FC2ブログ

"辺境クライミング"感想日記

シルバーウィーク前半の3連休は、お尻に1日追加して(といっても私はもともとサンデー毎日)計4日間で八丈島へ行ってきました。


P9230131.jpg



雑誌ROCK&SNOWで大人気連載をもつ言わずと知れた辺境クライマーで、現在山岳医講習にもエントリー中の"けんじり"が今回八丈島で辺境クライミングをするということで、そこへペコマともども便乗させてもらったわけです。
不思議な京都案内をしてもらったり、登山医学会の飲み会で飲んだりという仲で、一緒に岩登りくらいは行ったことがあるものの、けんじりの真髄とも言うべき辺境クライミングに同行するのは今回がはじめてでした。



その詳細な内容については、今後掲載予定のROCK&SNOWの記事に期待。
私は楽しかった4日間(+α)の思い出を感想文とともに絵日記(もとい写真日記)につづろうと思います。
ちなみにペコマのブログはコチラ



私のはじめての八丈島旅は、前夜に帰省し(実家が羽田空港のすぐそば)父と夜明け3時まで飲み語り、ひどすぎる二日酔い状態からスタートしました(笑)。
でも、親子のいい時間だったのでまあそれもよし。



私は1日3便出ている定期航空便の2便目で昼過ぎに入島。
これで期限切れ寸前だったマイルを使うことができました。
ペコマはけんじりと一緒に竹芝から前夜発でフェリー入島でした。


IMG_2478.jpg
話をきくとフェリーもなかなか愉快だったそう


先についたペコマとけんじりは底土のキャンプ場にテントを張り、目的の沢を1本遡行。
遡行してヒッチハイクで帰ってきた二人と14時前にキャンプ場で合流したところで、
「はじめの"沢"は水が10滴くらいしか無いゴルジュだった」と聞く。
早くも"辺クラ"への期待が高まります(笑)。


sokodocampsite.jpg
底土のキャンプ場は広々としてオーシャンビューで、無料なのに広い炊事場やシャワーまであって超快適です。
この連休中はかなりたくさんのでかテントが張られ、サーファーや釣り師たちで賑わっていました。
猫もたくさんいて、釣果のおこぼれにあずかっていました。



初日2本目は私も一緒に、"おっちょが浜"近くの沢へ。
私が空港から乗ったのと全く同じタクシーが偶然来て、目的地へGO!このおもろいマシンガントークのおじいタクとは今後の旅でもふか〜い(?)付き合いに・・・・



今回はレンタカーが借りられなかったので、移動は徒歩かバスかタクシーかヒッチハイクでした。
しかし島の方々がみんなすごく優しくて、ヒッチハイクの成功率が高い高い!(笑)
なかには3人いるのを見て、わざわざ帰宅して3人乗れる車に乗り換えて来てくれる島民の方まで!
おかげで移動費はだいぶ節約できました。旅の醍醐味、一期一会も満喫できて楽しい。



IMG_3850.jpg
"バスパ"っていう、¥1000でバス乗り放題と温泉入り放題がセットになった2日パスも使いました。でも終バスが早いので、やはりヒッチハイクにかなり助けられましたね。



初日2本目の沢はちゃんと水が流れていた(笑)けど・・
GOPR0626.jpg
滝は世にも不思議な縦穴式!(?)ゴルジュ(??)
この洞窟の奥から水が流れ落ちてます。


climbocchogahama.jpg
IMG_2919.jpg
右を捲いて登りましたが岩が脆くてヒヤヒヤです。途中で"岩"というか"硬い土"だということがわかりました。


P9220102.jpg
そして無事抜けた先には、岩の下の穴へと水が吸い込まれて行く、世にも不思議な"落ち口"が・・。
八丈島のミステリーワールドへと誘われ、辺境クライミングの懐深さが垣間見えます。



