FC2ブログ

2018 秋 Yosemiteツアー 〜旅のTips〜最後の三日〜

今回4度目のヨセミテですが、備忘録的に、そしてはじめて行く方にも分かりやすい様に改めてまとめてみます。

【Yosemiteでの生活Tips―交通、キャンプ、買い出しなどなど】

1. 交通

・空港:今回ははじめてFresno Yosemite Int. Airport(FAT)を利用しました。

IMG_4263.jpg
空港は綺麗で、メタセコイヤの森もある。

San Francisco空港(SFO)を利用する方も多いと思います(私も3回目まではそうでした)が、渋滞がなくても車で4時間はかかるので、特に帰りの運転がいつも核心です。でもFresnoからならほぼ1本道で約2時間。渋滞もほとんど無いのでとても快適です。
アメリカン、ユナイテッド、デルタなどが乗り入れています。
国内乗り継ぎにはなりますが、それを加味しても断然楽でしょう。
今回はアメリカン航空でLos Angels乗り継ぎ。乗り継ぎ時間込みで15 時間でした。

IMG_5425.jpg
アメリカン、安いけどアイスとか出てきたし、日本語吹き替えの映画メニューも豊富だし、全体的に満足でした。

田舎の空港ですが(だからなのか)、とても清潔で、がら空きで、小さいので各設備がコンパクトにまとまっていてとても利用しやすいです。たぶん海外旅行初心者にはもってこいです(むしろLAX乗り継ぎが核心になるか?)。レンタカーのカウンターも並ぶ必要なし、スタッフも感じ良かったです。

IMG_5355.jpg

また、帰りは早朝便だったので、前夜に空港入りして1ビバークしたのですが、上記の理由から超快適に過ごせました。チャージステーションも貸切状態でした(笑)。

まあ、空港が空いていたのは、とりもなおさず。Camp4ががら空きになるほどにクライマー以外の観光客がYosemiteから居なくなる時期だったというのも大きいでしょう。

・車:レンタカーが断然便利です。アメリカではガソリンスタンドで日本のクレジットカード(正確には、アメリカ国内の住所登録のないカード)が使えません。日中に有人のスタンドで給油しておくのが一番簡単でしょう。Valley内の移動は、朝7時から22時まで無料シャトルバスが運行しているのでこれも相当使えます。

2. キャンプ

IMG_20181026_172447.jpg
キャンプは楽しいな〜。

・Camp4の受付:これまでは、初日の夜はHalf Dome Village(旧Curry Village)に1泊。翌朝超早起きしてキャンプサイトをとるためCamp4前のキオスクに並ぶという、過酷で半日潰れる作業を毎回やっていました。
でも今年はラッキーなことに10月から”Self-register”、いうなれば”無法地帯(笑)”になっていました。自分であいているサイトを確保したら、キオスクに備え付けの封筒に必要事項を記入してお金を入れ投函するだけ。24時間いつでもOK、並ばなくていいのが最高!

IMG_4291.jpg

だけど10月中旬まではCamp4がぱんぱんだったので、この「サイトを探す」という作業が結構ハイレベルでした。
まずFood Rocker(通称クマボックス)を片っ端から開けて空いているところを探す。でもどこも空いていないから、今度はテントをたたんでいる人を見つけて即交渉に行く。でも大抵「次は友達が使うんだよ〜」とか言われて断られる。朝のお茶してる人に「どっかあいてるとこ知らない?」って聞いても「いやー、分かんないけどたぶんいっぱいだよ」って言われ。最終的にはとりあえず適当にテントを張って、”ちょっとこのクマボックスの隅っこだけ貸してくれない?”とシェアを交渉する感じになります。
10月後半にもなるとキャンパーがほとんど居なくなるので、サイトもがらがらになり、楽勝です。
ちなみにこのself regi方式になるのは例年11月からだそうで、今年は何故か早かったみたいですね。

・Camp4のクマボックス:10月の終わりに新しくなりました!

IMG_4804.jpg
before→after


綺麗になってギーギーいわなくなったし、ロック方式も変わって指を挟みそうになることがなくなりました。かつ背が高くなったので奥まで見渡せ、出し入れ楽チン。とっても使いやすくなりました。

・焚き火:Fire circleがあるのでガンガンやりましょう。これがなきゃキャンプの醍醐味が半減です。しかも焚き火好きな隣人がいると全て任せっきりで火にあやかれます。小川山じゃそうはいかないよね。

IMG_5290.jpg
うちのサイトは主に赤いジャンパーの彼のお陰で朝からこのクオリティでした。朝は冷えるので本当に有り難かった(笑)。

IMG_4762.jpg
彼が来てからというもの、全て彼任せとなった。彼は小枝や段ボールなど必要としない。最初から巨大な薪だけを組み上げて、そこへ謎の液体をぴゅーっとふりかけ一瞬でどっかーん!とやるのだ。私の出る幕は無いと悟ってからは、肉だけスタンバイして「早く焼きたいな〜、焚き火まだかな〜」って待っていた。

国立公園なのでもちろん薪は(というか何も)拾っちゃいけません。Valley内のスーパーで$9で買えます。でも隣人が勝手に拾ってきて勝手に燃やしてたりはまぁします。

・シャワー:レスト日はシャワーを浴びます。Half Dome Villageにシャワーがあります。一応、有料です。それほど混んでいないし、ボディソープ、シャンプー完備。電源もとれるので髪が長い人はドライヤー持っていくと良いです。

・洗濯:Housekeeping Campにランドリーがあります。夜遅くまでやっています。この時期Housekeeing自体はシーズンオフで泊まれませんが、ランドリーだけがあいています。10月中は、洗濯1回$1.5、乾燥機10分25セントでした。それが11月になったらどちらも倍の値段に変わってました!だからやめました(笑)。

IMG_4726.jpg
1ドル札のみ使用可能な両替機があって、25セントコインにかえて使います。


3. 買い出し

・アウトドアショップ:Fresnoの街にREIがあります。ガス缶、ホワイトガソリン、ギア、ウエアなど大体のものはここで揃います。クリフバーなどの行動食類は高いのでスーパーで買いましょう。Parkから一番近いOakhurstという小さな街にも小さなマウンテンショップがありますが、品揃えはあまり良くありませんでした。
Park内、Half Dome Villageにもマウンテンショップがあります。こちらも大抵のものは揃いますが、消耗品など観光地価格になります。

・スーパー:Fresnoには格安スーパーWalmartがあります。

IMG_4267.jpg
Walmartはどの店舗も内装(トイレの位置とか)、商品の配置が全く同じなので分かりやすい。

生鮮食品も日用品も安いです。ちなみにWalmartのオリジナルブランド”Great Value”は全部が全部安かろう悪かろうってわけじゃなく、激安で質のいいものもあります。

IMG_4310.jpg
白パンとかピーナツバターとか美味しい。

でもGVのチーズは、"チーズのようでチーズじゃないもの"なので、Protein 0gです。など、気をつけたほうがいいものもあります。

IMG_4855.jpg
オレオの種類が豊富すぎ!

