FC2ブログ

2019年1月3日 大雪山・旭岳 登頂 & BC スキー

黒岳登山の翌1/3は1/2よりも冬型が緩み天気が良くなる予報でした。
この日を逃すといい条件の日はもうなさそうなので決行です。

GPTempDownload 152
昨日の夜はしっかり降った様子。ゴンドラは満員御礼でした。

旭岳ロープウェー始発でゲレンデトップへ。そこには広大な雪原が広がっており、ガスが濃くて視界はよくありません。
この日は山頂方向へ上がるのは私たちが最初でした。適当に東へ向かって歩きます。


GPTempDownload 18
旭川秀岳荘で明るめレンズのゴーグルを購入。これまで全然雪面が見えていなかった曇りの日も滑りやすい。基本的に天気の悪い旭川では大活躍でした。


広大な雪原だけど起伏があって、姿見の池から尾根へと上がるポイントは部分的に傾斜の強い雪壁だったりする。まずは旭岳石室を目指して登りやすそうなところを進みます。

GPTempDownload 22
火山ガスがごうごうと噴出する横を通過する


尾根にあがると流石の強風でした。シール歩行を続けられなくもない傾斜ですが、ウインドクラストと体を持っていかれる強風に安全策をとり、標高2000mを超えたあたりでちょうどあった大岩の陰にスキーをデポ。アイゼン装着。「荷物もなんもいらないよね」ってことで空身で山頂へ。このとき、登山者が後ろから追いついてきました。彼らも強風から身を守るように前傾姿勢で進んでいきます。


GPTempDownload 25
あれ、抜けてる?


IMG_0384 2
雲海も北海道クオリティ


歩き始めてから約2時間で山頂直下に到達。
なんとそこは雲を抜け、ぼんやり輝く太陽と真っ青な空、そしてどこまでも続く雲海の幻想的な世界でした!

名称未設定9
す、すごい!



雲海で地球が丸く感じたのははじめてです。絶景をひとしきり堪能して、さっきの登山者に写真を撮ってもらったら下山です。
デポ地へ戻ってスキーを装着しました。

IMG_0377.jpg
でっかいどー!


まずは尾根の南側斜面を落とす。稜線上は岩が出ていて滑れないし、南へ行きすぎてもだめなので、滑りやすそうなところを選びながらコンパスをたよりに西へと進みます。


でも、あたりはすぐに濃い霧に覆われ、天地すら分からないホワイトアウトに。雪面も基本的に何もないので方向感覚が狂います。少し先のちょっと出てる岩とか、目標物を見定めてとにかく西のほうへ落とす。雪も硬く、ここは楽しく滑るというよりこなす、といった感じで切り抜けました。


どうにか姿見の池あたりまで落としてきたけれど、未だ石室も見えないし相変わらず上下左右も分からない。ここでGPSを確認しました。すると、ここからスキーヤーズライトへかなりトラバースしなければならないことが分かります。目隠し状態で闇雲に進んでいたら、気づくと雪庇のキワに乗っかっていてビビりました。一瞬霧が晴れた時、真下が絶壁でした。いやーアブなかった。


なにやら人工物が見えたのでそっちへ移動。でもラッセルは腰以上で雪も重く、スキーはいてるのにハマりまくりです。なんじゃこりゃ。
やっと夏道に合流すると他のスキーヤーのトレースがありました。ここまでくるとガスもだいぶ抜けてきました。

崖に入り込まないよう気をつけながら、トレースを辿ってずーーっと南にトラバースします。
そうして第二天女ヶ原の美味しそうな斜面に到着。多くの人はもっと手前で大きなバーンを落としていたようです。そこかしこから「ひゃっほー」という声が聞こえていました。私たちはラッセルにあえぎながらなんとかたどり着いた細い沢地形を落とすことにします。

IMG_7420 2


傾斜は40度ほど。こんなに重い深雪で大丈夫か!?という不安は、思い切って板を真下に落とすとすぐに消え、次の瞬間には「ひょー!!」と叫んでいました。





これがオーバーヘッドの深雪かー。傾斜のないところのラッセルは大変だったのに、この傾斜になると綿のような雪に包み込まれ、体が自然と浮いてきます。

沢を落としきると、旭岳常連さんたちがひゃっほーしている大きなバーンが見えました。ほかにも楽しそうなところ満載。
もう登頂は果たしたし、山頂付近のバーンは硬くてあまり面白くないから、次からは途中までハイクアップして1日何本も落としたいな。


谷底まで滑降を楽しんだ後はゲレンデへ戻るべく右へ右へとトラバース。傾斜がないし、というかほとんど登りなのでシールつけてる人も多かった。ハの字登りやカニ登りを駆使してなんとかそのままゲレンデへ滑り込み、一気に駐車場まで。車についたときには15時半を少しすぎるくらいになっていました。


結構疲れたね、と、夕飯は人気回転寿司トリトン。早めの時間だったので45分待ちで入れました。

EEB62A52-9741-4B6A-A638-AEF61728355D 2
回転寿司とは思えないクオリティと人気のお店。帰るころには2時間待ちになってた(笑)


67B4191B-D36D-4908-99F5-0C88A0128688.jpg
美味しかったー!