ヒッチハイクで島一番のスーパーへ行って買い出し、タクシーでキャンプ場へ。
楽しく鍋して寝て、また愉快な朝の到来です。
歩いて1.5kmほどのバス停へと向かう途中でまたヒッチハイクに成功したり(笑)。
そしてたどり着いた二日目の沢、"洞輪沢温泉"の名古川がこの旅最大の遡行となりました。


IMG_2940.jpg
深く切れ込んだ谷。小さい水色の建物が無料の入浴施設。



GOPR0654.jpg
絶望的なぶったち具合の大滝その1。弱点は非常に少なく、けんじりの見事なオブザベで右側壁の高捲きに成功。



GOPR0681.jpg
2つめの大滝に至ってはもう、八方塞がりならぬ270度を硬い土の絶壁に囲まれた"行き止まり"。



DSC06324.jpg
壁の出だしと壁の中とで計2回のショルダーを駆使し、3人の力を合わせて攻略!


たった1km程度の距離を丸1日かけての遡行という激アツクライミングでした。

今回八丈島で行ったところはどこもボロ壁すぎて岩は使えず(というか岩はなく(笑))、垂直な藪とか猛烈な藪の洗礼を受けました。藪漕ぎって奥が深い。

P9230133.jpg
4日間の藪漕ぎ密度は相当濃かった!


この日も盛大に終バスを逃したのに、超親切なヒッチハイクのお世話になって、しっかり温泉にも浸かってキャンプ場までドアツードアという快適さ。ありえない(笑)。

boraasawa.jpg
無料の温泉!気持ちよかった〜〜



三日目も末吉地区へ2本の沢を登りに行きました。


はじめの沢はまた海から!
IMG_3851.jpg
じゃんけんで勝ったペコマがリード。


IMG_2989.jpg
海を背景に落ち口に立つ。辺境っぽい!


potfall.jpg
みごとなポットホールで戯れる。


GOPR0709.jpg
さらに遡行していくとハングした滝が・・。これはどうやって登るでしょう?


IMG_3858.jpg
これが正解ムーブ!?ツタ登り!


IMG_2994.jpg
さらに遡行を続けると沢のなかはスクラップのワンダーランドに・・・。シュールすぎる。


IMG_3866.jpg
林道へ至り、遡行終了。途中、歩き回って綱がこんがらがっちゃったヤギを救出(笑)。


お昼休憩を挟んで、この日2本目の沢がまたすごかった!
IMG_2946.jpg
この崖に見えるいく筋かの水流。近づくほどに、その垂直さと巨大さが見えてくる。


いやいやこれを登るの?もはや沢地形は存在せず、完全なる崖。半信半疑だったけど・・


GOPR0714.jpg
この1段目の絶望的にみえる大滝も!


GOPR0726.jpg
3段目のコイツも!


登れちゃうんだな〜。
GOPR0727.jpg
登った人がいないから登れるかどうか分からないだけ。この世にはやってみないと分からないことだらけだ。
水源はヘッドウォールの岩質が変化した境目からこんこんと吹き出す湧き水でした。
落ち口?滝?沢?もう、どうでもいいか!八丈島の水脈ミステリーがすごい!


ちなみにこの展望はこの滝を登った人にしか見られない・・というわけでもなく、上の道路沿いにある"名古の展望台"から見られるそうな(笑)。



2本目の沢から予定時刻を過ぎて降りて来たところに、なぜかクレソンを育ててる地元のおっちゃんが居ておしゃべり。もう時間的に温泉は無理か・・と思っていたところ、話の流れで温泉まで乗っけてってくれることに!ありえない!(笑)



みはらしの湯は本当に素晴らしい見晴らし、なにもかも(道から入浴してる人も)丸見えでした。
IMG_2861.jpg
おかげでゆったり温泉につかり、ちゃんと終バスにも乗れてキャンプ場へ帰還。
ラストナイト&けんじりバースデーイブを祝うべく、地元の居酒屋で打ち上げしました。


八丈島居酒屋
左上から、くさやピザ、明日葉てんぷら、鮮魚盛り合わせ、島酒(八丈島焼酎)。
八丈へ行ったら、島寿司などの鮮魚料理と、明日葉料理は必食です!