VonsはSafe Wayと同じ系列のスーパーです。生鮮食品売り場の肉や魚が特にオススメです。会員価格でお買い物できる"Safe Wayカード"は店員に言えば何の手続きもナシに即「ハイ」ってくれるので、絶対Getしましょう。

また、Oakhurstの街には訳あり商品取り扱いスーパーがあり、野菜などが更に安く手に入ります。
IMG_4852.jpg
レジが終わると店員さんが「あなたは今日(ここで買い物したことで)○×ドル得したわよ!」って言う謎のシステムあり。

IMG_4292.jpg
朝はパンかトルティーヤ。たまにベーグルとかマフィンも♪

IMG_4606.jpg
夜の主食はパスタとコメを隔日で。かけるだけのトマトソースが、夜遅くなった日など便利だった。

IMG_4376.jpg
レスト日の朝限定パンケーキ。ちなみに、写真左端に写りこんでいるが、包丁を買ってはいけない。なぜなら「北米には切れる包丁は売っていない」が大原則だからだ。分かってたのにまたやっちゃったよ・・

街での買い出しは上記の通りですが、日々の買い出しはValleyのYosemite Villageにあるスーパーでした。何でもあります。

IMG_5275.jpg


ところで、アメリカはお肉が安くて美味しいです。分厚くて巨大で調理するのが躊躇われるかも知れませんが、スライスして焼いてもいいと思います(焼き過ぎは禁物)。是非ご賞味ください!

IMG_5272.jpg
アイスはカロリーがやばいから登れた日だけ!

・薬屋さん:今回、思った以上にキズパワーパッドや絆創膏類を消費し、持って行ったものは使い切ってしまったので現地調達する必要がありました。さらに肋骨まで折れて痛み止めも全然足りなくなったので薬屋さんに行ってみました。品揃えは確かにスゴイですが、結論から言うとWalmartなどのスーパーでも十分足りるしその方が安いです。ちなみにPark内のスーパーには絆創膏微妙なのしかありませんでした。

4. トポ
クライミングトポは多数あります。SuperTopoの"Yosemite Valley Free Climbs"が一番スタンダードでしょうか。ただ、Separate Realityとか、載っていないエリア/ルートもあります。Big Wallのルートも載っていません。

一番テンションが上がって、Big Wall含め人気ルートがまとまっているのは、コレでしょう!
IMG_4506.jpg

この10月に新版が発売されました。カラー刷りで写真も綺麗でモチ鰻です!

この他に、SuperTopoのBig Wallルート集"Yosemite Big Walls"やBoulderのトポもあります。

5. その他
なんかあるかな?こんなもんか。

それでは本編(?)をお楽しみください。

【最後の三日】
11/5の朝、目が覚めた。ゆっくりと起き上がってみた。深呼吸をしてみる。肋骨はパコパコいっていない!

IMG_52892.jpg
ヨーグルトが美味しくて、Valleyのスーパーにあるやつは全種類制覇した。

Sさんは、最後は私が行きたいエリアに行ってくれるという!何から何まで有難い!!
遠慮せず、Nabisco Wall、Crimson Cringe、Tales of Powerをあげた。

IMG_5252.jpg
Cookie Cliff、"Nabisco Wall"遠景。

Nabisco Wall(計3ピッチ)は1P目のWaverly Wafer(5.11a)、2P目のButterballs(5.11c)が宿題になっている。3P目のButterfingers(5.11a)は、前回SさんのあとのFLトライで登れていたが、ボルダリーなフェイス系。対してWaverly WaferはOWからのfingerセクションが核心っぽいし、Butterballsは真っ向勝負のfingerだ。どちらも日本じゃなかなか出来ないクライミングだからまたやりたい。特にButterballsは、掴みかけた気がするフィンガージャムの技術をもう一度触って復習したい。

Crimson Cringeは恥ずかしながらもともと名前すら知らなかったルートだが、前回Sさんのトライを見ていて登りたくなった。スーパークラックが日本のヨセミテと言われるゆえんになったルートということで、やはり登っておきたい。

そしてTales of Powerは2年前から憧れていたルートだった。だが、今回1度行って間近でルートを見た時、想像以上に圧倒された。

IMG_4625.jpg
Separate Reality を通り過ぎてTalesの下降点に立った時、奈落の底へ落ちるような気がした。
実際、かなりかぶっている上、とりつきのテラスも延々スラブ状に傾斜している。そのためクラックに中間支点をとりながら下降しないと取り付きには降りられない。はじめはそうとは知らず壁を蹴りながら降りたが、結局取り付きには触れることも出来なかった。その後登り返してまた振って・・など散々苦労して、登る前に力を使い果たした。

IMG_5325.jpg
Tales取り付きからロストラムがよく見える。

ロケーションも、クラックの美しさも、かぶり具合も威圧的ですごい。これは絶対に登って帰りたいルートだった。

でも、私の頭の中にはすでに帰国後のことも浮かんでいた。Yosemiteで玉砕して日本で使い物にならないんじゃダメだ。
だから、肋骨を悪化させないためにも「1日2便まで」と決めた。それ以上はやらない。登れなかったら実力が足りなかったと思って来年以降またやればいい。

また、とりつく順番もたぶん重要だった。どうやらワイドムーブとロープ操作が一番肋骨に来るみたいだった。それで、ワイドとユマールがどちらも出て来るTales of Powerは最終日、と決めた。

IMG_5249.jpg
今回の大きな収穫は、「フィンガーって楽しい」「ワイドって楽しい」と思えるようになったこと!

結論からいうと、どのルートもその日1便目で登れた。
この頃になると私たちの行動パターンもこなれていて、暑い時間に真っ向勝負をかけるのはやめた。早朝と14時半過ぎからのトライに限定して、お昼はCamp4で優雅に過ごすのだ。その作戦も功を奏した。また、汁手の私の感触では、夕方よりも朝一の方が良かった。たとえタイムアップでルートに陽が当たり出しても、岩自体がまだ冷たいので、陽が陰ってすぐの午後よりもだいぶ良い感じだった。

とくにここ数年で一番出し切ったトライになったのがCrimson Cringeだった。かなり早い時間から陽が当たり始めるルートなので、トライ中はずっと照りつけられていた。かつ、前回のTRトライは痛すぎて途中から各駅停車エイドだった。ムーヴもプロテクションもほとんど覚えていない。

IMG_5303.jpg
"テーピングはズレるもの"だと思って諦めるしかない。

核心であるはじめのフィンガーを超えたあとも、その後のハンドセクションは長いだけでなく、少しかぶっているしレストポイントもない。ぬめってめくれあがったテーピングはジャムの邪魔するし。ランナウトせざるを得ないセクションながら、もういつ落ちてもおかしくない必死さ。重心が下がり、スメアした左足が滑り、ハンドがずり落ち、激しく肩で息をする。

そしてそこを抜けても、まだ終わりじゃない。最後のフレーク部分はムーヴを起こすのすらはじめてだ。
Sさんの、「レイバック」「ニーバーきめたらもう落ちる気がしない」という言葉を信じて突っ込むが、すでに前腕にも太ももにもふくらはぎにも体幹にも余力というものが残っていない。ニーバーががっつりきまっても落ちそう。レイバックも超全力。
身体張力が使えない。フリクションというフリクションを駆使して留まる。
きっとものすごく滑稽にもがき苦しんでいたと思う(笑)。

だから最後のノブを掴んだ瞬間、「やった!やった!」と叫んだ。

IMG_5298.jpg
せっかく撮ってもらったのに自分が小さ過ぎて見えない・・(笑)。


IMG_5338.jpg

Tales of Powerは、下半分はアプローチ。上半分のシンハンドが核心なのだが・・・、うん。たぶん「サイズ問題」だと思う。

IMG_5339.jpg
中間のテラスでテーピングを剥がす作戦が良かった。前日のCrimsonの傷もあったので、どちらにせよ1便が限界だったかも。

こうしてYosemiteの3週間半は終わった。

IMG_5343.jpg
このピザ美味しかったなー!