GPTempDownload 26
深雪スキー、これは病みつきになりますね〜。北海道クオリティ万歳!!

2019年1月2日 大雪山・黒岳 登頂 & BC スキー

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_14aad.jpg
旭川グルメ散策

今回の北海道旅行十日間はやりたいこと全部やろう!プラン。
スキーウエア、スキーとスキーブーツ、ヤッケ、シングルブーツ、アイスアックスにスノーシュー1人分、アイススクリュー10本と岩用ギア、ダブルロープ。そして寿司屋へいくための小綺麗な服装・・・などなど、全部詰め込んで持参です。


AirDoの無料預かりはひとり20kgまでと到底ムリなので、超過料金を支払って乗りました。それでも郵送より全然安かった。
唯一、スキーヘルメットだけがかさばって持っていけなかったのでクライミング用ヘルメットで代用しました。

足りないギアは青鬼旭川支部長のげんきたんから借りました。さんくすべりまっちょ!

IMG_7786.png
同人青鬼旭川支部はすでに本部より大所帯


天気予報は強い冬型と寒気の流入で十日間を通してあんまりよくない。
天気によって臨機応変にそのときやれることをやろうスタイル。
優先順位としては、旭岳と黒岳登頂&滑降、カミホロ正面壁登攀、層雲峡アイス、その他もろもろ、の順。
一番天気のいい日に旭岳と黒岳を狙うことにしました。

IMG_0873.jpg
肉の星のアイス王子、Charさんと層雲峡


IMG_7153.jpg
カムイ岩ミックス


結果として、1/2に黒岳、1/3に旭岳登頂できました。12/31にカミホロへ行きましたが天候不良で化物岩に転戦、その後好天には恵まれず、カミホロリベンジは叶いませんでした。他、12/28には層雲峡雲井の滝(最終ピッチが氷なく敗退)、12/29はカムイ岩でミックス、それ以外の日はゲレンデスキーをEnjoyしました。


IMG_7296.jpg
旭川OMO7のお正月サービス、朝9時まで蛇口からお屠蘇が出る!でもこれから運転だから記念撮影だけね


徐々に年明けの天気予報が好転してる♪と期待高まるなか、黒岳トライは前日1/1の昼頃に決定しました。
結局1日ガスガスで展望はナシでしたが、風があまり強くなかったので登頂できました。
途中からスキーを担いで、ちょっとクラストしてましたがアイゼンは装着せず。山頂から北東のバーンを落としました。


GPTempDownload 4
ゲレンデトップからハイクアーップ!誰もいない大きなバーンに早くも期待高まる


思い切ってスキー道具一式を揃えたのが仙台に居た2013年。それからバックカントリーにはちょいちょい行っていたものの年1か2で、どれも春山で簡単な山ばかりでした。ペコマはまあまあポテンシャルがあって普通くらいには滑れていたけど、私はまるっきしダメで、運動神経がないからいつまでたっても上達せず。さらにクライミングはじめたての時と同じで、恐怖心が邪魔して"解放"できないから成功体験も積めません。本気でうまくなりたい、と思うようになり、金で解決しようと決意しました。所沢にいた2015年くらいからプライベートレッスンを受け始め、2シーズンくらい同じ人に習いました。


IMG_7317.png
山頂の寒さでGoproが言うこと聞いてくれなかったから登頂写真撮れなかった。ちなみにちっぺこは黒岳の標高と同じ、1984年うまれ



そうして頭で理解してやっと滑り方がわかり、非圧雪バーンで基本的な滑りができるようになり、考えて滑っているので恐怖心もコントロールできるようになりました。さらに非圧雪バーンもある程度こなせるようになってきて、先シーズンは春山に6回、ちょっと背伸びもしつつ滑りに行きました。