IMG_2865.jpg

最終日は3便目の飛行機で帰る予定だったので、ゆっくり起きて撤収。八丈島のキョンを見に植物園へ行ったり、歴史民俗資料館に行ったりしてまったりと観光。そしたら夕方近くなってからどんどん空が暗くなり、空港の前で待機してるあのタクシーのおじいから「こりゃ飛行機飛ばないよ」との不吉な予言を受ける。

そしてその予言が・・まさかの的中!3人ともせっせと翌日の仕事を調整し、4日+αの楽しい旅の本当の(笑)ラストナイトを満喫したのでした〜・・



八丈島での辺境クライミング。
既成概念にとらわれない柔軟な発想で山に入ると、山が見せてくれる新たな側面がまた私たちの固定観念をぶち壊して行く・・。
その活動のエネルギー源となるのが「好き」という純粋な気持ち。
私のクライミング観にまたあらたな視点が加わりました。



それから、「好きすぎる」というのは素晴らしいことだと思いました。
青鬼がよく言っている「飢えている」ってやつも、ニュアンスとしてはほぼ同じだと思います。
でも「好きすぎる」のほうが表現的にもいいし、より純粋でより大きなパワーを生み出す気がする。
私もこれからも好きなことを追求していこう。



IMG_3837.jpg

楽しい4日間+αでした!けんじりサンキュー!

2018/8/18〜19 頸城山塊 海川不動川遡行(下部廊下〜上部廊下アンモナイトの滝まで)

先週末はアンモナイト探しに行って来ました!


P8190635.jpg


気心の知れた仲間と3人での魅惑の沢旅。
手強い遡行にてこずる覚悟もしていましたが、終始笑いの絶えない楽しい山行となりました。


遡行の詳細はペコマブログへ!


今回はリッキーのTG-4で撮った動画を折角なので編集してみました。
おヒマなかたは是非ご覧ください!(笑)



下部廊下ハイライト(※BGM、音アリ)




P8180557.jpg
テン場はぱりぱりの薪豊富なゴルジュ中のオアシス!
15時にはテン場に着いたので日が落ちる前から焚き火を開始し、翌朝もしっかり着火!
そして戻って来て下山前にも駄目押しの着火で二日間たっぷり焚き火を満喫しました♪



二日目はアンモナイトの滝までの遡行と決めて出発!
P8190776.jpg
上部廊下もエキサイティング!ここの出だしは5.7くらいのチムニー登りですが、瀑水につっこむので手探り足探り、息がつらい(笑)。


P8190673.jpg
4段15m滝は最上部でロープ確保。帰りはここにあった頼りないハーケン1枚で懸垂しました。



P8190699.jpg
そしてついに・・何やら怪しげな二条の滝が!



二日目、アンモナイト発見の瞬間(※音アリ)



帰りは走り飛び込み、クライムダウン、懸垂下降でキャニオニング!


P8190791.jpg
「大股びらきからのブリッジング!」



P8190802.jpg
アブキの河原からははじめの崖下りのルーファイが核心。間違えると崖に出て行き詰まるので慎重に。
崖地帯を抜けてからはツタ、イバラも手強い濃密な藪漕ぎ。この日が比較的涼しい日で助かった。




P8190815.jpg
はじめから終わりまでいろいろと濃密ながら、500mもくだればすぐに人里。



今回は釣りもしてないし、遡行も上部廊下の途中までと中途半端です。
とても楽しい沢だったので是非再訪したいです。つぎは釣りもしつつ稜線まで抜けて、1泊加えてゆっくりたっぷり楽しむのもアリだなぁ。
沢は最高に自由で、豊かで、極上の山旅だと思います。
暑い季節は岩にしがみつくより、やっぱり沢に行きたくなっちゃいますネ。
今季はもうひとつ、楽しみな沢旅(辺クラ?)が!
秋に向けて岩登りも少しずつ再開します(笑)♪

2018/6/30 尾白川〜鞍掛沢〜鞍掛山〜日向山

先週末は、梅雨はどこへやらの晴れマークに気温急上昇!
真夏を先取り!!ということで沢に行って来ました。



P6300027.jpg
明るく美しい花崗岩の沢!



