FC2ブログ

2024/02/25〜26 戸隠西岳 P5稜

友人2人と雪稜を求めて戸隠に行って来ました!


私ふくめ3人とも、戸隠は今回がはじめてでした。また、一緒に登った友人HさんもSさんも、フリーや米子ではご一緒したことがありますが、一緒に山に入るのは今回がはじめてだったので、どきどきワクワクしながら準備をしていきました。


1_GPTempDownload 2


HさんとSさんはふたりとも山に行きまくっている強強女子クライマー!
専業ママになりつつあるへっぽこな私ですが、二日間ご一緒できたことで色々と刺激をもらえ、またモチベーション鰻登りました。


当初は、三日間でP5からP1まで縦走しP1稜を下山する予定で計画していました。というわけで、P1稜の取り付きに1台車をデポして出発しました。でも直前で天気予報を確認したところ、二日目の夜に南岸が通過して以降冬型が強まり、三日目は暴風雪になりそうだったので、二日で下山するP5稜往復の計画に変更しました。


今年は雪がめっちゃ少ない!と各地から悲鳴があがっていますが、戸隠も非常に少なかったようです。
過去の他のひとの記録と比べることしかできませんが、かなり岩や藪が露出していました。


2_OI000168_Original.jpg


また、数日前に気温が急上昇したときにできたものなのか、地面の露出したグライドクラックが随所にみられ、まるで春山のようでした。
というわけで、残念ながら「きのこ雪と格闘!」みたいな雪稜登攀の要素はなく、持参したわかんも出番なし。雪壁も2月の厳冬期のはずなのに春の雪渓といったかんじで、むしろ露出した岩に苦しめられました。ほぼずっとアイゼン登攀でした。


1_OI000002_Original.jpg


初日は7時半に品沢高原を出発。林道の除雪終点にある大きな路肩に車をとめ、歩きはじめます。林道歩きはたった1kmほどです。それなのに歩きすぎて大沢出合を大幅に通り過ぎてしまい、ひたすら戻るというハプニングもあり(笑)、大沢の堰堤付近から取りついたのは10時くらいでした。

0_OI000004_Original.jpg


堰堤からしばらく沢身を詰めていく人も多いようですが、沢床は水流や藪が露出しまくっていて歩けそうな状況に見えないので、大沢の右岸側斜面を藪に追いやられるようにして上がっていきました。


9_C11DB66B-AC14-402B-8736-7168394353AE_Original.jpg


丸山とのコルを左手に見つつ、標高1400m付近から尾根にのりはじめます。地形図に出ている岩地帯を右へ巻こうとしますが、地面の露出したいやらしそうな斜面に行手を阻まれ、さらに上へ。結局、岩地帯をちゃんと巻ききれずに崖っぽい悪いところにぶちあたってしまい、適当に登れそうな藪壁を登りました。


8_OI000010_Original.jpg


雪壁にアックスを叩き込んでも、足を蹴り込んでも、気持ちの良い「草つきどん!」はほぼなし。雪が薄く乗っているだけですぐ下に岩が出てきて「かつん!」と弾かれてしまいます。全体を通して気の抜けない斜面が多かったです。戸隠は岩壁の要塞なんだなぁ、と改めて実感しました。


7_GPTempDownload 2
この岩壁を右にかわした先で、また傾斜が出て来ました。


6_OI000018_Original.jpg


5_GPTempDownload 3


4_OI000029_Original.jpg


テン場まであと少し、標高1700m付近で岩壁が露出。ここから3ピッチ分ロープを出して、やっと16時ころ、1720m付近の幕営適地に辿り着きました。


3_GPTempDownload_20240228152746d72.jpg


2_OI000030_Original.jpg


稜線上の雪は硬く、シャベルも1本だったため、2-3人用マキシムナノを張れるだけのスペースを確保するのに結構苦労しました。


1_OI000138_Original.jpg


ここで二手に分かれ、私とSさんはPVII(はじめに出てくる核心となる岩壁)の偵察へ、Hさんが1人残ってテント設営をしました。


0_OI000140_Original.jpg


9_OI000143_Original.jpg
右のルンゼ取り付き手前


6_OI000148_Original.jpg
左の岩壁基部トラバース


しかし、せっかく偵察に行ったものの、取り付きの確認は不十分なまま、疑問要素を残しながら、薄暗くなる中を撤退してきました。進路は二択で、岩壁を左へトラバースしてルンゼをあがるというラインと、そのラインのほぼ裏側となる岩壁の右側のルンゼを登るライン。どちらも行けそうに見えて悪そうで、決めきれず。ルーファイ力不足を痛感しました。


