FC2ブログ

2018/6/8〜13 アメリカ-カナダ国境超え 〜 Canadian Rocky クライミング

rockytitle.jpg
Canmoreの岩場にて。Fuel (5.12c) とCoolなHa Ling Peak。


<陸路でカナディアンロッキーへ>


Smith Rockに3週間滞在の後は、陸路でカナディアンロッキーへ向かいました。


転戦先としてSquamishも検討していましたが、6月に入ってからの天気予報は絶望的。
ほかにSkahaの岩場(片麻岩のゲレンデ)に寄るという選択肢もありましたが、「ショートルートよりアルパインがしたい!」という私のわがままを聞いてもらい、残り日数も少なくなってきたので直接Canmoreへ向かうことになりました。


私もこれまで二度Squamishに行っていて、一度は日程のほとんどが雨という悲惨さでした。Skahaの天候は比較的安定しているっぽいので転戦(Squamishから車で約5時間半)先として定番みたいです。


map.jpg



さて、走行距離1200kmの長いドライブのはじまりです!


<無理せず1泊、念願の焚き火>

Hwyをひた走って約7時間。得意のFree Wifiで検索したところ、カナダとの国境近くに焚き火のできるサイトを見つけました。
近くのWalmartで薪とソーセージとスモアセット、酒を買い込んで向かいます。


アメリカのキャンプ場はどこも設備が充実していて安い。
長期滞在者にはありがたい限りですね。
ここ、Springy Pointのキャンプサイトは1サイト1泊$20でCampfire OK、トイレとお湯の出る炊事シンクありで、綺麗なシャワー(有料)もありました。


springypoint.jpg


久しぶりの焚き火はやっぱり最高!3時半くらいまで飲んで語って、翌朝はひどい二日酔いから残り6時間のドライブ再開となりました・・

キャンプ場の詳しい情報はコチラ


<ついに国境超え!>
Hwy95の北上を続けると、国境はおもむろに現れました。
四方を海に囲まれた日本に住んでいると陸続きで外国があるというのが新鮮ですが、待望の国境はなんともあっさりしています。


border.jpg



ゲートでパスポートを渡し、お姉さんと数分間の会話を楽しんだらアメリカに入国できました。
それ以外何も起こりません。パスポートにスタンプすら押してくれません。
非常にあっけない国境超えでした。蚊に刺されただけ(いまだにかゆい)。



<Canmoreでの1週間>
アルパインをやりに来たけれど、6月のカナディアンロッキーの天候は不安定。
暖かい日もあれば、気温10度前後で風が強く、体感温度はもっと下がるようなさむ〜い日も少なくありません。
街から車で10分ほどのゲレンデで吹雪いた日もありました。
天気予報と相談し、アルパインを1本と、ショートルートのゲレンデでのクライミングを数日、雨の日は街の観光などもしました。


halingpeak.jpg
Canmoreの街から間近にそびえ立つHa Ling Peak。21P, 5.10dのスポートルートがあるが、北面なので真夏でも涼しいらしい。
今回は天候の関係で断念。


swichinggear.jpg
Switching Gearは中古品も取り扱うギアショップ。この時はMSRの新品スノーシューが30%offになってた。



<トポについて>
ショートルートのトポや、山のトレッキング、アルパインのトポまで、なんと図書館にあり、無料で閲覧できます!


library.jpg
棚に無くリストに載っている本は受付で出してもらえる。


私たちはCanmoreの街にある総合施設Elevation Placeの図書館で必要な情報を調べて行きました。
ネットの情報も利用しました。



<天気予報について>
Spot Wx
北米の山の天気予報はこの無料サイトがオススメ。気温や雲、風速などの詳しい予報を地点ピンポイントで出している見やすいサイトです。



