに、複数対複数での救助とか、状況もどんどん複雑になっていきます・・。ああ、タイヘン。ちなみにこれ、溝の中にあと1人いるんですね・・(笑)。自分が傷病者役も演じることでまた学びや気づきがあります。


そもそもこのWMAの野外救急法、北米でアウトドアに関わるプロフェッショナルたちは受講が必須だそうで、世界各国で開催されているため、自国のコースのスケジュールが合わなければわざわざ海外へ行ってまで受講するようなものなんだそうです。


北米発信ということで、日本の法律や医療の実際とそぐわないところも多々あるのですが、むしろ日本の病院でバリバリ働いている先生方には全く新しい考え方と出会う機会でもあり、得られるものはものすごく大きいと思います。


fc2blog_2019110916553384a.jpg実際の手技も色々練習します。背負い搬送、どれが一番ラクかな・・。


fc2blog_20191109165535512.jpg直接圧迫止血が難しい出血に対するガーゼパッキングや、汚染された創部の洗浄。


fc2blog_20191109165701709.jpg食道挿管を繰り返す私orz


実は私自身、日本登山医学会が主催する国際認定山岳医の資格を取得していますが、本家本元のヨーロッパさんとは文化も社会的背景も全く違う日本において、山岳医として現場で活動した実績はありません。それゆえ、practical(実用的)な野外医療についてより幅広く学びたいという欲求が常にありました。そして、少し前からWMAの存在は知っていてずっと気になっていたんです。やっと受講する機会を得て飛び込んだのが3年前。そうしてその時、「これだ!」と実感したのです。


「人は適度にストレスがかかった状態のほうが物事をよく吸収する」「だから教室を歩き回ったり、個人を指名したりするけど決して困らせようというつもりではない」と、DJ。


このコースでは、座学もたくさんありますが、もちろんただ座っていれば済むわけでなく(笑)、更に少年自然の家という広い施設を利用して野外で体を動かすトレーニングが主体です。そして最終日前日の夜には大規模シミュレーションがあり、受講生が救助チームとなってサーチ&レスキューをするというとーってもストレスフル(笑)なイベントがあるのです・・。


fc2blog_20191109165703c11.jpg大勢のボランティア(傷病者役)の方々の協力なくして開催できない一大イベント、ナイトシミュレーション。これまでに学んだことを総動員して傷病者を助けます。しかしインストラクターたちによる八方塞がりな状況設定のもとコテンパンにやられるのです!


fc2blog_2019110916553704f.jpg救助チームのトップ、Incident Commanderの記録。現場と本部の判断のせめぎ合いなど、毎年リアルです。


もうひとつ、このコースの魅力は刺激的な出会いです!


fc2blog_20191109165657714.jpg力を合わせ、バスケットで傷病者搬送!リーダーの的確な指示がとっても重要


インストラクターや医療アドバイザーの方々はプロフェッショナルとしてとても魅力的だし、受講生の方々もまぁ粒ぞろい(笑)。医療現場でバリバリ活躍されている一方で、一筋縄ではいかない、いい意味で"変わった"人たちの集まりです。


fc2blog_201911091656448b5.jpg
秋晴れの5日間、登れないのが苦にならない(笑)、というか、毎日が濃密過ぎて、すぐ側にある花崗岩のことも忘れてしまうほど・・。


fc2blog_201911091655233b4.jpg数週間にわたるセイリングや、数泊のトレッキングツアー、ヒマラヤ遠征など、状況設定ごとに、医療者として持参する資器材を考える。抗生剤の選択ひとつとっても、「なぜそれを選ぶのか?」と質問されます。ちなみに、10代前半の喘息の既往のない子供たちが参加するトレッキングツアーに「なぜメプチンを持参するのか?」とDJ。「いちおう・・」としか答えられない私たちにDJは言います。「子供が参加するキャンプなどの野外アクティビティにおいて、その最中に喘息を初発した例はあるか?答えは、ゼロ!」とのこと!なるほどね〜。


fc2blog_201911091655309fc.jpg年齢を感じさせない引き締まった身体、そしてとってもジェントルなDJ!「前よりゴツくなったね!」って言ってもらえました!(笑)


私は、今はただのバムで、医者としてはショボショボですが、いずれは山で現場でドクターとして活躍できる、名ばかりではない"山岳医"になりたい、そんな夢を持っています。もちろんそれは病院でもっと実力をつけてからの話で、ましてやそれが"国内で"となれば、行政も巻き込んで何年先になるかはわかりません。でも、その時その時でやるべきことの優先順位をつけて、目的を見失わず、着実にステップアップしていきたいと思っています。


fc2blog_20191109165642bfa.jpgCertificateも無事更新!


