FC2ブログ

2019年11月 中国旅行 麗江観光〜白沙、束河古鎮、玉龍雪山

麗江から日帰りで気軽に行ける観光スポットとして、少数民族ナシ族の古い村、白沙と束河古鎮があります。


IMG_2066.jpg
壁画の村、白沙。玉龍雪山をのぞむ。


どちらも麗江古城のような古い街並みの残る村ですが、束河古鎮は観光地としての整備がかなり進んでおり麗江古城に近い雰囲気。それに対して白沙は、ナシ族の人々の暮らしを垣間見ることのできる比較的静かなところです。


IMG_2476.jpg
束河古鎮は麗江中心地から約7km。束河古鎮からさらに7kmで白沙です。


バスなら1元(15円!)で行けるようですが、タクシーも日本ほど高くないので、今回はタクシーを使いました。


まず白沙まで向かいます。約50元(750円)。

IMG_2074.jpg
村の中心地を離れて、まずは静かな農道を歩きます。


IMG_2072_20191221071051307.jpg
ここで暮らす人々が農作業をしていたり、井戸端会議をしているのを眺めながらゆったりとした時間を楽しみます。


IMG_2474.jpg
のんびり歩きながら村の中心地へ。少数民族が描いたという可愛らしい壁画がたくさんあります。左上はトンパ文字と呼ばれる象形文字です。


IMG_2071.jpg
村の中心地は雰囲気が一転して、お洒落なお店がたくさん。下北沢を彷彿とさせる、ちょっと洗練されたビンテージ調の街並みがお出迎えです。


IMG_2472.jpg
欧米人にも人気の観光スポットなのだとか。お洒落なカフェで美味しいケーキなどをいただきながら女子トーク。


IMG_2069_2019122107102255d.jpg
伝統工芸の刺繍のお店がたくさんありました。藍染みたいなお店も。ショッピングを楽しみながらぶらぶらします。


IMG_2054.jpg
ナシ族の人々による民族音楽の演奏も。鐘や木魚のようなものを叩かせてもらいました。


IMG_2473.jpg
食べ歩きも満喫!お米の入った黒いソーセージのようなものがとても美味しかったです。焼き芋は色が濃くてとっても甘くて安納芋みたいな美味しさ!私が食べているのはお豆腐を揚げたものです。本当に何を食べても美味しい中国!どれも観光地価格でしたが、それでも200円以下です。


IMG_2063.jpg
白沙壁画とよばれる有名な壁画はこの奥に保存してあり、有料、撮影禁止です。入館料と古城保護費あわせて70元(1050円)ほどを入り口で支払います。


IMG_2056.jpg
白沙散歩満喫!結構歩いたね〜。


白沙から束河古鎮へはバスで行けると聞いていたので、バス停を探したのですが見つけられず。タクシーの乗降場もとくにはありません。観光客を乗せて来たタクシーをたまたま見つけたので、拾って乗ることが出来ました。

IMG_2061_2019122107101609c.jpg

束河古鎮は麗江古城のミニバージョンという感じで、立派なタクシー乗降場もある観光地でした。


IMG_2478_20191221071100fba.jpg

お土産屋さんの立ち並ぶ石畳の美しい街並みは麗江古城と似た感じ。


IMG_2059.jpg
プーアル茶や、小さい蜜柑に熟成させたプーアル茶を詰めた"小青柑"とよばれるお茶などを試飲させてもらって購入しました。飲み方や効能などをケータイの翻訳ソフトで色々教えてくれました。


IMG_2058_2019122107101384b.jpg
暗くなるまで散策して、夕飯を食べて帰りました。夜景も綺麗です!


麗江最終日には、ついに玉龍雪山を間近に見られるスポットまで足を運びました!