それと今回猛省点がひとつ・・・。当初全装備背負って縦走予定だったため、軽量化のためと私の判断で寒冷地用ガスを190g2つから1つに減らしました。経験上、節約すればニ晩くらいはもつだろうと・・。そうしたら、なんと一晩と翌朝1回の湯沸かしで空になってしまいました・・!OMG!
1泊で降りたので結果オーライではありましたが、もし予定通り2泊する行程だったら完全アウトでした。節約めに(?)使ったのにほぼ1晩でなくなったのは、ちょっと想定外でした・・(汗)。見積もりが甘すぎましたね。


7_GPTempDownload_20240228152805fdf.jpgHさんが歩荷してくれたウイスキーの雪割、サイコーに美味しかった!


8_OI000152_Original.jpg


初日の夜は結構な風が吹いていて目が覚めました。雪もそれなりに降ったようでしたが、二日目の朝は一転、かすみのなかに陽光がさすほど一時穏やかな天気になりました。


4_GPTempDownload_202402281528006ab.jpg


しかし、これから南岸が通過したら冬型になって天気は悪化していく一方のはず。朝4時に起きて6時半出発。下山リミットを12時に設定し、ザックを1つにまとめて登り始めました。


3_OI000166_Original.jpg


0_OI000170_Original.jpg右前方にルンゼが見えている。が、今回は左へ。


9_OI000176_Original.jpg


PVIIは、ひとまず岩壁の左のラインをもう一度探ることにして、昨日テン場に残ったHさんにリードしてもらいました。ビレイ中に陽光は消え、気温も下がり、雪がしんしんと降り始めます。昨夕は私が岩壁の直下の細いバンドをトラバースしようとして行き詰まったのですが、Hさんはその一段下の草つきバンドを上手にルーファイして切り抜け、目指すルンゼを登れました。


8_GPTempDownload_20240228152830bff.jpg

このルンゼは今回の山行でナンバーワンの気持ちの良い「草つきどん!」を満喫できました。


7_OI000178_Original.jpg


続く稜線上へ戻るための雪壁トラバース。ここはじゃんけんに勝ったSさんがリードしました。


6_GPTempDownload_20240228152846603.jpg


谷底まで垂直に切れ落ちている岩まじりの雪壁を、20mほどトラバースしていかなければなりません。
ラインどりは、少しクライムダウンしてバンド状になっているところをトラバース、太めの灌木にたどりつければビクトリー藪ロードです。Sさん、慎重にするするとロープを伸ばしていき、稜線上に復帰しました。ナイス!


5_987B44BB-94D1-4A4D-92AB-004CD8B50F8A_Original.jpg


今回、3人でロープ1本で行ったので、真ん中の人はナノトラクションで登りました。


4_OI000200_Original.jpg


少し雪稜を登ったら、VIIIの基部につきます。ここはじゃんけん無し(笑)で、昨日からじゃんけんに負け続けている私がリードさせてもらいました。

はじめ直上気味に太めの灌木を目指そうとして断念、Hさんのアドバイスを受け、一段下のバンドをトラバースすることにしました。P6との間に深く食い込んだ深淵なる谷底を眼下に、なかなかしびれるトラバースでした。上から垂れ下がって来ているワイヤーや細引きが邪魔でした(笑)。戸隠は1日に何度も鐘が鳴るのですが、トラバース中に10時の鐘が鳴り響いてました。


バンドを回り込んだ先は笹藪がすごく、さらにトラバースしていくのは悪そうに見えて直上を試みましたが岩にぶちあたりアウト。ロープを伸ばすのを諦めてここでピッチを切りました。


3_OI000206_Original.jpg


続くピッチはHさんリード。少し右上ぎみに上がっていって岩壁をクリアしました。


2_OI000208_Original.jpg


全然埋まってないネマガリタケの藪をかき分け、3人が稜線上にのった時点で辛くも12時直前。
あと少し、行けるところまで行きたい!という3人の思いは同じで、GO!