お世話になった皆さん有難うございました!


fc2blog_20191109165521877.jpg

で、講習後はまた瑞牆へ。みんなと遊んでもらって、美味しいご飯も毎日作ってもらい(食べる専門)、3日前に瑞牆バムを終了しました(=レンタカーを返しました)。

fc2blog_201911091655182d8.jpg1ヶ月の相棒とおさらば!結局みんなのおかげで車中泊ゼロ!(笑)


慌ただしいですが、明後日からは中国、黎明(Liming)です!人生初の砂岩!そして人生初の中国上陸!
とりあえず(毎度のことながら)パッキング頑張ります!

日本でバムを開始!

ペコマをイギリスに送り出してから、気ままな旅人生活がスタートした2019年。
早いもので今年ももう残り約2ヶ月となりました。

そんな2019年の旅は、笑いあり、涙あり、出会いたくさんあり、別れなし!

2月末のイギリス・アイルランドにはじまり・・・

3月〜4月上旬フランス・シャモニ
GWから5月アラスカ
6月上旬ヨセミテ
6月下旬〜7月上旬イギリス
8月ペルー
9月イギリス
10月帰国。←で、いまココ。


数えてみたところ、10/20時点で国内/国外の日数は137/156。
半分以上海外に居たんですね〜。


IMG_9759.jpg

そして迎えた外岩シーズン。
昨年秋、ヨセミテに行って日本の外岩シーズンを逃したこともあり、今年の秋は日本を旅しようと前々から決めていました。


でもまだ、車がない!
そこで長期レンタカーを検索。安くてギリギリ車中泊出来そうな、軽のミニバンを確保しました。


三菱EKワゴンです。

IMG_9768.jpg
こいつに登攀用具とキャンプ道具と生活用品を全て詰め込んで、どこでも生活出来る仕様にしたら、憧れのバム(家なし)ライフのスタートです!


ちなみにレンタル料金は1ヶ月で45000円ほどでした。決して安くはない金額ですが、遠征費用だと思えば許容範囲です。


でも外岩でガンガン登りたかったので、日々の疲れはしっかりとりたい!
ということで寝具(?)にはこだわりました。しっかりした作りの分厚い車中泊マットを購入し、枕も自分への誕生日プレゼントとして作ったオーダーメイド枕を携行。


でも幸せなことに、車中泊マットの寝心地はまだ確かめられていません。
なぜならこの2週間ほどは、北杜市の知り合いの快適なお宅にずっと居候させてもらってました!


IMG_9760.jpg
東京では食べられない、新鮮で美味しい野菜!


IMG_9751.jpg
毎日が幸せの食卓。ある日は大量の馬刺しにスペアリブ。そして別日には餃子50個を女子3人でペロリ(笑)。


天候にはあまり恵まれず、外岩の密度は期待していたほど高くはなかったものの、岩場めぐりをしたり、美味しいお店に連れて行ってもらったり。東京ベースでは出来ない生活を満喫していました。

IMG_9748.jpg
小淵沢"ビストロバガブー"さんで250gのカイノミステーキ!!💖✨✨


IMG_9747.jpg
メラメラガールズ"ゆっきーさん"とパノラマックス!


IMG_9750.jpg
メラメラガールズ集合!きのことり!


※注 "メラメラガールズ":岩が好きなおんなのこたちの集まりで、ここ数年ワイワイやりはじめました。
肉好きが多いため、集まるとたいてい肉を焼きます(笑)。



IMG_9764.jpg
ずっと前から行きたかったクレイジーバムへ。文殊岩下部の瑞牆ロケットから継続!


IMG_9765.jpg
そして昨日は小川山、屋根岩5峰!


IMG_9753.jpg
KAZAHANAさんの新作、チョークバッグ!軽量で、裏地は粉とよく馴染む素材。背中側に折り返しがついていてチョークボールいらず!


そしてランニングも続けています。細々と(笑)。

IMG_9749.jpg
ペコマに続いて、私もGarminのランニングウォッチをGETし、色々なところで走っています。


IMG_9770_2019102213125248d.jpg
前のトレランシューズがボロボロになったので、新しくホカオネオネのスピードゴート3を購入!✨
UTMBの上位選手も多数使用している本格シューズのようです。ホカの代名詞ともいえる厚底でクッションは抜群、かつソールはビブラムでグリップ力も高く、片足258gと軽め。踵の安定感もよくて自然とスピードに乗れ、足の疲れも全然違いました!