IMG_2051.jpg
玉龍雪山風景名勝区という名の玉龍雪山を擁する公園は、上の地図にもある"甘海子"という場所までタクシーで行きます(バスもあります)。麗江中心地から約20km、片道120元(1800円)くらいでした。


IMG_2050.jpg
公園の入場料は一人100元(1500円)です。

甘海子に観光センターと大きな駐車場があり、ここが観光基地になっています。

IMG_2049.jpg
中国人観光客で賑わう。外国人はほとんどいませんでした。


ここでタクシーを降りたら、色々な選択肢があります。
ここの名物ともいえる、標高4500m地点にある氷河公園まで一気に上がれるロープウェイは、現時点では外国人が個人で予約する手段がありません。

麗江古城を歩き回って調べたところ、外国人が氷河公園まで行くには、おおよその相場580元(8700円)くらいのツアー(麗江古城からの送迎や他の観光スポットなども込みの最安値)に参加するしかありません。

そこで私たちは今回ロープウェイを諦め、藍月谷(らんげつこく/blue moon valley)と呼ばれる美しい棚田状の滝のあるスポットまで行ってみることにしました。


IMG_2047.jpg
往復20元(300円)のチケットを買って、専用バスに乗ります。


バスが進むにつれ、心を奪われるような美しい景色が間近に迫ってきました!

IMG_2479.jpg
碧く透き通る河と氷河をたたえる玉龍雪山。


IMG_2039.jpg
氷河から流れ出た清流。


IMG_2481.jpg
人気の景勝地なのでしょう。前撮りと思われる新郎新婦さんが何十組もいました。ウェディング撮影専用マイクロバスみたいなのが走っていて、川べりにウェディング専用のメイクアップルームもありました。


IMG_2044.jpg
そして着飾ったヤクがいました。この子は左右の角がそれぞれ前後を向いている珍しい個体でした。


IMG_2043.jpg
そして50元払うとこんな写真が撮れます(笑)。


IMG_2041.jpg
本当に美しいところでした。麗江を訪れたなら、ココは一見の価値ありです!


IMG_2038.jpg
さて。そろそろ2019年も終わりに近づいています。この1年は本当に色々なところへ行きました。


異国の大きな壁を求めてお勤めを辞め、ウィンタークライミングの楽しさと、思い通りにいかないことの方が多いということを学びました。真剣に取り組むには、ほんの1年や2年、自由になる時間があるだけでは足りません。それでも、そうした世界を知らないまま居るよりははるかに多くの経験が出来ました。

知らない土地を訪れ、未知の文化に触れて、本当に様々な感情や考えが生まれた一年でもありました。
出会いもたくさんあって、実りある放浪生活だったと心から実感しています。


IMG_2068.jpg
そして改めて家族の大切さを感じた一年でもありました。
旦那さんがイギリスから帰国したら、しばらく日本の岩や山を巡りたいと思います。


来年もいい一年になります様に!

2019年11月 中国旅行 麗江の観光 〜麗江古城

黎明(リーミン)でクライミング後は、空港のある麗江の街に移動して、帰国までの丸3日間、がっつり観光をしました。


IMG_1983.jpg


麗江は雲南省にある人口120万の地方都市です。近代的で清潔な街並みのいわゆる"都会"ですが、2400mほどの標高にあり、万年雪をいただく標高5596mの玉龍雪山が望めます。そしてここに、古い街並みが保存され世界遺産に登録された"麗江古城"があります。


IMG_1969.jpg


中国の観光はこれがはじめてなので、「千と千尋の神隠し」の舞台になったともいわれるこのエキゾチックな雰囲気も、ざっくり「中国旅行」の印象として受け止めていました。でも、こうした古い街並みが保存されている場所は中国でも珍しいそうで、中国の人にとっても人気の観光スポットだそうです。


IMG_1978.jpg


石畳の美しい街並み。かなり人気の観光地のため、レストランやカフェはもちろん、麗江特有の屋台料理が並ぶフードコートもいくつもありました。多種多様なお土産屋さんが歩けど歩けど途切れることなく並んでいます。


IMG_1968.jpg


麗江の名産であるプーアル茶をはじめとした中国茶を売るお店、果実酒のお店、からーいお惣菜のお店、スイーツのお店、ブティック、銀器や銅器のお店、漢方のお店、などなど・・。