最終日も真っ暗になるまで登った後、Half Dome Villageで、このツアー最初で最後のピザを食べ、シャワーを浴びた。
Parkを出る前、Camp4へ寄り、まだあと数週間滞在する仲間たちに別れを告げた。


いつものように走る道すがら見えたEl Capの黒い影には、いつものように無数のヘッドライトの星たちがきらきらと瞬いていた。

IMG_20181019_110555.jpg

<完>

2018/11/2〜11/4 John Muir Trail Section Hike 〜Silver Lakes-Yosemite Valley〜 Day2-3

【Donohue Passを超えて】
11/3、4時半起床。少し寒いが、ぐっすり眠れて頭はすっきりとしている。心配された高所障害も全く出ていないようだった。
起き上がり、シュラフに入ったままの状態でまずバーナーに火をつけた。座ったまま微睡んでいるとテント内はすぐに温まった。シュラフを出る決心がつき、テントを出てBear Canisterを取りに行く。風はなく、辺りは静まり返っていた。

テントに戻ると今度は湯を沸かす。ひとりだと全てがマイペースで良いので気楽だ。朝ごはんはスーパーで買ったドライマッシュポテト。いくつもフレーバーがあって、お湯だけでマッシュポテトになる。安いし軽い。カロリーは1袋で約440kcalと、山の朝食にちょうどいい。

IMG_4989.jpg

でも作り方は大切。まず器に熱湯を注ぎ、そこへかきまぜながら少しずつ粉を入れていく。そうすることでしっとりとした美味しいマッシュポテトになるのだが、この逆順、つまり粉にお湯をかけるやり方では大抵うまくいかない。
しかし、朝から芋だけで440kcalを摂取するのは意外と大変だった。
この日は1袋分作ってしまったのに、食べきれず半分残した。そのせいで軽くなるはずの荷物がむしろ少し重くなったかも知れない。
ゆっくり準備し、テントを出たのは6時。それでもまだ辺りは真っ暗だった。

ここのところどんどん日が短くなっていて、明るくなる時刻は6時半を過ぎている。
テントを撤収していると、不意に人の声が聞こえた。同時に、揺れるヘッドライトの光がどんどんと近づいてくるようだった。
真っ暗なので顔は見えないが、どうやら15Lほどの小型ザックを背負ったトレラン風の2人組だった。スピードを保ったままの彼らと挨拶を交わす。一体どこから来て、どこまで行くのだろう。テント泊装備は持っていないように見えた。2人はそのまま足早に通り過ぎて行った。


IMG_4996.jpg
6時半過ぎ、私も出発した。東の空は今まさに昇らんとする太陽の陽で赤く燃え上がっていた。


IMG_5001.jpg

日がすっかり昇った頃にDonohue Passを通過した。ここから先はYosemite National Park内となる。

IMG_5003.jpg


IMG_5007.jpg
稜線上には万年雪の残る高峰の姿が。

今日の行程は基本的に下りだ。当初の予定ではTuolumne Meadowsの手前で幕営するつもりだった。でも昨日予定よりだいぶ歩いたせいで、それだと今日の行程がかなり短くなってしまう。しかし問題なのは、「Tuolumne Meadowsの半径4マイル以内ではキャンプ禁止」というルール。Tuolumneの4マイル圏内に入ってしまったら最後、Meadows内の有料キャンプ場に泊まるか、通過して更に4マイル以上離れた、翌々日のキャンプ予定地まで行くしかない。でも昨日の感じなら、それも十分可能そうだ。

それに、昨日は念のため水を3リットル担いでいた。昨日1日歩いてみて、大体アプリの示す通りに水がとれることが分かったから、今日は思い切って1リットルに減らしている。
とりあえず行けるところまで行ってみるとしよう。

【休日で賑わうTuolumne Meadows】

標高約3370mのDonohue PassからTuolumne Meadowsまでは標高差約900mの下りになる。Tuolumneを通過することを考えると今日の行程は20マイル(32km)で、昨日の倍になる。得意な下りはスピードの稼ぎどころ、快適なトレイルを駆け下った。

岩場をひとしきり下りきって谷底へ。そこは、さながら尾瀬だった。

IMG_5013.jpg
尾瀬の歌を口ずさむ。


氷河が削り出した谷は、水流が削り出す日本のそれと違って広大で平らになる。
こんな谷底の大平原も国内では見られない珍しい光景だ。

IMG_5048.jpg

1時間に1回くらいは、ちょうどいい段差を見つけて座り、数十秒ザックの負荷を抜く。2時間に1回くらいはザックを下ろして補給する。そんな感じでマイペースに歩き続ける。この”1時間に1回くらいの数十秒レスト”がなかなか効率的で、大したタイムロスにならない割にその後のペースは上がる。こういうちょっとしたレストやウエアの着脱などは、誰かと歩いているときは「好きな時にいつでも」というわけにはいかず、時としてそれがスピードダウンに繋がる場面もある。ひとりの気楽さはこうした面でもプラスに働くところがある。

IMG_5050.jpg

景色に感動しながら楽しく歩いていたら、お昼頃にはTuolumne Meadowsに到着した。朝すれ違って以降人には会わなかったが、このエリアへ近づくにつれ急に人気が増した。土曜日だからか、観光客やトレッカーが沢山いた。人里に降りてきた、という気分だった。

IMG_5069.jpg
次々あらわれる巨岩。

はじめてクライミングでヨセミテを訪れた6年前、1週間滞在して以来のTuolumneは何だか懐かしかった。一番印象に残っているのはFair View Domeだ。Regular Routeという5.9、12ピッチの素晴らしいマルチがある。だがこの道中でその姿を見定めることはついにかなわなかった。


IMG_5061.jpg

快活そうな老夫婦が、大きいザックに興味を持って話しかけてくれる。
“2日前までValleyでクライミングしてたんだけど、今はBackpackingしてるの!”
簡単に説明したらそうなった。そして、ただそれだけのことなんだと気が付いた。
怪我をしたからとか、そんな理由は些細なことで、どうでもいいことだった。

【Cathedral Lakes、絶景のテント場へ】
Meadowsを無事早い時間に通過、本日の目的地であるCathedral Lakesまであと4.4mileの標識が現れた。時刻は13時過ぎ。十分明るいうちに着けるだろう。
最後の3マイルはまた登りだ。といっても至極緩やか。ここら辺でやっと、持参した1リットルの水を飲みきった。最後の樹林帯では、アプリで「水場」と表示されているところでも干上がっているポイントがあった。
Cathedral Lakesから3.5kmのポイントで、豊富な水流にあたる。テン場から一番近い水場はまだ上にあるのだが、ここで念のためまた1リットルを補給した。


多くのトレッカーとすれ違い、会話をした。大荷物を見て”JMTかい?Niceだね!”と言う人や、”もしかしてLakesで泊まるの?”と尋ねる人。その誰もが、”Cathedral Lakesはamazingだったよ!本当に!きっとsuper gorgeousな夜になるね!”と口を揃える。やたらと期待を持たせてくれるじゃないか・・。早く行ってゆっくりしたい!と思うと、歩速は自然に早まった。

IMG_5097.jpg
特徴的な形のCathedral Peaksがあらわれはじめる。

16時ちょっと前、テン場から約1kmのところにある最終水場にたどり着いた。しかし・・ここで不安が的中。沢は枯れていた。沢床は比較的面積がありしっかりとした水流だったはずだが、水音は皆無、湿り気すらない。
しかしさっきの水場までは往復5kmで、今から行くには遠すぎる。仕方なく、トレイルを外れて少し沢筋を遡ってみた。すると、数メートル上流に氷を発見した。

IMG_5098.jpg

テン場は湖のほとりの様だが、地図にもアプリにも水場マークはない。ここで水を作って持って行くのが無難だろう。ザックを下ろし、水作りをはじめた。

ナイフで氷を割って、呼び水を入れたウインドバーナーで温める。ここで濾過式浄水器が活躍した。松の葉や砂だらけの氷が溶けた水を、溶かしてすぐに浄水器に詰める。浄水器があるから煮沸する必要がなく、ガスの節約になる。そして浄水器の口からナルゲンボトルへ移し替える。これにより、人力で取り除くのはほぼ不可能に等しい大量の葉や砂も綺麗さっぱり除去することが出来た。

水2リットルを作るのに20分とかからなかった。合計3リットルの水を担いでまた歩き始めた。最後の登りだ。
この時間になると、もうあたりに人の気配はなかった。

IMG_5123.jpg

着いた。ここが今日のテン場だ。またしても一人っきり。
静かな湖の向こうで、白い花崗岩の大岩峰が悠々と虚空を支配している。
今夜もここら一帯、ざっと5km四方くらいの贅沢な空間を独り占めだ!