GPTempDownload 10
何にもみえません


その間、1回コブレッスンを受講したり、パウダーガイドツアーで教えてもらったりして、徐々に不整地もこなせるように。
そうしてこの山行ではじめて、厳冬期の山に入ることができました。
ただ入っただけでなく、ちゃんと滑降を楽しめたので達成感があった。山だと地形や思いもしない雪質にやられることがあって恐怖心が先に立ち、あまり攻められないことが多かったのですが、今回は心を解放して滑ることができました。膝くらいだったけど、憧れだった「ぱうぱうひゃっほー」に一歩近づけた気がしました。やっと「スキーはじめてよかった!」と心から思える山行が出来ました。


昨年買ったGoproも、今回はじめてヘルメットマウントで使用。なんだかもっと仲良くなる必要があるなと思いましたが、コレもはまると面白そうだなって感じました。



滑降開始後「Gopro電源オン!」って叫び続けていたんだけど、帰ってきたら撮れていたのは終了間際の動画だけでした(泣)

山って、本当に数え切れないほどの楽しみ方を提供してくれる懐深いフィールドです!


IMG_7319.jpg

下山後の1杯@あさひかわラーメン村「山頭火」

2018/4/1 谷川岳〜オジカ沢ノ頭〜赤谷川源流域〜万太郎山 バックカントリースキー

谷川岳二日目は、群馬から新潟への県境越え全長20km近いロングルートを満喫してきました!


P4010556.jpg
見たこともない巨大な沢!

20180401万太郎
肩ノ小屋からの全行程。




前日の偵察で、下山地点である毛渡橋の脇、平標の登山口に車をデポすることに。
IMG_0595.jpg
サンダルで駅まで1kmくらい歩きます。


IMG_0596.jpg
素敵にローカルな無人駅、土樽。切符の発券はありません。



IMG_0600.jpg
始発は6時28分。6時37分に土合に着くので、ロープウェーの始発にちょい間に合わない位です。でも電車は三時間に一本しか来ず、終電は18時。帰りの時間を気にして降りるよりは断然いいプランだと思いました。ちなみに運賃は車内で車掌さんに払いました。



IMG_0609.jpg
7時20分くらいのロープウェーに乗って9時半頃肩ノ小屋到着。


P4010501.jpg
ここから雪をつないでコルまで滑れるかと思いましたが、笹が出ていてダメ。途中から歩きました。


P4010512.jpg
オジカ沢ノ頭までは夏道沿いに気持ちのいい稜線あるき。岩岩している。
ソロのスキーヤーが1人、同ルートで、避難小屋まで一緒でした。


P4010520.jpg




P4010526.jpg
オジカ沢ノ頭10時半。あつい!


P4010529.jpg
避難小屋まで下りて滑降準備。ペコマは持参した1Lの水を飲み干してしきりに「腹筋がつる」と言っている。
いよいよ本命の大バーンへドロップです!


P4010550.jpg
滑り込んでみてビックリ!なんだこの巨大な谷は〜!!



P4010553.jpg
深くて巨大な谷の全貌はここへきたものにしか見ることができない。閉鎖的なのに超開放的な大斜面を思いっきりとばす!


IMG_0629.jpg
贅沢な時間。この大バーンにスキーヤー3人だけ!



IMG_0632.jpg
谷底をすーいすい。両岸に巨大な雪壁がそそり立っている様は壮観!



IMG_0642.jpg
11時すぎ。沢の源頭部で大きなスノーブリッジあり。更に万太郎山の裾野までつめて正面の尾根を登るつもりでしたが、計画変更してツボ足で県境の稜線へあがることに。


IMG_0645.jpg
雪は締まっていてツボでもさほど問題なかった。底なし体力のブルドーザーペコマがラッセル。



IMG_0644.jpg
ソロスキーヤーはスノーブリッジを避けて西よりにライン取りしたあと、シールで万太郎山頂へ突き上げる広い沢地形を登って行く。
結構な急斜面です。


P4010573.jpg
だいぶ高度が上がってきました。滑ってきた大渓谷を振り返る。



P4010579.jpg
尾根の向こうに越後湯沢の街が見えてきました。


P4010586.jpg
稜線伝いでもそれほど遠回りではない気がしましたが、大障子ノ頭まで1時間半近くかかりました。ここからいったんコルへ降りて、さらに250mの登り返しで万太郎山頂です。


P4010600.jpg
山頂到着は13時半。ソロのスキーヤーから30分くらい遅れての到着。360度の大パノラマを満喫しながら休憩し、この日はじめてスキーウエアを着用。いざ、最後のドロップ!


IMG_0651.jpg
斜面は大きいが雪が少なくて笹や潅木が随所に頭を覗かせていたものの、おおむね気持ちよく滑ることができました。


IMG_0656.jpg
楽しかったねー!