Mt. Yamnuska - Dreambed 8P 5.11b


yam1.jpg


現地ガイドの方々にも相談し、アルパインはこのルートを選びました。
Kananaskisにある標高2000mほどの岩山で、地上から約300mの垂直の石灰岩壁がどーんとそそり立っています。


yam2.jpg
上:1P目、下:2P目。取り付きが分かりにくく、間違えそうになった。


カナディアンロッキー(とくにアルパインルート)の石灰岩の特徴は、「ガビガビ」、「脆い」。
これはDreambedも例外ではなかったですが、tradとboltのMIXで多彩な内容の楽しいルートでした。


yam3.jpg
上:ルート終了点。行動食を狙うリス。下左:6P目。下右:3P目。


60mシングルに、いちおうbail用のロープも持参して登りました。寒さにビビって防寒具も多めだったのでフォローは荷物重かった。
登攀時間5時間、チームOS(私は1、3、5、6、8Pリード)でした。
じゃんけんでつるべで行くパーティは気をつけてください。奇数Pと偶数Pで余りに内容に差があるので・・(笑)。


yam4.jpg
ルート終了点から東のピークへ。2人(?)で記念撮影!



<石灰岩のゲレンデ、Grassi Lake


grassi1.jpg
岩場に大量の石を落としてくるヤギがいるのでメット推奨


Canmore市街から車で約15分という素晴らしい立地に、初心者向け垂壁〜かぶった5.12後半まで90ものルートを擁する石灰岩の一大ゲレンデがあります。ローカルクライマーは仕事終わりにジム感覚で通っちゃうという、なんとも贅沢な環境。
広さは目測、二子山弓状の倍近くはありそうです。
今回の滞在ではここで触り始めたルートをやりに三度訪れました。



grassi2.jpg
でかい!広い!のに近い!



<グルメレポ>
2017年のお正月にアイスクライミングで訪れた際も美味しいお店の紹介をしましたが、今回新しく行ったお店を追加でご紹介します★


1.Bella Crusta
bellacrusta.jpg
おいしいフォカッチャのお店。好きな具材を5つ選べてCA$6〜10くらい。


2.Crazyweed
crazyweed.jpg
ちょっといい感じのカジュアルレストラン。地元の人もよく訪れる人気店だそう。前菜もお肉もお酒もピザも全てが美味しかった!イチオシ!


3.Spice Hut
2年前のお正月にも訪れているカレー屋さんを再訪。安くて美味しいです。
spicehut.jpg


4.Gaucho
こちらも2年前に二度訪問しており、今回三度目(笑)。サラダ、シチューなど種類豊富なバイキングがついたシュラスコのお店。安定の美味さでした!
gaucho.jpg



5.RAMEN ARASHI(Banff)
ramenarashi.jpg
パートナーの知り合いの日本人の方々に連れて行ってもらったバンフのらーめん屋さん。大人気店ですごい混みようだった。美味しい坦々麺でした★


<Wifi SPOT>
バム生活なのでやはりWifiは大事です。
1.Elevation Place
クライミングジム、プール、シャワー、カフェ、図書館と快適な電源スペースを有する総合施設。
ここで朝ごはんを食べたりトポ閲覧したりWifiしたりしてました。
2.Visitor Information Center
案内所の建物は22時には閉まってしまいますが、外にピクニックテーブルと水場があるので炊事は可能です。
日中は屋外でもWifiサクサクですが、22時を過ぎると利用できなくなるみたいでした。


<宿泊>
Wapiti Campground


wapiti.jpg
焚き火!


Canmoreの街ではキャンプするならここ1択です。
でも1サイト1泊CA$27もする上、サイトもあまり居心地はよくなくて、炊事は上記のVisitor Centerでやったりしてました。
シャワーも微妙だったので利用しませんでした。
アメリカのキャンプ場と比べるとクオリティは、、、、という感じです。でも焚き火はできました。
Banffのほうには安いキャンプ場も沢山あるみたいです。



<今回の旅のパートナー>
eiji.jpg
青鬼「まっちゃん」ことSt.Eiji。空港まで送ってもらいました。


今回、1ヶ月生活を共にしたSt.Eijiくんは現在Canmoreでワーホリ中。とくにCanmoreへ移動してからは、彼にとっては完全に日常に戻ってしまったわけですが、アラスカに行けなくなったにも関わらずとってもよくしてくれお世話になりました。
おかげで楽しい1ヶ月でした。いいカメラで素敵な写真もいっぱい撮ってくれました。



さて。不思議な不思議な2ヶ月の旅はこれにていったん終了。



今後も楽しみな計画が次々と決まりつつある今日この頃ですが、引き続き放浪生活を満喫します!