【湖と針峰、夕日にコーヒー】
17時、行動終了。本日は行動時間10時間半、移動距離は32kmだ。靴の中が蒸れてかかとの皮膚が少し痛い。靴下はもう少し薄手のものでも良かったかも知れない。

IMG_51292.jpg

湖のほとりにテントを張った。本来、JMTには”キャンプ指定地”なるものがあって、そこ以外の場所でテン泊してはいけない。だが地図(縮尺が大きすぎる)に示されている位置はざっくりだし、実際に囲いや看板があるわけでもない。シーズンオフで人が居ないのもあって細かい位置は分からない。適当に、あまり環境に影響がなさそうな場所を独断で選定した。

ここも標高約2900mと高めではあるが、昨日のテン場よりは暖かいし風もなかった。だーれも居ないから、大空の下で伸び伸びと着替えをする。楽だしとても気持ちが良い。

IMG_5131.jpg

防寒仕様にすっかり着替えたら、テントの外にマットを敷いてコーヒーのための湯を沸かした。食べきれなかった今日分の行動食をつまみながらCathedral Peaksを見上げる。湖畔には小鳥がつがいで居て、熱心にずっと地面をつついていた。

IMG_5142.jpg

熱々のコーヒーを舌の上で転がしながら、1日が終わりを告げる刻、その空色の変化を楽しむ。地平線に近づいた太陽光が複雑に屈折して生じたその橙色が飛行機雲を深く染め上げてゆく。刻々と変化するその様子をただ見つめるだけの時間。感覚が研ぎ澄まされ、頭は冴え渡る。でも心は穏やかだ。Wifiルーターを持ってきたものの、ずっと圏外。それでいい。こんな景色を見せてくれようとして、岩のことばかり考えていた私に、何らかの力が働いた。そう信じ込んでしまうほどに、この景色とこの時間は得難いものだった。


【Valleyへ】
翌朝、11/4は4時に起きた。昨日より30分早く起きて、30分早く出るつもりだった。昨日のペースで歩ければ、昼過ぎにはCamp4に戻れる。そうして5日、6日、7日と三日間をクライミングにあてられる。心なしか肋骨のパコつきも少なくなっているようだった。

今朝は昨日ほど寒くなかったからか、起きてすぐテントを出られた。朝一でもよおして、トイレ穴を掘ろうとスコップを地面に突き立てる。地面は凍っており、植物の根も張っていて硬かった。次の瞬間、まだ一打目だというのに、ぼきっという音をたててスコップはあっけなく折れた。

IMG_52372.jpg
やっぱりプラスチックじゃ駄目らしい。ま、$2だったし、いっか。
その後は、折れたスコップの先と石とを上手く使って何とか用事を済ませた。

今朝はマッシュポテトも随分うまくいった。あらかじめ熱湯を注いだ器に、粉を少しずつ振り入れながらかきまぜる。やはり半分くらいを残して丁度いい量のマッシュポテトが出来上がった。テント撤収をすませると、昨日より30分以上早く出発できそうだった。
しかし、何故だろう。すでに空が白み始めている。時刻はまだ5時半で、昨日は真っ暗だったはずだ。

IMG_5143.jpg

だがこの時は、11月第1週日曜日の午前2時に人知れずサマータイムが終わり、スマホの時計も自動的に1時間ずれるという事実を全く知らなかった。
そして日に日に日の出時刻が遅くなっているのも相まって違和感の域を超えず、気づけば朝焼けの美しさの前にすぐさま忘れてしまった。

IMG_5146.jpg

今日の行程は、Happy Islesまで17.5マイル。はじめに標高差150mほどのCathedral Passまでの登りがあり、一旦下ったあとに再度同じくらいの高度を登り返す。その後はYosemite Valleyの谷底まで標高差1600mを一気に下って行く。

Valleyが近づくにつれて、景観はこれまで見慣れていたものへと変わっていった。大きな山火事跡を通過すると、Half Domeの後ろ姿が見え始めた。

IMG_5196.jpg

此処まで来ると、もう冒険は終わったという感じがした。そうなると「のんびりひとり旅」は、ただの「下山作業」になった。ペースはどんどん早くなり、ザックを下ろす回数も意識的に少なくした。周りにトレッカーが現れ始めたらもう、自分のペースでは歩けない。今日何時までに着ければ、あれをして、これをして・・と雑念だらけになった。
そんな調子だから、最後のMist Trailの下りは一番キツかった。数日前も一度ぐるっと歩いており、知っている道だというのに矢鱈と長く感じられた。

Happy Islesのバス停が見えると、ほどなくしてバスがやってきた。空身の観光客たちが続々駆け寄って行く。何故かつられて私も走ってしまった。

IMG_5236.jpg

バスは休日を楽しむ人たちで大にぎわいだった。

【スイートホームに帰還】
Camp4へ戻ると、ボルダーをしていたGachioくんたちに会った。Silver Lakeで別れてからたった3日しか経っていないとは何とも不思議な感じだった。
その後、夕方になって他のクライマーたちもSさんもCamp4に戻ってきた。
みなこの3日間も変わらずクライマーで居て、クライミングをしていたんだな。当たり前のことがどれも新鮮に感じられる。
ツアーは泣いても笑っても、あと3日。たとえ明日の朝、まだ肋骨がパコパコしていても、私はもうくよくよしたりしないだろう。

今回、John Muir Trailへ行く決断をしたのはとても良かったと思う。小さなことがどうでも良くなったし、怪我をするたびに訪れるメンタルとの戦いに勝利するためのヒントを得られた気がする。そしてTuru-Hikeをしてみたいという気持ちもより一層強くなった。更に、この体験が私にとって特別なものになったのは、「一人だった」ということにあるだろう。シーズンオフで”solitude”を満喫出来たことが、自然との一体感をより強くしたと思われる。
ありがとう、ビッグアメリカの大自然。残り3日間も精一杯楽しむよ!