P4010632.jpg
GPSを確認しながらルート取りをして毛渡沢へ滑降。そこからは7kmほど、ひたすら歩いたり漕いだり登ったりの長旅で2時間以上もかかってしまいました。トホホ。



P4010649.jpg
ちなみに下山口の2kmほど手前でがっつり渡渉がありました。靴下まで完全浸水。
16時半ころ、毛渡橋へ到着。泥だらけになった装備を綺麗にして帰路につきました。
電車は15時半を逃すと18時まで来ないので、やはり車回しておいて良かったです。


もうちょっとスピードアップしたいね、と反省でした。。
東日本の春スキーもそろそろシーズン終盤かな。

2018/3/31 谷川岳西黒沢 バックカントリースキー

3月最終日は谷川岳へ!
西黒沢か茂倉沢を予定し入山しました。


P3310192.jpg
ロープウェイ始発、休日は7時。この日は1時間寝坊して5時に自宅を出発し、7時半すぎの便に乗れました。
天気が良くて登山者たくさん。



P3310252.jpg
熊穴沢避難小屋あたりから見た西黒沢上部。熊穴沢出合のやや上あたりで滝が露出しているのが見えましたが、右岸はかろうじてつながっているようにも見える。西黒沢行けるかなー。行きたいなー。




P3310291.jpg
アプローチはスタートからなるべくシール歩行を追求。登山者のトレースは急なので緩斜面をまいたりしましたが、トラバースで緊張する箇所もあり少し時間を食いました。肩ノ小屋までの最後の300mくらいはスキーをかついでガシガシ。雪さえ締まってればコレが一番早い!




P3310267.jpg
肩ノ小屋直下の300mの大バーン!超気持ち良さそう!西黒沢いきたいなー。



P3310318.jpg
肩ノ小屋は10時頃通過しました。汗だくですが、ここら辺から風が通り抜け少し涼しくなる。
西には明日行く予定の万太郎山方面へ伸びる稜線が見えています。



P3310257.jpg
快晴!



P3310347.jpg
トマノ耳にザックをデポして空身で山頂往復。山頂は雪庇のせいで壮大な景色が見渡せないのが残念!


結局、滝が出ているところ以外は繋がっていて、落ちるものも落ちてそうだし、行けそうと判断。西黒沢を落とすことにしました。
そうと決まればなるべく午前中のうちに抜けてしまいたい。トマノ耳で休憩、滑降準備して11時頃ドロップ開始しました。


P3310379.jpg
肩ノ小屋付近から絶壁のマチガ沢をのぞむ。新し目のシュプールもついてました。エキストリームだなー。





さあ、お待ちかねの大バーンです!!ひゃっほー!!

IMG_0574.jpg
ひゃっほー!!
IMG_0570.jpg




P3310393.jpg
ひゃっほーーーーう!!




IMG_0578.jpg
ひとしきりひゃっほーしたら、西黒沢一番の急斜面、核心部に突入!


IMG_0579.jpg
ささっと滑り抜けていくのが一番いいのは分かってる。でもコケてはいけないという緊張感からなかなか攻められない。
登りながら眺めてきた斜面だが、いざ滑ろうと真上に立つとクラックの位置や大きさが見えづらい。
クラックを避けてゆっくり進もうと横滑りしても、ザラメがざーざー流れてエッジがきかない。
早く抜けるしかないね!




P3310410.jpg
核心部をなんとか切り抜けて沢下部へ。あとは滝の通過を残すのみ!



ここが熊穴沢と出合う手前の滝露出ポイント!
IMG_0585.jpg
トップのペコマは慎重に横滑りしつつしばし逡巡し、最後は落ちてた。なんかヤバそうだなあ!



P3310446.jpg
写真ではわかり難いけど段差は2mほど。雪がつながっているところはないので意を決して落ちるか、滑って飛び越えるしかない。
斜度的にも飛び越えるのが良いのはわかるけど、やっぱり勇気が必要。
下にいるペコマの誘導で良さげな部分から滑り降りた。


ふーーっ。これで核心部は全て越えたはず!
緊張するけど楽しいなあ。



P3310447.jpg
P3310460.jpg
熊穴沢を降りてきたソロスキーヤーに遭遇!


P3310470.jpg
下部まで良質なザラメで気持ちよくゲレンデの下山コースに合流しました。



IMG_0587.jpg
あー楽しかった!時間はお昼。明日は土合から土樽へ抜けるので、これから関越トンネルを超えて新潟側へ移動です。




IMG_8170.jpg
西黒沢上部の滑降ライン。



IMG_8174.jpg
明日は下山ポイントである土樽駅の最終電車を気にせず滑りたいので、あらかじめ車を下山地点にデポし、翌朝の始発で土合へ移動して入山するという作戦にしました。ということで今夜は新潟側に一泊。12時間3000円で温泉も利用できる神立高原スキー場の仮眠室を利用しました!