選んだルートは尾白川〜鞍掛沢〜日向山。
日向山は、黒戸尾根から見えて気になる夏でも真っ白な山です。
翌日一緒に登る予定のビビアンは登山道から登り、日向山山頂で合流するプランになりました。



P6300001.jpg
駐車場で着替え中、足袋靴下が両方とも右なのに気づいてびっくり!
しかし、「そんなことで驚いてるの?ひっくり返せばいいだけじゃん」というペコマの言葉に更にびっくり。
ちなみにペコマは日常茶飯事すぎてもはや左右を気にしたことなんかないんだとか・・・(おそれいりました)。



通行止めがあったので尾白川渓谷駐車場に車をとめ、6時半ころアプローチ開始しました。日向山登山口まで約30分のプラスです。
P6300002.jpg
先シーズン、すり減ったフェルト足袋を捨てたままだったので、前日の夜に家の近くのモンベルへ行って沢靴を新調しました。
"サワークライマー"という、モンベルオリジナルのラバーソール、リールアジャストが便利な沢靴です。
(箱をとっておけば返品可ということで、まだおうちにタグと箱を保管中)



登山口からは尾白川と並行して走る林道を終点まで。


P6300004.jpg
途中の崩落地はすでにしっかり踏み跡がついていて問題なし。
アプローチで3パーティくらいとすれ違いました。



P6300010.jpg
トンネルを3つ過ぎ、林道が行き止まったあたりでFIXの張られた降り口がありました。




P6300015.jpg
2人でザック1つという超お散歩スタイルで入渓準備という準備もないけれど、私はここで防寒具一切を忘れてきたことに気付くorz
少しカロリー補給などして、レッツ入渓!



P6300018.jpg
水はさすがに冷たく、シーズン1発目だったり防寒具が無いという不安もあって、ストロングスタイル(=じゃぶじゃぶ浸かるスタイル)でいく勇気がなかなか湧きません。
出だしから小滝も出てきてfinetrackのフローティングロープを出してみたりしたけど、ロープが短すぎて(15m)突破に2Pかかりました。



P6300035.jpg
渓相は明るく、小滝やナメ、淵もあって楽しい。魚影も濃い!今更ながら、迷った末竿を置いてきたことが悔やまれます。



P6300044.jpg
滝登りもほどよくアドベンチャラスで、新人勧誘山行にはちょうど良い感じ!
新しい沢靴もいい感じです。フェルトと違ってソールがしっかりしているのでゴーロ歩きも楽だし、沢床の部分的にぬめるところ以外は、苔でも効きがよくストレスふりー。(返品はナシかな!)



P6300066.jpg
ちょっとわるいマントル!



P6300072.jpg
10時過ぎ、乗越沢の出合に到着。ここで地形図を見つつ、稜線上の登山道と鞍掛山とのコルへ出る沢を詰めようと決定。
しかし誤って1本手前で右の沢へ入り込んでしまい、詰めに苦労しました。
はじめは倒木や藪の薄い岩岩した詰めで「アザミなくてラッキー☆」とか言っていましたが、登るにつれ傾斜が増し、脆い70度くらいの岩場で行き詰まります。ロープは15mだし、岩はぬめるしボロボロ。。

悪いワンポイントをなんとかぬけて、持ってきたハーケンを2枚、脆い岩にぶちこみ、10分以上かけてグラグラする支点を作り、何とか後続のペコマをビレイ。
その2枚は案の定、回収時にハンマーで叩いたら岩ごと吹っ飛びました。。