<JMT編完。「最後の三日〜Yosemiteまとめ」につづく>

2018/11/2〜11/4 John Muir Trail Section Hike 〜Silver Lakes-Yosemite Valley〜 Day1

【パコつく肋骨】
10/31、目が覚めた。肋骨は・・まだぱこんぱこん言ってたorz
患部にタオルをあてて、テーピングを貼り直す。すでにテープかぶれが出来ていてヒリヒリした。
起き上がる動作、背中側にあるものを取ろうと手を伸ばす動作、立ち上がる時のプッシュ動作、全部痛かった。だめだこりゃ。

Sさんには、改めて、クライミング自体無理っぽいこと、しっかり数日休むことを告げた。
幸い、日本人クライマーや同じキャンプサイトで毎日顔を合わせている他のクライマーなど、Sさんのパートナー探しは問題なかった。
Salatheのみならず、Free Riderも行けなくなったのは本当に申し訳なかった。でもSさんはむしろすごく気遣ってくれて、それがまた申し訳なかった。

IMG_4869.jpg
Valleyに新しくオープンしたスタバへ行った。でも普通のスタバで、とくに面白いものはなかった。


私が本格的にレストすることになったので、そうした周りのひとたちにも肋骨骨折のことを話した。
これまでも特に隠していたわけではなかったが、話す必要もないので黙っていた。でも、みんなに話したらなんだかすっきりした。みんな優しく励ましてくれた。クライマーなら誰しも何かしらの怪我とか経験していて、お互い辛い気持ちは共有できるものだ。
ひとりじゃない、と思った。

残りの日程を可能な限り有意義に過ごすこと、それがこれからの最大目標になった。
よし、そのためにどうするかをじっくり考えよう。


IMG_4924.jpg

ひとりMist Trailを歩きながら、これからどうしようか、考えた。こういう1day hikeをしてValley内でダラダラ過ごすのは楽しくなさそうだった。どうせならまとまった時間がないと出来ない、もっとワクワクするようなことがしたかった。


【憧れのJMT】
Sさんは「John Muirとか、もし行くならスタート地点まで車で送って行くことも出来るよ」と言ってくれた。そうか・・憧れのJohn Muir Trail。それなら失意のレストもさぞかし充実するだろう。

pecomaはLINEで「ヨセミテにいるんだからメソメソするなんてずるいよ!」と、pecomaらしい激励の言葉をくれた。
同じく大学時代からの山仲間、変態ソロクライマーのRickyにも相談してみた。いちおう私より真面目に医者やってる整形外科医だし。
Ricky医師は、
「介達外力(直接ぶつけたのではない、間接的な力)による肋骨骨折なら、痛みの我慢できる範囲内でクライミングしても悪化はしないと思うよ」とアドバイスをくれた。

Astromanのあと悪化したけど・・っていうのは取り敢えず置いといて、この専門家のアドバイスは大きかった。
つまり、自分なりの解釈はこうだ。
「肋骨がパコパコいわないAstroman以前の状態に戻ったら、クライミングを再開しても問題ない」
それなら・・!と希望が湧いてきた。
残り滞在日数は、今日を入れてあと8日だ。
昨日はクライミングしちゃったから、今日から数えて丸5日レストしたとして、それでもし状態がよくなったら。
残り3日はまたクライミングが出来るということだ!!

そうすれば、宿題になっているButterballsとか、Tales of Powerとか、Crimson Cringeもまた行けるかも知れない。
よーし!しっかり療養するぞ!心も体も、John Muir Trail で!


【セクションハイクをプランニング】

IMG_4926.jpg
JMTのトレイルマップは冊子になっている。見やすいカラー刷りのテンションが上がるマップだ。

John Muir Trailは、かの有名な冒険家John Muirさんが開拓した、Californiaの絶景を次々通過するawesomeなトレイル(雑)だ。
トレッキングの聖地とか呼ばれているそうで、毎年世界中からトレッカーが集まってくる。
その全行程を歩くことを"Thru-Hike"といい、Yosemite Valleyの Happy IslesをスタートしてCalifornia州最高峰のMt.Whitneyへと至る。全211マイル(約340km)、ガイドブックでは21日間で踏破するモデルケースが紹介されている。
ただ、そんなに長い休みを取れない人も多い。ということで、部分的にJMTを楽しむ"Section Hike"という方法が一般化している。
私は今回このSection Hikeを計画してみることにした。

準備の時間も考えて、出発は11/2と決めた。せめて最後の二日くらいはクライミングしたいから、11/5か6には戻りたい。
かつ目的は肋骨の療養(?)なので、あんまり頑張るのも良くない。トレイルの状態も分からないし、重い荷物を持って歩くの自体久しぶりだから余裕を持ったプランがいいだろう。色々考えると、Silver Lakesというところからトレイルを歩いてJMTに合流し、逆走してValleyに戻ってくるプランがちょうど良さそうだった。モデルケースによれば4泊5日くらいの行程なので、3泊くらいで歩けるのではないだろうか。

早速、準備にとりかかった。
まず、はじめにやることは、Permitの取得だ。
これは、JMTに限らずover nightのトレッキングに行く際に必ず必要となる。
JMTのシーズンは6月〜10月で、この期間内だとPermitの取得は少し複雑になる。
とにかく大勢の人が訪れるため、National Park側はこれにより厳しい人数制限をしている。
数ヶ月前からオンラインで予約するか、当日直接キオスクに並んで取得するしかない。
だが、調べてみると、どうも11月からはオフシーズンということで、Permitの取得もかなりゆるくなるようだった。これはラッキーだ。

シャトルバスでValley内のVisitor Centerに行ってみた。
聞くと、予定しているスタート地点Silver LakesはYosemite National Parkの外。だからここではPermitが出せないらしい。
レンジャーのお姉さんが電話で調べてくれた結果、この時期あいているPermit StationはMammoth LakesのWelcome Centerだということが分かった。朝8時オープンだという。つまり11/2、出発日の朝にここでPermitをとってから歩き始め、ということだ。

次に、装備のなかで一番重要なものをゲットする。それが"Bear Canister"だ。

IMG_4927.jpg
こんなにビッグ。蓋はコインで開ける。クマが壊せないよう、専門家が研究を重ねたお墨付きらしい。

買うことも出来るが、ValleyのVisitor Centerでレンタル出来る。レンタル代は$5/week。やたら重いけど必須アイテムだから仕方ない。
これに4泊分の食料を詰め込んだ。なんだかワクワクしてくる。

他に、必須ではないかも知れないが、"準必須"くらいなのがスコップと浄水器だ。

スコップはトイレ穴を掘るためのもの。トレイルからも水場からも30m以上離れた場所に、15cm以上の穴を掘らなければならない。日本人のサイトではチタン製のものが推奨されていた。
でもValley内のMountain Shopにはプラスチック製のものしか売っていなかったので、それを買った。$2だった。
浄水器は沢の水を飲むためのものだ。煮沸すれば大丈夫だろうが、そのまま飲むのはよくない。これがあれば煮沸せず、その場で冷たい沢の水を飲むことができる。これも購入した。錠剤とか光とか、色んなタイプのものがあったが、一番軽くて安くて理解しやすい(?)濾過式のものにした。$45くらいだったと思う。


IMG_4962.jpg
トレッキング初日、最初の水場で記念撮影!そしてこの濾過式浄水器はこのあと意外な形で活躍を見せる。

これで必要装備は揃った!(まるでRPG!)
またシャトルバスでCamp4に戻り、パッキングを開始する。テントなど、明日の朝まで撤収出来ないものは後にして、片付けられるものからパッキングしていく。
友達になったクライマーたちが"Enjoy!"と言ってくれた。8日でThru-Hikeをしたというクライマーも、きっと楽しいよと話してくれた。期待高まる。
Mammoth Lakesまでは車で2時間半くらいかかるようなので、11/2は5時半にCamp4出発だ。Sさんは快く了承してくれ、成り行きで強強クライマー"Gachioくん"も同行することになった。

早めに夕飯を済ませてシュラフに潜り込む。
まだ時間も早いし、Camp4はいつもの賑わいを見せていた。
人々の行き交う音、笑い声。いつも通りのそれらが、この夜は心なしかより愛おしく感じられた。
明日の夜は一転、静まり返ったテントサイトで、もしかしたらたった一人で幕営しているかも知れない。
広大なアメリカの大地を一人で歩くのなんてはじめてだ。そう思ったらワクワクするし、ドキドキもした。
どんな冒険が待っているのだろうと思うと、ちょっと興奮して寝付けなかった。


【11/2、出発!】
夜明け前のValleyを後にする。2週間のスイートホームを撤収。Gachioくんが車を出してくれることになり、3人で乗り込んだ。
数日前に合流したクロヒゲさん夫妻から、「Mammoth Lakesの近くの温泉」の情報を得ていた。私をトレイルヘッドまで送り届けてくれたあと、二人はその温泉に寄って帰るというプランだった。
車を走らせ、懐かしいTuolumne Meadowsを通過、Parkのゲートを出る頃には朝日が昇っていた。
そこから先は、Valley内とは一転、"The Big America!"ともいうべき壮大な景色が広がった。

刻々と変化する景色に3人ともから歓声が上がる。これからの旅もこんな景色の中を歩いて行くのだろうか。

_DSC5650.jpg
Gachioくんと!