IMG_1966.jpg
試飲試食もガンガンさせてもらえました(笑)。

ただ歩いているだけであっという間に1日が過ぎてしまう場所。380ヘクタールもの広さを有する麗江古城を、今回は2.5日かけて歩き尽くしました。


IMG_1977.jpg
麗江古城敷地内は一般車両立ち入り禁止。宿から一番近い門の前でタクシーを降りると、宿のスタッフが荷台を持って待っていてくれました。しかしクライミング帰りの四人の荷物が多過ぎてキャパオーバー!英語の話せるスタッフのお兄さんが、タジタジながらも親切に対応してくれました。ひっくり返りそうになる荷台を四人で支えながら宿を目指しました(笑)。


IMG_1973.jpg
宿に着いたらウェルカムティーのサービス。このあと、麗江古城の地図を広げて、観光スポットなど色々教えてくれました。


IMG_1974.jpg
このクオリティで1人1泊1500円くらいなのだから驚きですよね・・!宿の主人は何かと気にかけてくれ、快適に過ごせました。


IMG_1965.jpg
麗江到着日の夜は四人でお疲れ様パーティ!


IMG_1982_201912111239244de.jpg
ダック、トリュフ、松茸、火鍋(ヤクのお肉!)、おデザも・・・がっつり楽しんでお酒も飲んでひとり2000円ちょい。右下は朝ごはんのおかゆと小籠包。


IMG_1963.jpg
中国茶のお店はたくさんあります。店内には必ず"自動お茶マシン"(と茶器)があり、試飲させてくれます。私もバラや雪菊、小青柑(小さな蜜柑に熟成させたプーアル茶を詰めたもの)など、いろいろ試飲させてもらいました。見たことのないモノばかりなので、試飲することで飲み方や味が分かり、購入時の参考になりました。とてもいいシステムだと思いました。


IMG_1961.jpg
麗江の町の標語?のなかに自分の名前がありました(笑)。


IMG_1972.jpg
リーミン同様、犬天国でした。寒い地方だからか、アラスカンマラミュートを連れて歩いている人が多かったです。


IMG_1985.jpg
麗江グルメ!大きい写真はヤクの炒め物。ヤクの肉は旨味が強くて猪肉のような感じ。美味しくてハマりました。鯉鍋も郷土料理として有名なようです。臭みはなく、脂が乗ってほろほろでした。そしてとにかくキノコがよく採れるようで、日本なら手が出せないような高級キノコ料理を連日楽しめました。


IMG_1981.jpg
オープンテラスでお食事したり、買い食いしたり。


IMG_1980.jpg
地球環境に優しいとして今話題の昆虫食も、麗江では一般的なようです。


麗江古城のもうひとつの楽しみは、マーケットでのお買い物!


IMG_1976.jpg


地元の人々が集まる市場が古城の一角にあり、毎日朝6時くらいから夕方まで賑わっています。


IMG_1971.jpg


野菜、果物、麗江名産の種類豊富なキノコ(モリーユ、ポルチーニ、松茸、アガリクスなどなど!!)、肉、魚、はちみつ、ナッツ類、お茶、売店や食堂・・。衣料品や日用品も売っています。ペルーでもベルファストでもマーケットを楽しみましたが、やはりマーケットは旅の醍醐味。


IMG_1970.jpg


地元の人々が集まり、地元の名産品が集まり、その土地の日常がぎゅっと詰まった活気ある場所です。そこで片言の現地の言葉を駆使してお買い物をするのもとても楽しいです。



IMG_1975.jpg

麗江古城の北の端には黒龍潭景区(通称、玉泉公園)という公園があり、美しい池と玉龍雪山を望むことができます。



街並みがとにかく美しく、ただ歩いているだけでも心沸き立つ麗江古城。女子ならきゅんきゅんすること間違いなしです。


IMG_1964.jpg
昼の風景。


IMG_1979.jpg
夜の風景。


IMG_1967.jpg

2.5日でやっと主要なスポットをまわれたかな?という感じですが、それでも隅々までは見られていないし、行ってみたいレストランもまだまだたくさんあります。お店のひとつひとつをゆっくり楽しむならもっと時間が必要ですね。


次の記事では、麗江からタクシーでいける、同じく古い街並みの残る白沙と束河古鎮をご紹介します!