1_GPTempDownload_202402281528354fd.jpg


細いリッジを綱渡り!


7_OI000216_Original.jpg



9_GPTempDownload_202402281528574c1.jpg遠く見えるP5


P5手前の小ピークに這い上がると、前方(思ったより遠くw)にP5が見えました。そして、そのまま稜線通しに歩いて行こうとしたらギャップがあって無理。タイムリミットも過ぎているので、ここで終了とすることにしました。


0_GPTempDownload_2024022815283371c.jpg12時25分、小ピーク頂上で記念撮影!


さあ、帰りましょう。雪がどんどん強くなって来ていて、天候が悪化傾向なのが感じられます。


8_OI000215_Original.jpg


6_OI000218_Original.jpgPVIIとPVIIIのコルからは登らなかった"右のルンゼ"を懸垂下降



5_GPTempDownload_20240228152852336.jpgこっち登るのも面白そう


4_OI000220_Original.jpg


テントを撤収して14時半、下山開始!


3_OI000223_Original.jpg


2_OI000224_Original.jpg


下山は標高1500mまでは登って来たのとほぼ同じところを降りていき、そこから先は、行きに巻ききれなかった岩壁帯をしっかりまくため、東方向へ伸びている枝尾根にのって、大沢のほうへ降りることにしました。
沢床まで歩いて降りられそうでしたが、流れが露出していて歩けそうになかったので、斜面をトラバースしていきました。

標高1400m付近でまた幾度か崖地形にぶちあたりながら、クライムダウンしまくってどうにかロープを出さずに大沢まで下降。


1_OI000226_Original.jpg


降り続く雪で沢床は腿まで埋まるほどの積雪になっていましたが、足早におります。


もうそろそろ林道、というところで、ギャップが大き過ぎて歩けなくなり、丸山の斜面へ追いやられ、地形図にあらわれない沢地形などに苦労しながら、17時半ころ、林道に降りられました。


林道は、入山時とは別世界の雪景色でした。林道歩きが少ないのが素晴らしい。車には18時10分頃到着。
車の雪かきをして帰路につきました。


0_AF854743-BD9A-43BE-92CA-6F7CE9E717DD_Original.jpg


今シーズンはほぼ初となった、まともな冬山行でした。ルートファインディングや、「勘」のようなものが鈍っていることをかなり感じました。強強のお二人に色々と助けてもらい、モチベーションをもらい、勉強になることも多くて、私としては「行ってよかった!」と思える山行でした。


我々の入山直前の3連休は、P1で事故が相次いだようでした。無事帰って来られたことに感謝しつつ、明日は我が身と身の引き締まる思いです。あまり山に行けていない今だからこそ、じっくりと自分の山行を振り返り、他の人の山行記録も参考にしながら、なるべく多くの学びを得て次に進みたいと思います。


5_GPTempDownload 2Hさん、Sさん、楽しい二日間をありがと〜!!


戸隠、あらためて、気を抜ける場所が少ない、岩に囲まれた要塞のような山でした。今回行けなかったP1、本院ダイレクト、西岳の他の尾根も、また来季登りに行きたいです。次回はきのこと格闘したい!テンション鰻!

全国通訳案内士試験の結果発表!

本日、2023年度全国通訳案内士試験の合格発表がありました。
私はマイページに結果がのってメールでその通知が来るのを待っていたのですが、どうやら官報の号外で朝8時半に合格者の発表があったらしい。ペコマよく知ってるなあ。。(私が無知なだけです)


合格発表合格者全216名の発表!


そして・・・・

なんと・・・・



夫婦揃って合格していました‼️‼️‼️‼️‼️‼️



やったー!!!!やったぞーーーーーー!!!!
こんなに嬉しいことがあろうか〜!!!!テンション鰻!!!!!!