もう1ピッチ、ペコマにロープを伸ばしてもらって(たった15mだけどw)もっとも悪い箇所は抜けられました。
このビレイの間に身体が急速に冷えて、ペコマの防寒具を借りました。
お散歩でも山では防寒具を忘れちゃいけません!!(反省)



P6300078.jpg
途中で現在地を特定し、仕方なく鞍掛山山頂を目指すことにしました。
地形図上も傾斜が緩んできておりなんとか山頂へ抜けることが出来ましたが2時間以上かかってしまいました。


進退窮まることなく抜けられたからよかったですが、もっとちゃんと地図読みしなきゃね、っと反省です。。
でもアドベンチャラスで楽しかったです(笑)。



P6300083.jpg
詰めようとしていた沢とのコル。傾斜はゆるいけどアザミ漕ぎがすごそう!



鞍掛山山頂で登山者と遭遇。地形図上は道がないものの、鞍掛山から稜線までも普通に登山道があることを知る。(登山地図にはフツーに道が書いてあるそうな)
やった〜、あとはただ走るのみ!
(地形図上は鞍掛山からコルへ降りる斜面も急なところがあるので、ルーファイしながらの下降では更に時間がかかるところでした)





稜線上へ到達したのは13時半ころで、ここでやっとケータイの電波が入ったのでビビアンに連絡。
山頂で13時待ち合わせの予定でしたが、先に降りてもらうよう告げました。
あとは走るのみ!


快適な林の中の登山道を小走りに進んで行くこと30分ほどで、その瞬間は突然おとずれました。



P6300105.jpg
なんだこの真っ白な空間は!



P6300107.jpg
背後の鬱蒼と茂った林から飛び出すと突然、ひらけた空間に花崗岩の大ビーチが現れる。これは壮観です!



P6300108.jpg
なんて気持ちのいいところなんでしょう!来てよかった!


P6300109.jpg
でもめっっっちゃ暑いからさっさと降りよう!!!




走って降りて、長らく待たせてしまったビビアンと合流。
シューズはラン下山時も快適でした。(返品はナシ!)
温泉に浸かって、ナナーズで買い物したら廻り目平に移動です。
私は帰国後、今シーズン初の焚き火でした!


36430374_1511818842255717_6778121415779418112_n.jpg
1日おくれの29の日活動もやりました!



36535752_1511818535589081_8404401110143467520_n.jpg
翌日曜日は灼熱の「届け手の平」など。久し振りにしびれた〜。梅雨でも意外と登れるんだね!

夏休みは上ノ廊下。

P8110135.jpg


8/11に入山して上ノ廊下に行ってきました!
青鬼メンバー6名でのワイワイ遡行。
今年は予想通りの渇水で、核心部もとくに苦労することなく抜ける事が出来ました。


P8110110.jpg
1泊目は下ノ黒ビンガ手前!


P8120189.jpg
金作谷出合先のゴルジュ。


結局1泊2日で遡行完了。
でも薬師沢小屋へ抜けてしまうとビバークも焚き火も出来なくなるので、薬師沢出合の少し手前、A沢出合付近の快適ビバークポイントに贅沢2泊しました☆

P8120209.jpg
青鬼はペコマと2人で8本歩荷。

P8130303.jpg
ペコマ32歳の誕生日はイワナ寿司ケーキで盛大に祝ってもらいました!


3日目には源流をピストン遡行、4日目は青鬼の新人君と合流して7名で赤木沢を遡行して下山!
と、黒部源流域を満喫して終了。


P8130337.jpg
登山道まで詰めたけど源流の碑みつからず!

P8140404.jpg
赤木沢の美しさは格別!