北アイルランド Belfastの旅。

アイルランド北端のUlster(アルスター)地方には9つの州があり、そのうち東側の6州はイギリス領です。
北アイルランドの紛争の歴史(英国では"The Troubles"と呼んでいるらしい)は民族と宗教の違いに端を発し、その複雑さと根深さを完全に理解するのはかなり難しいです。

fc2blog_2019101215300723a.jpg
Belfast名物(?)Big Fish。


旦那さんのペコマが留学しているBelfast(ベルファスト)は、そんなアルスター地方最大の都市。アイルランド全土ではダブリンに次ぐ大都市だそうです。

IMG_4307.jpg
留学先である"QUB"(クイーンズユニバーシティベルファスト)前で。


先月は、自分の誕生日である9月10日から丸3週間、このベルファストの街で暮らしていました。


今回の旅はクライミングや登山が目的ではなく、ペコマとのこの街での暮らしを満喫してきました。


出国日は記録的台風で欠航が相次ぐなか、運良く夜遅い便だったため無事出発!
flights.jpg


emirates.jpg
エミレーツ航空のエアバス380はバブリーな内装でエコノミークラスでも快適。ご飯も美味しいしトイレの水道はセンサー式だし。一般人は立ち入れない(?)2階部分(シャワーやスパもあるとか!)がいつも気になる!


イギリスの入国審査は、日本のパスポートなら自動化ゲートを通れるので早くて快適!
IMG_8011.jpg
ロスやサンフランシスコのような厳重さ、煩わしさはほぼありません!


fc2blog_20191012123857034.jpg
ベルファストシティ空港(BHD)は小さくて使いやすい。空港から市街地まではバスで往復4ポンドです。



IMG_8031.jpg
到着した日の夜は肉肉しいバースデー飲み!


cafe_20191012122057195.jpg
日常のヒトコマ。ペコマを大学に送り出したあとはカフェで読書や英語の勉強。写真はお気に入りパティスリーカフェ"Patisserie Valerie"のクロワッサンサンドと、英語学習者御用達の"Duo 3.0"。1週ごとにペコマと罰ゲーム付きの暗記合戦をやってました(笑)。



crements.jpg
ランチは大学構内のカフェで合流。葉っぱを食べる習慣のないイギリスでこのサラダバーは嬉しい!



大学が終わったらスポーツセンターに合流して着替え、走ったり筋トレしたり。
pec.jpg
ビジターでも1ヶ月36ポンドのパスで利用できました。トレーニング後はここでシャワーも浴びて帰ります。

クライミングジムは歩いて3kmとちょっと遠いんだけど、週2くらいで行ってました。



もちろん、パブにも沢山いきました。
fc2blog_20191012144153a48.jpg
外で飲めるのも楽しい!


お部屋でTESCO(スーパー)の肉を焼いたり。ロモ・サルタードを作ったり。
home.jpg
BAOのテイクアウトしたり。(英国では"to go"ではなく"take away"という)


IMG_8160.jpg
天気がいい日はもちろん登りに!



fairhead1.jpg
不思議な雲に見とれたり、ボーダーコリーの子犬と遊んだり。


またある日は、ペコマを大学へ送り出したあと街中をお散歩!

fc2blog_201910121359395a1.jpg
おしゃれスーパーを散策。"サワーズ"と"アボカ"。


ペコマが留学しているQueen's University Belfast周辺は大学生の街ってかんじです。
fc2blog_20191012123853344.jpg
近くのスタバには大学生がたむろしている。


中国人も多い。中華料理のお店もたくさんあって、なかでもココは人気店。"HotPot(火鍋)"のお店!

hotpot.jpg
肉、野菜、魚介、キムチなどなどバイキング形式で1人20ポンドは安い!一人用のIH内蔵テーブルで、ミニ火鍋と焼肉を同時に楽しめる。ヘルシーで美味しかった〜。