正直、自分の面接内容を思い返せば思い返すほどに「もっとこうすればよかった」ポイントが多すぎて萎えていたので、昨日まで「受かってたらラッキー」くらいのテンションでした。
観光地の知識とか浅かったのは見え見えだったと思いますが、その分、評価項目のひとつである「ホスピタリティ」を買ってもらえたのかなと思い、もしそうならとっても嬉しいです。


私はもともと女性のわりに愛嬌がない方ではありますが、医師という仕事柄、10年以上プロとしてサービス業に携わってきました。患者さんの気持ちや要望に沿うように話して納得してもらう、安心してもらう、信頼関係を築く、といったコミュニケーションスキルについては、自分なりに日々鍛錬してきました。今回、もし面接でガイドの資質としての「ホスピタリティ」を評価してもらえたのだとしたら、私のこれまでの10年以上の診療経験や、私の人生そのものを肯定してもらえたような気がして、そう思うと何だか自信がみなぎってくるようです。


さて、山梨県に全国通訳案内士登録をして、やっとスタートラインですね。どんどん前へ進みたいと思います。


目下、登山ガイドの検定と講習が3つ。
そして近い(?)将来にはまだまだやりたいことがたくさんあるので、次なる挑戦へ向けて走り続けます。


でもとりあえず今夜は立ち止まって、ペコマと一緒に歓喜の祝杯をあげ、お互いの努力を労いたいと思います。
医師免許につづき、二つ目の国家資格を取得です!
サポートしてくださった皆様、本当にありがとうございました!
近日中にchippecoチャンネルも更新します☆

第16回 Winter Climbers Meetingに参加しました。

4_IMG_8770.jpg


今年開催されたウィンタークライマーズミーティングに、ペコマと2人揃って参加してきました!


ウィンタークライマーズミーティングは、馬目さん主催で2008年にスタートし、今年で16回目となる冬の一大イベントです。英国のクライマーズミーティングに刺激を受け「日本版を開催しよう!」となってはじまったそうです。


冬のクライミング全般をこよなく愛するクライマー達が集います。とくに"冬壁"と呼ばれる、岩と雪、氷の混ざった"ミックス壁"を、初めてお会いする方などと一緒にロープを結んで登ります。2〜3名の登攀パーティは予め運営サイドで決めてくれ、それぞれのパーティにいい感じのルートを振り分けてもらっています。今回は、初日にイベントとして登って夜は懇親会、二日目はイベントの範囲外で、好きな人と自由に好きなところを登りました。

私とペコマはこのウィンタークライマーズミーティングに、2013年2月に初参加しました。その時は北アルプス明神岳で開催され、お座りビバークなんかもあって冬壁の洗礼を受けました。


その後、私のみ2017年にも参加し、今回で3回目の参加です。今シーズンの冬はまだ八ヶ岳アイスくらいしか行けてなくて、冬壁は2年ほどのブランクがあるので緊張してました。でもいざクライミングがはじまるとただただ楽しくて、やっぱりこういう山登りが好きなんだと実感しました。

7_IMG_8732.jpgウメコバ沢アプローチ


初日は、W田さんと、お初のKさんと3人でウメコバ尾根モスラ状岩稜へ。W田さんとロープを結ぶのは、今からちょうど10年前、2013年1月26日の足尾以来。あの頃からほとんど成長していない自分が恥ずかしい限りですが、お二人の胸を借りて登ってきました。

チャンピオン岩稜とりつきまでは同じアプローチで、そこからさらに右上トラバースしていくのですが、このアプローチの最後が数箇所結構悪かったです。帰りはほとんど落ちてるみたいな感じで下りました(笑)。

1_IMG_8792.jpg1P目、W田さんリード


じゃんけんでリード順を決め、1P目をW田さん、2P目を私、3P目をKさんがリード。
このルートはほとんど登られていないらしく、下降も未検証?ジャンピング持参推奨とのことで、情報もほとんどなく冒険チックなクライミングが楽しめました。おまけに3ピッチともオールナチュプロで登れ、内容もとても充実しました。


3_IMG_8788.jpg1P目フォロー。コーナークラックが地味に悪い!


2_IMG_8789.jpg2P目リード。浮石セクション(泣)やワイドセクション、コーナークラックでフッキングやジャミングと盛りだくさんで面白かった!