IMG_9746.jpg
3/15の板橋シティマラソンにエントリーしたのでロードも地味〜(笑)に練習中です。


とりとめのない散文になってしまいましたが、こんな感じでバムを楽しんでいます。


今日はひさしぶりに東京へ戻って来たので、たまに行っている池袋のカラダステーションへ計測に行きました。
IMG_9763.jpg
INBODYで体組成を測ることができ、トレーナー系の人が解説をしてくれます。無料です。


ペルーから帰国直後は、高所登山後のせいか、上半身、とくに体幹の筋肉ががくっと減っていて驚きました。
でも今日の計測では、筋肉量は遠征前の値くらいまでほぼ戻った様子。

ちなみに2017/10の数値と比べると全ての部位で低値になっていますが、2017-2018シーズンは初5.13を登った年でした。
絶対値としての信頼性は低いと思うものの、相対値としては自分のコンディションを知る上で参考になります。


10月も終わりに近づいていますが外岩シーズンはまだまだこれから!
遠征ばっかりですっかりクライミングが弱くなってしまった感があるので、昔の自分を超えるべく、もっとトレーニングして日本の岩を楽しみたいと思います!

北アイルランド Belfastの旅。

アイルランド北端のUlster(アルスター)地方には9つの州があり、そのうち東側の6州はイギリス領です。
北アイルランドの紛争の歴史(英国では"The Troubles"と呼んでいるらしい)は民族と宗教の違いに端を発し、その複雑さと根深さを完全に理解するのはかなり難しいです。

fc2blog_2019101215300723a.jpg
Belfast名物(?)Big Fish。


旦那さんのペコマが留学しているBelfast(ベルファスト)は、そんなアルスター地方最大の都市。アイルランド全土ではダブリンに次ぐ大都市だそうです。

IMG_4307.jpg
留学先である"QUB"(クイーンズユニバーシティベルファスト)前で。


先月は、自分の誕生日である9月10日から丸3週間、このベルファストの街で暮らしていました。


今回の旅はクライミングや登山が目的ではなく、ペコマとのこの街での暮らしを満喫してきました。


出国日は記録的台風で欠航が相次ぐなか、運良く夜遅い便だったため無事出発!
flights.jpg


emirates.jpg
エミレーツ航空のエアバス380はバブリーな内装でエコノミークラスでも快適。ご飯も美味しいしトイレの水道はセンサー式だし。一般人は立ち入れない(?)2階部分(シャワーやスパもあるとか!)がいつも気になる!


イギリスの入国審査は、日本のパスポートなら自動化ゲートを通れるので早くて快適!
IMG_8011.jpg
ロスやサンフランシスコのような厳重さ、煩わしさはほぼありません!


fc2blog_20191012123857034.jpg
ベルファストシティ空港(BHD)は小さくて使いやすい。空港から市街地まではバスで往復4ポンドです。



IMG_8031.jpg
到着した日の夜は肉肉しいバースデー飲み!


cafe_20191012122057195.jpg
日常のヒトコマ。ペコマを大学に送り出したあとはカフェで読書や英語の勉強。写真はお気に入りパティスリーカフェ"Patisserie Valerie"のクロワッサンサンドと、英語学習者御用達の"Duo 3.0"。1週ごとにペコマと罰ゲーム付きの暗記合戦をやってました(笑)。



crements.jpg
ランチは大学構内のカフェで合流。葉っぱを食べる習慣のないイギリスでこのサラダバーは嬉しい!



大学が終わったらスポーツセンターに合流して着替え、走ったり筋トレしたり。
pec.jpg
ビジターでも1ヶ月36ポンドのパスで利用できました。トレーニング後はここでシャワーも浴びて帰ります。

クライミングジムは歩いて3kmとちょっと遠いんだけど、週2くらいで行ってました。



もちろん、パブにも沢山いきました。
fc2blog_20191012144153a48.jpg
外で飲めるのも楽しい!


お部屋でTESCO(スーパー)の肉を焼いたり。ロモ・サルタードを作ったり。
home.jpg
BAOのテイクアウトしたり。(英国では"to go"ではなく"take away"という)


IMG_8160.jpg
天気がいい日はもちろん登りに!



fairhead1.jpg
不思議な雲に見とれたり、ボーダーコリーの子犬と遊んだり。


またある日は、ペコマを大学へ送り出したあと街中をお散歩!

fc2blog_201910121359395a1.jpg
おしゃれスーパーを散策。"サワーズ"と"アボカ"。


ペコマが留学しているQueen's University Belfast周辺は大学生の街ってかんじです。
fc2blog_20191012123853344.jpg
近くのスタバには大学生がたむろしている。


中国人も多い。中華料理のお店もたくさんあって、なかでもココは人気店。"HotPot(火鍋)"のお店!