憧れのリゾートクライミングに挑戦。

この秋冬は乾いた岩のクライミングに勤しんでます。
そして冬休みはついに彼の地"プラナン"へ登りに行きました!

IMG_2284.jpg
Ao Nam MaoからLong Tail BoatでRailayへ!



これまで、

"プラナン=リゾートクライミング=易きに流れるな!"

みたいな妙なこだわりのようなものがあり、行ってみたいなあと思いつつも選択肢にあがることはありませんでした。
でも今回、知り合いが複数人で行くと聞き、joinさせてもらうことに。
それで色々誤解(?)が解消されましたが、そもそも"タイのリゾートクライミングプラナン"ではないし、"リゾートクライミング=ゆるいエンクラ"でもありませんでした。


IMG_2304.jpg
Thaiwand Wall !

IMG_2348.jpg
Pra-nang beachからTonsaiまでのボート移動。なかなかに腿あたりまで濡れるかんじね(笑)。



まず、Pra-Nang Beachというのはタイ、Krabiにある広大なクライミングエリアの中のほんの一部の名称でした。
Pra-NangやRailayといった比較的観光客が多いエリアに加え、よりかぶってて難しいルートが揃っているTonsaiの岩場とその他周辺の岩場も含めるとエリアはかなり広く、マルチピッチもあるし、最高で8cまでのハードルートが揃っている石灰岩の一大エリアでした。


IMG_6241.jpg
Tonsaibayの岩場。毎日大盛況!



また、気温20度程度と暑熱環境ではあるものの、陽があたる時間帯を避けて岩場を変えればほぼ1日中登れ、スコールが降ってもかぶってるから濡れないし、気候的な厳しさとかアプローチとかがほぼゼロな分、100%クライミングのみに集中できます。もちろんダラダラ酒を飲んで過ごすこともできるし、夜明けと同時にクライミングスタートして夕方までがっつり登り続けることもできます。


IMG_6429.jpg
こういうかんじ。Humanalityという三ツ星マルチもここにある。



IMG_6129.jpg
夜はBarのライトに照らし出され岩場も幻想的に。



部屋やレストランから岩場までがほんの数分という素晴らしい環境のもと、朝は夜明け前に起きて準備をし、明るくなると同時にクライミング開始、ホテル代に込みの朝食ビュッフェが9時半までなのでLOギリギリまで登ってからオープンテラスで朝食。食べた後もまた登り、昼過ぎ、かなり暑くなってきたらランチ休憩を挟んで、14時過ぎくらいから暗くなるまでまた登る・・という幸せな毎日。
レスト日は早朝のみ登って、あとは宿のテラスでまったり過ごしたりもしました。贅沢な時間です。

IMG_6539.jpg
メニューも毎朝ちょっとずつ替わる。ちゃんと美味しくてヘルシーなメニューばかり。美味しくてつい食べ過ぎちゃう。



寒い日本から一転しての暑熱環境ということもあり、はじめ数日は暑さでぼーっとすることもありました。Deep Water Soloのためにパタゴニアの水着を買って行き、結局DWSはやりませんでしたが、普通のクライミングが十分暑すぎるのでビキニは大活躍でした。4日目くらいからはだいぶ暑さに慣れてきたものの、今度は徐々に疲労が蓄積され身体が重くなるという・・。
それでもすぐ目の前によだれの出るような質の高いルートがわんさかあるので、自分を強く律しないとつい登ってしまいます(笑)。
そんな贅沢な環境です。

IMG_6607.png
Rieser Baby 二つ星!



IMG_6398.jpg
みんなガツガツ食べてがつがつ飲むから気持ちがいい!



IMG_2379.jpg
面白いことにみんな(未来の)同業者(笑)。そしてがっつりクライマー(笑)!