0_IMG_8796.jpgピナクル状へのトップアウト直前、チャンピオン岩稜にいたKさんが撮ってくれました!いい写真!


5_IMG_8738.jpgトップアウトすると強風に粉雪。冬壁っぽい!


6_IMG_8736.jpgチャンピオン、槍状のパーティが見える。すごいながめ!


3_IMG_8743.jpg3P目は出だしがしっかりフッキングで悪かったです。Kさんナイスリード!


1_IMG_8750.jpg
2_IMG_8747.jpg
下降は稜線上のピナクルにスリングをかけて1回、灌木でもう1回と合計2回で降りられました。ジャンピングは使わずにすみました(笑)。


サポートメンバーの方々は各エリアでエリアマネージャーとして1日中待機してくれ、無線連絡など対応してくれていました。何かあった時のために、最後のパーティが降りてくるまでずっと寒い中待っていてくれました。本当に頭が下がります。

0_IMG_8751.jpg

そして銅親水公園近くの河原にサポートメンバーの方々が巨大テントを設営してくれて、その中でストーブもたいてくれてあったか快適な環境で、鶏鍋、バンバンジー、麻婆豆腐、おでんに宇都宮餃子と豪華でボリューム満点のお夕食!39名の参加者と13名のサポートメンバーの方々と楽しくお酒を飲みながら、最後は5本立てのスライドショーと、とても贅沢な時間でした。


9_IMG_8754.jpg
二日目は、これまたロープを結ぶのは数年ぶり、同人青鬼仲間のテディさんとペコマと三人で幕岩同志会ルートへ行きました。


8_GPTempDownload_20240130060352458.jpgはじめの0.5P(?)、じゃんけんで勝った私からスタート。


7_GPTempDownload_202401300603514d6.jpg2P目はペコマリード。フッキングがよくきくけど足が悪いので慎重に登る。


6_GPTempDownload_20240130060350745.jpg3P目はテディ、4P目は私がリード。途中、先行していたW田さんとSくんパーティが下降してきてご挨拶。


5_IMG_8769.jpg久しぶりのスリーショット!同人青鬼「我々は飢えている!」


頂稜へは抜けませんでしたが、4Pほど(実質3.5Pといった感じ)で緩傾斜になったので下降しました。今回のミーティング前にペツルのボルトで綺麗に整備されたルートで、前日のモスラ状と違って気楽に楽しめました。内容もとても面白かったです。
旧友と楽しくおしゃべりしながら、ドライとたまに凍った草つきも楽しめました。



ウィンタークライマーズミーティングは、もともとは、ベテランのエキスパートクライマーたちを中心として若手有望株が誘われ、冬期登攀を志向する少数派の狭い世界をより多くのクライマーへと広げていくようなイベントだったと思います。2013年当時は有名ベテランクライマーたちに囲まれて、場の空気に呑まれて半分萎縮していました。今回は、20代前半ですでに経験も豊富でハイレベルなアルパインクライマーたちが多数参加していて、若々しいモチベーションの渦が巻き起こっていました。彼らと同じレベルで山にのめり込むことは今は難しいけれど、これからも少しずつでもいいからステップアップしていって、大きい山に登れたらどんなに楽しいだろうと改めて思いました。


最後に、こんな大規模なイベントを13名という少人数で運営して、こんなにも楽しく素晴らしい会としてくださったサポートメンバーの方々へ改めてお礼申し上げます。本当に有難うございました!そしてこんな半ば引退してるみたいな私に声をかけてくださった、世話人のOさんにも改めて感謝感謝です!
それから、開催前後の4日間、子どもをみてくれた両親にも感謝です。


40歳目前となりましたが、今が一番若い!チャレンジを続けて、これから先の10年ももっと楽しくしていきたいです。
毎日がテンション鰻!

プロフィール

chippe

Author:chippe


肉好きchippeのブログへようこそ!
2006年10月 山歩きを始める。
2007年9月 クライミングを始める。
山岳同人「青鬼」所属。
「メラメラガールズ」所属。
国際認定山岳医。
「カリマーインターナショナル」アンバサダークライマー。
現在は無職、旅人。
旦那さんはpecoma。

月別アーカイブ

ブログ内検索

カウンター