ちょうど2時間半ほどでMammoth Lakesの街に到着した。Permitは優しそうなおばさんと話して紙に記入するだけで終了した。お金はかからなかった。そこからまた30分ほどドライブして、Silver Lakesのトレイルヘッドまで送ってもらった。
ついに、はじまる。


_DSC5653.jpg
いってきまーす!!お見送りありがとう!温泉楽しんでねー!


IMG_20181102_111021.jpg
後日見せてもらった絶景温泉の写真!!(写真thx!)
これは行ってみたい!

【10.7マイルハイクから、標高3200m絶景のテント泊】
歩き始めは9時半ころ。
Mammoth Lakesの街がかなり寒かったので少し心配だったが、この頃には日も高く昇り、登っていると汗ばむくらいになった。

IMG_4953.jpg
初日の行程はJMTと合流するところまで。3つの大きな湖を横切るトレイルだ。2つ目の湖は大きなGem Lake!抜けるような青空が眩しい。


そろそろ3つ目の湖が見える頃。最後の湖が3つの中で一番大きい。どんな湖かなと期待していると・・・

IMG_4966.jpg

あれ、火星かな?


荷物は体感20kg弱といったところ。標高3000mを超えるところもあるので、持ってきていた冬用アンダーなど防寒具も多めに入れてきた。
歩荷筋(?)が貧弱なせいで、疲れより先に肩が痛くなる。ザック麻痺になっても嫌だから、こまめに座ったりして荷重を抜く。荷物を背負うときも、段差に置くなどして丁寧にやれば肋骨は問題なさそうだった。

IMG_4970.jpg
トレイルは明瞭で歩きやすかった。サクサク歩けて、目的のJMTとの合流点には14時ころ着いた。幕営するにはまだ早い。


IMG_4972.jpg
地図ではこの辺りも幕営適地となっている。焚き火跡もあった。


JMTは本来、Valleyを出発し、少しずつ高度を上げながらMt. Whitneyへと達する。それが高度順応という点で理に適っている。しかし今回は逆走コースなので、標高の高いところから低いところへと移動していく。今日は、1日で標高約1200mのValleyから一気に3000m超へ到達する。今日のうちになるべく距離を稼ぎたいのはやまやまだが、どこで寝るかは悩みどころだ。明日の行程であるDonohue Passの峠越えが今回のセクションハイクの最高到達地点。今日中にDonohue Passを超えるのはたぶん厳しい。しかしその手前で終了となると、睡眠高度は歩けば歩くほどに高くなる。


IMG_4977.png
スマホで何でも出来るご時世。JMTも専用フリーアプリがある。このアプリには水場とテン場の位置が示されており、あらかじめDLしておけばオフラインでもGPSで利用可能だ。


IMG_4976.jpg
あれ、いつの間に天国にいるんだけど地形図あってる?


Donohue Pass手前の最後の水場マークは標高3200mだった。時刻は17時ちょっと前。日が沈むのは18時なのでまだ歩けるが、テンバを探すにはちょうどいい頃合いだ。


IMG_4982.jpg

それに加えてこのロケーション!


もうここ、テンバでしょ。って即決しました。


IMG_4986.jpg
標高3200mの場所に水の流れる大平原。日本では見ることの出来ない、氷河が作り出した不思議な地形。


本日の行動終了、17時。行動時間7時間半。歩いた距離は10.7mile(約17.2km)。
標高3200mなので、日が落ちると流石に寒く、着込んでテントに潜り込んだ。風も少しあった。
ウインドバーナーでテントの中をあたためて、お湯を飲んで、ビッグウォール用に持ってきていたアルファ米を食べた。
干し芋とジャーキーも火で炙って食べたら美味しくてハマった。
私以外、誰も居ない。というか今日出発してから、誰にも会っていない。聞こえるのは風の音と、すぐそばを流れる水流の音だけ。
今までないくらいに心が穏やかだった。

今の私には、クライマーやクライミング環境からしっかりと距離を置いて自分を見つめ直す、こんな時間がきっと必要だったのだと思う。肋骨はまだ動いているけれど、今日1日で悪化した感じはなかった。

初日から想像以上の絶景に恵まれたJMT。明日の行程が楽しみで仕方ない。
食事を終え、寝ることにした。Bear Canisterはテントから離れたところに置いておかなければならない。
ここには絶対クマ居ないよな、と思いつつ、就寝前のトイレついでに持って出た。

明日はどんな絶景に出会えるかな。


<To Be Continued...>

2018 10/27〜28 Washington Column "Astroman" 5.11c 11pitches day2

【Astroman Day2〜Tough, long and painful day...】
10/28、朝3時起床。
夜間、胸の痛みで何度か起きた。
昨日のEnduro Cornerトライの後から何となく、右胸の違和感が増強していた。

IMG_4805.jpg
朝ごはんを胃に押し込んで、登る日以外は温存してきた大切なロキソニンをまた1錠内服した。

昨日、ケルンを積みまくったおかげでアプローチはスムーズだった。デポしたギアも無事回収し5時ころにはユマール開始となった。
荷物は私の35Lザックに全てまとめ、ビレイループからぶら下げる。上に左手用のアセンダーを、下にグリグリ2をセット。右手でロープを引き上げようとしたところ、右胸に激痛が走った。

ぶら下げた荷物を引き上げるのもひどく痛い。もたもたしていると、Sさんが「荷物は俺が持つよ」と言ってくれた。ここは素直に甘えたほうが良さそうだ。それにしても、なぜこんなに痛いのか分からない。昨日無理なムーヴをした自覚は全くない。ただ、Enduro Cornerの核心を超えた後で「ずきっ」ときたのは気になっていた。もしかすると何かしらの理由で、肋骨骨折が悪化したのかも知れない・・


【10/17、OSトライでロングフォール】
Valleyに到着して三日目。Cookie Cliffの看板ルート"Outer Limits"を2ピッチ繋げてOSトライした時のことだった。


IMG_4297.jpg
エリアで一際目を引く30m超のフレーク/ハンドクラック。1ピッチ目は5.10cで★4つ。日中は暑すぎて厳しい。早朝か、午後日が陰るのを待ってトライしたい。

1ピッチ目を登り切ったとき、すでにメンタルもフィジカルもかなり消耗していた。
#3も#4も置いてきたのが大きな間違いだった。そのせいで激しくランナウトしつつ、すでに#2は使い果たしていた。
左のテラスにあがればピッチを切れる。でもクラックはまっすぐ上へと続いている。
この時は、このままOSトライを継続したいという気持ちが勝って、つっこんだ。
2ピッチ目は、ひきつづきクラックをたどってハングにぶち当たったら、ハング下のフィンガークラックを5mほど真横にトラバースする。

だが、2ピッチ目を登り始めて数メートルで早くも後悔しはじめた。
ハングまでのハンドクラックもずっと#2サイズだったのだ。しかもクラックは少しずつ広がっていっている。
ちょっとだけ狭くなっている場所を見つけて、開き気味の#1キャメロットをセット。そこが最後のプロテクションになった。だが奥が広がっているのでカムが歩いたらアウトだ。