P3310491.jpg
リラックスルームはナイター組がはけてきた20時すぎくらいから賑わいはじめる。テレビを見ながら部屋のみ気分でくつろげました。仮眠室も快適でした。
明日のロングコースも楽しみですね!

2018/3/25 雨飾山 P2南尾根 往復 バックカントリースキー

雨飾山荒菅沢はプチ"Climb &Ride"の練習山行のつもりでした。

普通にスキーのプランなら、夏道沿いに登って荒菅沢をいちど北側へ渡渉し、笹平を経由して山頂北側からのアプローチになります。
でも山頂の東〜南面はフトンビシ岩峰群を形成しており、いくつかのバリエーションルートがあります。
山頂直下からこのフトンビシの真ん中に切れ込んだ荒菅沢上部は、最大45度もあるといわれるエクストリーム斜面だとか。


IMG_80152.jpg
赤のラインが荒菅沢。山頂直下はヤバい感じ。崖マーク。

というわけで、ハーフロープ1本と、ハーネスにスリング類数本、最小限の登攀具を身につけてフトンビシ南尾根を登攀し、山頂を踏んで荒菅沢を滑ろうというプランを考案しました。
しかしもともと1日がかりの行程となる上、もし雪が昨日みたいな感じだったらアプローチ敗退も濃厚。そもそも45度の急斜面を登攀具持って滑れるのか?(ステップアップしすぎ?)とか様々な不安要素がある中、前日の疲れ(&心を折られた)もあって再検討。


結局、登攀具ナシで入山、フリーソロで行けそうなら登攀し滑降、という超中途半端な妥協案に落ち着きました。


P3250290.jpg
はじめはやはり林道歩きもあるので、昨日と同じく4時行動開始。でもさすがは豪雪地帯。林道はしっかり雪が残っており全てシールで歩けました。ちょっと道間違って鎌池方面へ遠回りしたりしながら、2時間ほどで夏の登山口を通過。


しばらく大海川の谷底を夏道沿いに歩き、上の地図の矢印付近からスキーをかついで左の尾根を直登しました。
心配していた雪質はまあまあ。ほどよく締まっていてガンガン高度を稼げました。

P3250248.jpg

昨日とはうってかわって、1時間半で標高差300m上がり、1500mの尾根の上へ。シールに履き替えて少し登った後、アイゼンとピッケルに持ち替えて登攀モードに。さらに1時間で標高1838mのP2 に到達しました。

スキー靴はウォークモードにしても、足首の可動域が狭いのでフラットフッティングがし難い。歩きづらいけどここ最近の山行でだいぶ慣れてきました。


P3250258.jpg
とりあえずP2で一休み。時間は10時。荒菅沢の対岸にもスキーヤーが10人くらい見えました。



P3250252.jpg
さて。どうしようか。前方に見えている山頂直下の岩肌、ほぼど真ん中を登るのが南尾根最後の核心部となる岩稜。
登山体系では50mくらいとあった。あれを初見フリーソロで行くかどうかがまず1つ。そして、正面に見える絶壁が荒菅沢上部。
理屈としてはあれを滑るために南尾根を越えて行くという、一応合理的と思えるこのプランだが、果たしてあの絶壁はオーバーグレード過ぎるのでは・・・。実物を見て怖気付く。

「あれはヤバいね」
完全に戦意喪失!


P3250262.jpg
あそこをすべらないのであれば、わざわざ南尾根をフリーソロして山頂を越えて行く必要もない、と更にゆるふわな思考回路は加速。
結局登ってきた南尾根を落とすことにした。


P3250270.jpg
登ってきた東向き斜面は岩も出ているので、少し南側を回り込んで滑降。最初の300mくらいは最大斜度30度くらい、雪質もよく最高に気持ちよかった!

P3250281.jpg
最後は荒菅沢を左に見つつ、スキーヤーズライトの尾根をいい感じに落として、尾根の緩めの斜面をラインどりしながら比較的スムーズに大海川の谷底へドロップ。

最後の林道はストップスノーでひたすら漕ぎ続けましたが、なんとか昼頃には車に戻れました。


荒菅沢はもっとうまくなって絶対リベンジします!

プロフィール

chippe

Author:chippe
chippeのブログへようこそ!
2006.10 山歩きをはじめる。
2007.9 クライミングをはじめる。
山岳同人「青鬼」所属。国際認定山岳医。
好きな食べ物:肉。
カリマージャパンアンバサダー。

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カレンダー

01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

カウンター