hotpot.jpg
肉、野菜、魚介、キムチなどなどバイキング形式で1人20ポンドは安い!一人用のIH内蔵テーブルで、ミニ火鍋と焼肉を同時に楽しめる。ヘルシーで美味しかった〜。


ちなみにイギリスの物価は日本と比べて高めで、スーパーに売っているものの価格は日本とほぼ同じくらいですが、外食すると約1.5倍くらいの感覚です。



またある日の朝はイギリス式に。
fc2blog_20191012123851441.jpg
" クリームティ"(紅茶とスコーン+ジャム+クロテッドクリームのセット)をしてみたり。


fairhead2.jpg
そしてまた登りに!ここ、Fairheadの岩場はベルファストから車で1時間ちょいのシークリフです。


fc2blog_20191012143442554.jpg
30〜60mほどの玄武岩の柱状節理が数キロに渡って聳え立つ、一大クライミングエリアです。各ルートには懸垂下降で取り付きます。


fc2blog_20191012143440d06.jpg
グレーディングはEグレードで、終了点含めボルトは一切なし。クラックやリスが閉じていようと関係ありません。でもほとんどの人が、ヤバいルートはTRで登るか、TRリハーサルをしてからトライするようです。



3度目になるベルファスト訪問もこれで最後かあ。ということで、記念撮影さんぽ。

IMG_4452.jpg
ボタニクスガーデンで記念撮影!帽子はペルーのお土産。


IMG_8499.jpg
人気のアジア料理店"Jumon"でらーめん。



marathon.jpg
ハーフマラソンにも出てみたり。


fc2blog_20191012135943e38.jpg
ちなみにマラソンの前日は北アイルランド最大のお祭り、"カルチャーナイト"でした。


たまには街歩きデートもね。
date_20191012151033034.jpg
巨大路上チェスを楽しむ人々。


最後の週にはアイルランドの首都、ダブリンへ小旅行!
dublin2.jpg
列車に揺られ2時間。


ダブリンは3月にも一度観光しましたが、今回はその時行けなかったトリニティカレッジに行きました。

trinity.jpg
トリニティカレッジは400年以上の歴史がある、アイルランド最古の国立大学。"世界で最も美しい本"と称される、1000年以上前に描かれたゴスペルの本"ケルズの書"や、映画「スターウォーズ」の"ジェダイ図書館"のモデルにもなり、長さ65m、約20万冊を蔵書する"Long Room"など、見どころ満載です!


で、見学が終わったなら繰り出します。いざ、パブの街ダブリンへ!

ダブリン観光なら必ず行くべし、"The Temple Bar"、からの、ハシゴ、ハシゴ・・・。
temple.jpg
シーフードも美味しいダブリン。ギネスは生牡蠣と楽しむのが通だとか。


dublin1.jpg
アイリッシュパブは昼から翌朝までずーっと営業していて、1日に何度もローカルミュージックをメインとした生演奏が楽しめます。

食後のコーヒー(アイリッシュコーヒーやベイリーズコーヒー)だって、締めのアイス(ベイリーズアイス)だってアルコール入り。
宿で仮眠も挟んで1日がかりの肝稽古でした!


帰国前の数日もベルファストでゆっくり。ペコマは月1のプレゼンも終えて完全自主休暇モード。

fc2blog_20191012144216fdf.jpg
美味しい日本食屋見つけた!"Kamakura"さん。


岬まで電車で行って、家まで16kmほどの海沿いラン。
run.jpg
ハーフマラソンの疲れが残っていてけっこう辛かった(笑)


fc2blog_201910121530057ef.jpg
美味しいものを食べて、飲んで、笑って、走って登って、英語もやって。

旅人ながら、少しだけベルファストの住人気分も味わった3週間。


fc2blog_2019101215300902a.jpg
帰国のフライト直前、空港のカフェにてラストランチ。


fc2blog_2019101214444939a.jpg
遠い海の向こうにまたひとつ、心のホームタウンが増えました。
その土地の文化に触れ、人に触れ、それまで縁もゆかりも無かった土地が、身近な場所になる。
旅はやっぱりいいものです。

"Viajera"ちっぺの旅はまだまだ続きます。

プロフィール

chippe

Author:chippe


肉好きchippeのブログへようこそ!
2006年10月 山歩きを始める。
2007年9月 クライミングを始める。
山岳同人「青鬼」所属。
「メラメラガールズ」所属。
国際認定山岳医。
「カリマーインターナショナル」アンバサダークライマー。
現在は無職、旅人。
旦那さんはpecoma。

月別アーカイブ

ブログ内検索

カウンター