怖さから、そこから先の一手一手も全力で、だいぶパンプしながらハング下までたどり着いた。落ちられない。が、体勢が悪くレストも出来ない。核心のトラバースはかなり悪そうだった。外傾したピトンスカーをつなぐ際どいムーヴになりそうだ。しかも拾えそうな足は全くない。

とりあえず、早くプロテクションを取りたい。出だしのピトンスカーにエイリアンを2つきめた。テスティングしたら1個抜けたから、きめ直してもう一度テスティングした。
今度は大丈夫。ロープをかけた。

2、3手耐えればガバカチに届きそうだが、そこまでのホールドは非常に甘かった。探っているうちにぬめってきた。しかしそろそろ行かないとヨレ落ちするのは時間の問題だ。もう一度テスティングしてから、一手出した。次の一手はデッドだ。次の瞬間、ホールドを捉えられず、フォールした。

一瞬の出来事だったが、ずいぶん長い距離を墜落した。固め取ったエイリアンが2個とも弾け飛び、その数メートル下にきめていたあの#1キャメで止まったようだった。Sさんから「大丈夫!?」と声がかかる。私はといえば・・。首はヒリヒリしていて多分ロープバーンになっている。でもそれ以外はどこもぶつけていない様子。かすり傷もなかった。

暗くなったのもあってRPは諦め降りた。そして帰りの車の中ではじめて、右胸の違和感に気づいた。
違和感は痛みに変わり、「肋骨骨折かも?」と疑いはじめた。しかし腫れてもいないしアザの1つも出来ていない。それでも、痛むところを探って押してみると、嫌な圧痛があった。たぶん折れている。ロングフォールによって何らかの間接的な衝撃が局所に加わったのだろう。同じ原理で骨折でなく肉離れが起きたとも考えられる。結局その翌日も痛みは続いた。
でも痛み止めを飲めば登れないことはなさそうだった。


【長い1日は、まだ始まったばかり】
空身になって、ユマールを開始する。しかし、体勢を工夫しても、右手と左手を入れ替えても、猛烈な痛みで動きが鈍った。
これまでの1週間登り続けてきて、痛みはあったものの、とくに悪化はしていなかった。むしろここ数日はもうだいぶ良くなったようだと思っていたほどだった。何が起こったかはさっぱり不明だが、とにかく痛過ぎた。ユマールは遅々として進まなかった。
そのうち痛みと焦りとで吐き気がしてきた。なんとかたどり着いたはじめのアンカーでロキソニンを更に2錠飲んだ。
そこからはロープ70m分をほぼ空中ユマールだ。気が遠くなるようだった。でも半分ほど登ったところで、少しずつ薬が効いてきたのを感じた。

昨日OSしたEnduro Cornerが、今日は永遠に続くかに思われた。喜びの雄叫びをあげたテラスに這々の体で辿り着く頃には、もう東の空がうっすらと明るくなり始めてしまっていた。どうしてこんなことに・・。様々な思いが去来する中、冷たいテラスに横たわって星を眺めた。気がつくと少し寝ていて、夜明けの冷たい空気に身震いした。
Sさんが到着し、登攀準備にとりかかった。本来なら夜明けとともに登攀開始したかったが、私のせいで少し出遅れた。
Sさんにも明らかに焦りの色が見られる。ほとんど休憩もなしに、すぐリードを開始した。
さあ、ついに長い1日のはじまりだ。


【Harding Slot、Changing Corners、そして】
4ピッチ目は24mほどで、Sさんは素早くリードを終了した。

続く5ピッチ目は40m。

IMG_4810.jpg

前半はそれほど難しくないワイドだが、後半部分は初めムーヴが全く分からず、かなり逡巡した。最終的にはワイドから飛び出して、左壁のホールドと右の尖ったフレークを使った大胆なステミングで解決。こんな奇想天外なムーヴははじめてだった。5.10cながらまたしても落ちられないランナウトを強いられ、このピッチにも時間がかかった。でも何とか早く、岩が灼熱と化す前に本日のメインディッシュであるHarding Slotへのバトンを手渡さなければと必死だった。

IMG_4814.jpg

そうして迎えた6ピッチ目。いよいよ、覚悟を決めた顔のSさんが離陸した。出だし数メートルはかぶった5.10cレイバック。順調に高度を上げるも、一時の逡巡があった。「ガンバ!」とエールを送った。しかし次の1手を出そうとするSさんの体はなかなか上がらなかった。ついに「テンション」のコール。残念ながらOSは出来なかった。だがそこで1テンションしたのち、核心であるはずのSlot部分は流石のSさん、するするとノーテンションで抜けて行った。フォローで登ったが、非常に難しかった。出だしさえ切り抜けられれば十分OSは出来たはずで、その点は残念だったが、やり直す時間はない。先へ進んだ。

7ピッチ目。ピッチグレードは5.11bだが、出だしは5.10前半だ。しかしこの頃にはすっかり高く昇った太陽が、ラインをこれでもかとじりじり焼いていた。かぶっていて先が見えない。手のぬめりを感じ、嫌な予感に包まれながらリード開始すると、ハングの抜け口でスリップ、あっさり落ちた。何度チョークアップしてもハンドジャムはぬるぬる滑る。不甲斐ない思いで次の一手を出すと、その向こうはまだ日陰で、快適なハンドジャムが続いていた。ああ、ここさえ抜けられれば・・。しかしすでに闘志はしぼんでいた。つづく核心の5.11b部分。何度かムーヴを起こそうとして、たぶんこうなんだろう、というのは分かった。だがそのムーヴは余りにパワフルで悪いムーヴに思えた。フォールするまでひとまず試してみても良かったのだが、解決できずにエイドする自分の姿が浮かんだ。エイドするくらいならフリーで抜けよう。時間もあまりなかったので、そうと決めたらもう迷いはなく、右の5.10c var.のラインから登った。

IMG_4819.jpg


8ピッチ目。"Changing Corners"をSさんリード。ボルダリーなマントルをこなした後に美しいコーナーのパズルを解く、実に個性的なピッチだ。Sさんはトリッキーなコーナーにやられてフォール。CornerがChangeしたあとは、また微妙なサイズのワイド登りが待っており疲れた。

IMG_4823.jpg

9ピッチ目は5.10a。時間は15時に迫ろうとしていた。レイバックから小ハングを乗り越えると傾斜が緩み、ワイドハンド〜フィスト、部分的にリービテーションでずり上がること50m。のろのろ運転もいいところだった。さらにハング下を10mトラバースしてピッチを切る。

IMG_4829.jpg


日暮れが迫っていた。

IMG_4827.jpg

10ピッチ目は5.10d R。時間が限られていたこともあり、部分的にエイドで抜けたとのことだった。17時半頃フォロー終了、そのままバンドを歩いて18時過ぎ、トップアウトした。


【North Dome Gullyの下降】

IMG_4830.jpg


ギアをまとめ、軽くエネルギー補給をしたらすぐ出発した。ガリーまでのレッジのトラバースはまだ辺りが見渡せる明るさだったが、ほどなくして日は沈んだ。

IMG_4831.jpg
North Domeを間近にのぞむ。

踏み跡ははじめ明瞭だったものの、露岩帯に入るとはっきりしなくなった。滑り台のようなスラブを慎重に降りたり戻ったり、右へ行ったり左へ行ったり、謎の残置スリングを見つけて懸垂しようか迷ったりと、30分ほど彷徨った。やがて見つけた踏み跡から露岩帯を脱出し、森の中の踏み跡を下った。しかしアプローチ道には合流できず、かなり左のほうからトレイルに合流した。ロープ回収は明日に持ち越しだ。
車に戻ったのは20時半ころ。長い1日が終わった。


今回のOSトライ、内容は満足出来るものじゃなかったけれど、ふたりとも実力は出し切ったし、その範囲においては一番いいトライが出来たと思う。だがその上で、やはり実力不足だったと痛感した。
技術だけでなく、体力、気力、どれも力足らずだった。
でも、次回はもっとうまくやれる気がする。
次なる目標はワンプッシュRPだ。


【エピローグ】
その夜は激しい痛みに悩まされた。仰向けで寝られず、寝返りも打てない。
ビッグウォールに行けるかどうかはかなり怪しくなった。

明くる29日は、朝起きてそのことをSさんに打ち明けた。
ロープ回収に行ってから、一番近いOakhurstの街へ出た。

IMG_4850.jpg
Oakhurstで本場のバーガーを食す。残したポテトはTo go boxへ!