ちなみにイギリスの物価は日本と比べて高めで、スーパーに売っているものの価格は日本とほぼ同じくらいですが、外食すると約1.5倍くらいの感覚です。



またある日の朝はイギリス式に。
fc2blog_20191012123851441.jpg
" クリームティ"(紅茶とスコーン+ジャム+クロテッドクリームのセット)をしてみたり。


fairhead2.jpg
そしてまた登りに!ここ、Fairheadの岩場はベルファストから車で1時間ちょいのシークリフです。


fc2blog_20191012143442554.jpg
30〜60mほどの玄武岩の柱状節理が数キロに渡って聳え立つ、一大クライミングエリアです。各ルートには懸垂下降で取り付きます。


fc2blog_20191012143440d06.jpg
グレーディングはEグレードで、終了点含めボルトは一切なし。クラックやリスが閉じていようと関係ありません。でもほとんどの人が、ヤバいルートはTRで登るか、TRリハーサルをしてからトライするようです。



3度目になるベルファスト訪問もこれで最後かあ。ということで、記念撮影さんぽ。

IMG_4452.jpg
ボタニクスガーデンで記念撮影!帽子はペルーのお土産。


IMG_8499.jpg
人気のアジア料理店"Jumon"でらーめん。



marathon.jpg
ハーフマラソンにも出てみたり。


fc2blog_20191012135943e38.jpg
ちなみにマラソンの前日は北アイルランド最大のお祭り、"カルチャーナイト"でした。


たまには街歩きデートもね。
date_20191012151033034.jpg
巨大路上チェスを楽しむ人々。


最後の週にはアイルランドの首都、ダブリンへ小旅行!
dublin2.jpg
列車に揺られ2時間。


ダブリンは3月にも一度観光しましたが、今回はその時行けなかったトリニティカレッジに行きました。

trinity.jpg
トリニティカレッジは400年以上の歴史がある、アイルランド最古の国立大学。"世界で最も美しい本"と称される、1000年以上前に描かれたゴスペルの本"ケルズの書"や、映画「スターウォーズ」の"ジェダイ図書館"のモデルにもなり、長さ65m、約20万冊を蔵書する"Long Room"など、見どころ満載です!


で、見学が終わったなら繰り出します。いざ、パブの街ダブリンへ!

ダブリン観光なら必ず行くべし、"The Temple Bar"、からの、ハシゴ、ハシゴ・・・。
temple.jpg
シーフードも美味しいダブリン。ギネスは生牡蠣と楽しむのが通だとか。


dublin1.jpg
アイリッシュパブは昼から翌朝までずーっと営業していて、1日に何度もローカルミュージックをメインとした生演奏が楽しめます。

食後のコーヒー(アイリッシュコーヒーやベイリーズコーヒー)だって、締めのアイス(ベイリーズアイス)だってアルコール入り。
宿で仮眠も挟んで1日がかりの肝稽古でした!


帰国前の数日もベルファストでゆっくり。ペコマは月1のプレゼンも終えて完全自主休暇モード。

fc2blog_20191012144216fdf.jpg
美味しい日本食屋見つけた!"Kamakura"さん。


岬まで電車で行って、家まで16kmほどの海沿いラン。
run.jpg
ハーフマラソンの疲れが残っていてけっこう辛かった(笑)


fc2blog_201910121530057ef.jpg
美味しいものを食べて、飲んで、笑って、走って登って、英語もやって。

旅人ながら、少しだけベルファストの住人気分も味わった3週間。


fc2blog_2019101215300902a.jpg
帰国のフライト直前、空港のカフェにてラストランチ。


fc2blog_2019101214444939a.jpg
遠い海の向こうにまたひとつ、心のホームタウンが増えました。
その土地の文化に触れ、人に触れ、それまで縁もゆかりも無かった土地が、身近な場所になる。
旅はやっぱりいいものです。

"Viajera"ちっぺの旅はまだまだ続きます。

FC2トラックバックテーマ 第2069回「旅先で決まって買う物はありますか?」

FC2トラックバックテーマ 第2069回「旅先で決まって買う物はありますか?」


旅先で決まって買うのはステッカーです!
8965286E-6E67-4A32-ADCC-091ABB3919B6.jpg
最近車を手放してしまいましたが、車があるときは次々と旅先で買ったステッカーを貼っていました。今は自分のラップトップにべたべた貼っています。旅の思い出と共にいられるので楽しいです。

まだまだ観光旅行 in Northern Ireland.