モンベルのネオプレンつなぎは活躍しましたが水温は高く、気合を入れて買ったライジャケも本来の出番がないまま、主に座布団や枕として活躍してました。
それでも私は他の男性メンバーと比べると、足がつかなかったり水圧に負けたりして苦労する場面もありました。


P8130311.jpg
す〜いすい。

上ノ廊下は水量によって難易度も渓相も大きく変化する特殊な沢だと思うので、また再訪したいです。
本当にいい夏休みでした!!

P8140409.jpg
滝壺ブロッケーン☆

甲斐駒でクラシック

3連休は甲斐駒ケ岳の黄連谷右俣を遡行し、赤石沢奥壁のクライミングに継続しようと思っていた。



実際は2日目の10時頃に遡行を終えたけど奥壁は登らなかった。
Aフランケはすごい壁なんだろうと思う。見たことないけど。
でも奥壁はなんかもろそうな汚い草付き・・・もとい林だった。
いうまでもなくヨセミテは無かったし、5連休にコレをやるんだろうか?という疑問がわいてくるとリハーサルをする必要性も疑問になった。



限られた時間で何をすべきか、いつもなんだか焦っている。
時間はなるべく無駄にしたくない。
一旦「もっと有意義なことに時間を使ったほうがいいのでは・・」と思い始めてしまうと思考は混乱。
結局そのまま降りた。
結果的に翌日は雨だったので降りて良かったのだろうが、なんだか中途半端な終わり方になってしまった。



でも遡行自体はいい内容だったと思う。
スピード遡行を目標にしていたので滝はほとんど登らず、残置もガンガン利用しての巻きが中心だった。
最初は「この残置を追ってる感じ、昔に戻ったみたいだ」って思ったが、上流のほうは残置も減って来て、奥千状の滝が出てくるあたりからは沢地形をルーファイを楽しみながら登ることができた。
ビバークサイトは奥千状の滝の途中にあるインゼルのオアシス!
満点の星空のもと、ふもとの夜景を眼下に見ながら滝の音に包まれての焚火!
シュラフカバーすらないビバークだったので9月の2000mの寒さを肌で感じられた。
これまでの数少ない沢山行でやった、小川山でやるのとほとんど変わらない焚火とは違って大きな山の中にいる感じが味わえた。


翌日の稜線へのつめはやはり大きい山を登っている感覚が久しぶりに感じられて気持ちよかった。
山頂からの眺めも360度の大パノラマだった。
やっぱり山はいいもんだ。



1日目の行動時間は10時間、2日目は9時間くらい。
行程を通してロキソニンを飲み続けていたので膝はそこまで痛くならなかった。
でもさすがに最近走ったり長距離を歩いたりは出来ていなかったので、下山後の疲労が大きかった。
情けないばかりだけど、こればっかりは仕方ない。
そろそろ走れるようになってきたので徐々に戻していくしかない。



下山後は小川山に移動して登ろうともくろむも、最終日は朝から雨!
結局ベーキャンに転戦して登った。
GWぶりのまともなリードクライミング。
テンポがつかめないしよれる。
途中触った12Dのトライで何だか余力を持って行かれ、その後はガバでも指が開くようになってしまった。
もっともっと登りたいのに、全然登れない。もどかしかった。
まあ、焦らず行こう。
復活の序章はこれから!



さて。
10月の連休の予定をゼロから考え直さないとならなくなった。
でも山の予定を立てるのは楽しいから嬉しくもある。
とにかく、今後のために意味のあることがしたい。
それですごく楽しいことがしたい。




ちなみに甲斐駒の写真はカメラのまさかの電池切れのため1枚もとれなかった(´-`;)

プロフィール

chippe

Author:chippe


肉好きchippeのブログへようこそ!
2006年10月 山歩きを始める。
2007年9月 クライミングを始める。
山岳同人「青鬼」所属。
「メラメラガールズ」所属。
国際認定山岳医。
「カリマーインターナショナル」アンバサダークライマー。
現在は無職、旅人。
旦那さんはpecoma。

月別アーカイブ

ブログ内検索

カウンター