そして毎晩美味しいものを食べて美味しいビールを飲む。リゾート最高!
タイ料理はどれもかなり美味しかったしめちゃ安でした。(コスパはアメリカの3倍くらい?)
すでにマッサマンカレーとかパッタイが恋しいです。

IMG_6400.jpg
ヤモリは本物!(笑)



石灰岩は「ザ・スポート」って感じでこれまであまり馴染みがありませんでしたが、このツアーでだいぶ好きになりました。ホールディングやムーヴはジムからはじめてクライミングをしている人にしたら対応しやすいと思うし、逆に外岩メインだと「こんなジムっぽいことを外でやれるのか!」という驚きの連続です。さらに、石灰岩が作り出す独特の形状によってクライミング自体は超立体的でエキサイティング。だからマルチも面白い。あの天地が分からなくなるような長いどハングも、石灰岩ならではですね。
やはり海外の岩壁は本当に巨大です。タイも然りでした。大きいは正義だなぁ。

IMG_6138.jpg
Dum's Kitchen. Very Huuuuuge Rock! And so beautiful!



IMG_6479.jpg
Thaiwang Wallの三つ星マルチ"Load of the Thais".青い海に張り出したハングを登る爽快なマルチピッチ



今ツアーの目標ルートは、Tonsaibayの看板ルート"Tidal Wave"に定めていました。
同行(もといガイド)してくれた超リピーターのTくんにも"Must Try !"とオススメされていたし、グレードは7b+とか7b+/7cとか5.12cとか言われているそうですが、はじめてのタイで5日という日数を考えれば実力的に妥当かなと考えていました。
実際行ってトライしてみると、とても見栄えのする、内容も面白いどっかぶりルートで、確かにこれはMustだなと実感。
完登には2日4便。その後さらに高グレードを狙いたい気持ちも出てきてしまいましたが、残日数やら何やら考慮すると非常に微妙で、その後は7b周辺でお茶を濁す感じになりました。
でも予定していたマルチは2本とも行けたし、どちらもとても楽しかった。ここでしかできないクライミングが出来たと思います。
ほかにも、なかなかに登りごたえのある7bをOSに近い形でFLできたのも印象的でした。
とにかくまたいつ来られるか分からないタイのクライミングは、この7日で結構満喫出来たと思います。

IMG_6467.jpg
サイコー!!



それもこれも、超リピーターのTくんが一番効率的なプランニングをしてくれたおかげ!
自分たちでも気をつけてはいましたが、ディナーのチョイスなんかもほとんどお任せで、私はお腹を壊すことも体調を崩すことも全くなくとにかく楽しいだけの毎日を過ごすことができました。
出会いもたくさんあり、収穫いっぱいのツアーでした。


いいスタートを切った2018年も、クライミングにクライミングに、楽しく元気な1年にしたいです。
今年もどうぞ宜しくお願いします!



★成果まとめ★


Pahn Taalod 6a: MOS
Money Maker 6a+: OS
Rod Yaak 6b: FL
Bad Boy 6b: MOS
I No Speak England 6b: _MOS
Muai Thai 6b+: MOS
Viking In Heat 6c: FL
The Lion King 6c+: OS
Wake and Bake 7a+: MOS
Tough Trip Through Paradise 7a+: 4try ×
Don't Buy Toys 7a+: FL
Riser Baby 7a+: 3RP
Tonsai Playboy 7a+: 2try ×
Up To You 7b:FL
Cafe Andaman 7b: 2RP
Knights In White Satin 7b+: 1try ×
Tidal Wave 7b+: 4RP
Orange Juice 7b+: TR 1try ×
Baby Gorilla 7c: 1try ×


Massage Secrets 5, 6a+, 6a+: 3P(50m)つなげてOS
Humanality 6a+, 6b, 6b+, 6b, 6a: OS
Lord Of The Thais 6a+, 6c+, 7a+, 7b, 6a: 4p目×(それ以外OS)

プロフィール

chippe

Author:chippe


肉好きchippeのブログへようこそ!
2006年10月 山歩きを始める。
2007年9月 クライミングを始める。
山岳同人「青鬼」所属。
「メラメラガールズ」所属。
国際認定山岳医。
「カリマーインターナショナル」アンバサダークライマー。
現在は無職、旅人。
旦那さんはpecoma。

月別アーカイブ

ブログ内検索

カウンター