ロンドン最後の夜に。ピカデリーサーカスの夜景で締めくくり
IMG_2957.jpg


7/1から2日はペコマプランで観光です。
観光地としてのポテンシャルも違うし、ロンドンのような詰め込み型でない、ゆったり観光プラン。


7/1飛行機で 移動、Belfast 城、Titanic博物館、Belfast 大学、ジム、パブで乾杯

IMG_2964.jpg
空港でレンタカーを借り、Belfastの数少ない観光スポットを空港から近い順に巡る。Belfast城は無料で内部見学できます。


IMG_2972.jpg
"Titanic Belfast"(タイタニック博物館)は入館料は高いけれど、入館しなくても見どころは充分。建物はTitanic号と同じ高さで、屋外には実際にTitanic号が作られていた巨大なピットが埋め立てられた状態でそのまま残されている。1階のレストランやお土産やさんも無料エリア。超有名な歴史的悲劇の舞台なので、やはりBelfastへ来たらココは外せないか。



IMG_2973.jpg
"ココで勉強してます風に撮って欲しい"というペコマのリクエストで1枚。いちおう手土産持ってラボに挨拶しに行ったら休暇でもぬけの殻だった。このあとちっぺこはボルダージムで登りました。


IMG_3060.jpg
滞在は"ヨーロッパ・ホテル"。ベルファストで一番有名なホテルだそうです。中心地にあって、窓からペコマが住んでいる寮も見える(赤矢印)。1971年から1995年にかけてIRA(アイルランド共和軍)の手により30回以上爆破されたらしく、「ヨーロッパで一番爆破されたホテルで賞」に輝いています。(でも死者はゼロだそうです。おばけも出ませんでした)
ちなみに写真中央に見えている低い建物もベルファストナンバー1、2をあらそう人気パブです。



7/2 レンタカーでドライブ。ダークヘッジ、世界遺産ジャイアンツコーズウェー、そして一大クライミングエリア、フェアヘッド!ラストナイトはBelfast一押しレストランで乾杯⭐︎


IMG_3081.jpg
"幽霊が出る"と怪奇現象で有名な、北アイルランドの神秘的なブナ並木がダークヘッジです。写真の腕がイマイチで神秘が伝わりませんが・・。大人気のアメリカドラマ"Game of Thrones"ロケ地でもあり、観光客は比較的多いようです。


IMG_3042.jpg
六角柱だらけの海岸、ジャイアンツコーズウェー。伝説の巨人にまつわる逸話が数々語り継がれています。日本語のヘッドセットで説明きけます。結構面白かったです。


IMG_3097.jpg
インスタで人気の構図。でもペコマは「ここよりフェアヘッド(クライミングエリア)の方がひとつひとつの六角柱が巨大でスゴいんだ」と主張します。何はともあれ、この近くなので是非登りに行きましょう。


IMG_3110_20190714131348561.jpg
ということで、両親を3時間待たせて1本登りました。E1でたった2ピッチなのに時間かかりました。当初登ろうって言ってたラインはやめて、いい具合に誰かがFIX張ってたのを借りて降りたところのラインを登りました。ケータイもカメラも忘れて降りたので岩場の写真ゼロ。ジャイアンツコーズウェーのほうが見栄えはするので、あちらが世界遺産で間違ってないと思います。9月にまたココで登ります!今日は両親待たせてるからコレで終わりね。



IMG_3059.jpg
"Made in Belfast"っていうレストランに行きました。両親は明日帰るので今日がラストナイトです!ラム肉ステーキもピザもソーセージ&マッシュも、どれも美味しかった!



restaurant_201907140817022e8.jpg
明日両親は日本へ、我々はGlasgowへ飛びます。これから1週間弱、ちっぺこはスコットランドで登ります。楽しみだね!


楽しく充実して、イギリスのことがより好きになった2週間でした。
そして家族の思い出がまたひとつ増えました。
旅ってイイネ!

プロフィール

chippe

Author:chippe


肉好きchippeのブログへようこそ!
2006年10月 山歩きを始める。
2007年9月 クライミングを始める。
山岳同人「青鬼」所属。
「メラメラガールズ」所属。
国際認定山岳医。
「カリマーインターナショナル」アンバサダークライマー。
現在は無職、旅人。
旦那さんはpecoma。

月別アーカイブ

ブログ内検索

カウンター