呼吸のたびにぐぐっ、ぐぐっ、と肋骨が動いている。今まではこんなじゃなかった。結局この日1日買い物をするだけでも大変な苦痛だった。

これはもはやビッグウォール云々以前の問題なのでは・・。
と思いつつも、とりあえずビッグウォールに行く前提の買い出しをしてまたValleyに戻った。

そして翌30日は、SさんのリクエストでCascade Falls Leftの"Crimson Cringe"へ行った。私は大人しくしていると決めてビレイに徹した。
しかし、ビレイ3便目でやはり登りたくなってきた。


_DSC5609.jpg

Crimson Cringeは、甲斐駒ケ岳スーパー赤蜘蛛のスーパークラックによく似ている。
今日は胸にがっつりテーピングもしてきたし、どうしても登ってみたい。

Sさんは見事RP。だがこのルートは左上しているためフォロー回収が必要になる。TRなら大丈夫だろうと、回収便でトライしてみることにした。
そして幸か不幸かこの1便で、クライミングは休むしかないことがはっきりした。
もう、これはダメでしょ、っていう痛みだったorz

あと1週間を残して、私のヨセミテツアーは終了してしまうのか・・。
失意のうちに眠りについた。仰向けで寝られないから、横向きで。
ああ、明日目が覚めたら治ってないかなぁ・・・


<Yosemite レポ〜John Muir Trail編へつづく(笑)>

2018 10/27〜28 Washington Column "Astroman" 5.11c 11pitches day1

【Astroman Day1】

IMG_52892.jpg
ある朝のヒトコマ。スーパーのヨーグルトは全種類制覇した。


10/27、朝7時半起床。朝ごはんはパン。というところまではこの1週間と違わなかった。だが今朝はパンを焼いたところが、ちょっとした進歩だった。買って以来ほとんど使ってこなかったパン焼き網を今回の遠征に持ってきたのだが、1週間放っておいたのをふと思い立ち、引っ張り出した。パンは焼くと香ばしくなって数段美味しくなった。もっと早く焼き網を使えばよかった。
焼き網はパンだけでなく、トルティーヤにも、マフィンにも、直接ベーコンをあぶるのにも便利だった。

Camp4を出発し、旧Awanee Hotelのパーキングに車を停める。昨日パッキングは済ませてあるので、ザックを取り出して背負うだけで出発できる。
憧れのAhwahnee Hotelは、数年前なぜか”Majestic Yosemite Hotel”という名前に変わってしまった。下品な訳をすれば「ヨセミテのマジでヤバいホテル」という感じだろうか。トイレに行きたかったので、この日ホテル内に初潜入した。そこはテーピングを巻き穴の空いたクライミングパンツを着て入るのが躊躇われるような、Camp4の雰囲気とは全くの別世界だった。都会的な高級ホテルとは違うものの、まるでハリーポッターの世界のような、重厚で豪華な空間だった。綺麗な便座にゆったりと腰掛け、シャワー以外では本当に久しぶりの温水で手を洗い、それだけで心が満たされてしまった。便利な世の中に生活していたら感じられない感動を、染み染みと味わう自分がいた。

IMG_4769.jpg
手前のArches Wallも巨大で迫力がある。

IMG_4774.jpg
左にWashington Columnが、右奥にHalf Domeが見えてきた。

Astromanへのアプローチは、Mirror Lakeへと続くTrailを左に外れて、看板のあるところから明瞭な踏み跡を辿るのがもっとも効率的だ。ただ、初日はAstromanの取り付きへ直線的に向かうことを意識して、それより少し奥の方から不明瞭な踏み跡に入ってしまい、Scramblingになってしまった。

IMG_4794.jpg
アプローチでも自慢のアームカバーをつけておくべきだった!

巨岩帯を登り藪を掴んだ瞬間、「ぶうん!」という羽音とともに左前腕に痛みが走った。見ると小さな蜂が怒りぶんぶん唸っている。あまりの痛さに「いてててて!!」と大声をあげSさんを驚かせてしまった。結局2箇所刺されたようで、すぐに腕は腫れ上がり、数日後には刺されたところが潰瘍になった。小さな蜂だったのに、威力はやはりYosemiteスケールということか。

IMG_4785.jpg
でたー!

10時50分ころ取り付きに到着すると、1パーティがちょうどEnduro Cornerに取り付いているのを遠望できた。
「うわー、かっこいい!」

IMG_4795.jpg
3ピッチ目のEnduro Cornerと6ピッチ目のHarding Slotが見える。


Enduro Cornerのその上にHardning Slotも見えた。そして今まさにトライ中のクライマーがかなりの距離をSlotの奥から落ちてきた。うめき声も聞こえてくる。見上げる二人に緊張が走った。

「結構かぶってるねー・・」「というかSlotはルーフに見えますね・・」
「あ、Enduro Cornerの人、もうテンションしちゃったよ・・」


_DSC5569.jpg
しばし見上げ立ち尽くす。


遠目にオブザベ。顕著な凹角がとぎれるところがなんだか難しそうに見える。しかも壁は直射日光に照りつけられて随分暑そうだ。取り付きは幸い、木に守られて日陰だった。強い日差しに照りつけられているだけでも体力を消耗する。先行に追いついても暑い中待つことになるので、ここでゆっくりと登攀準備をすることにした。

今回改めて分かったことだが、やはりこの時期でもValleyは暑い。日陰と日向では暑さが段違いなのだが、いいルートはなぜか多くが東・南向きときている。本気トライをするには、10月〜11月頭くらいだったら日の当たらない時間を狙うしかない。
だが丸1日かかるマルチピッチとなると時間帯は選べない。ことAstromanは南東向きで風も少なく、朝早い時間から日が当たり始めて14時くらいまでずっと直射日光に照らされる。そういう意味でも、Astromanのワンプッシュトライは非常にtoughといえる。
今取り付いているパーティは皆おそらく”Astroboy”のひとたちだ。第2の核心である6ピッチ目”Harding Slot”の手前、5ピッチ目までなら、70mロープがあれば懸垂で降りられる。そこまでで終わりにするのを”Astroboy”と呼ぶのだそうだ。Enduro Cornerをリードしていたクライマーは何度もテンションしながらようやくテラスの上へと抜けた。セカンドがフォローを開始する。
そろそろ出てもいいだろう。12時頃、ロープを結び、意を決して灼熱の日向の世界へと飛び出した。


_DSC5571.jpg
待ちに待った瞬間!


【Ready... Go! Astroman, Start!】

1ピッチ目は右上の大きな木まで。SuperTopoでいうところの2ピッチ目まで繋げたかったが、ロープの流れが悪くなったのでピッチを切った。かわりにSさんが2、3ピッチを繋げて登ってくれ、一気にEnduro Cornerのビレイ点まで到達した。その頃には、大きなカンテに遮られ、ラインとなる凹角は日陰になっていた。小さなレッジに立って ラインを見上げる。出だしは快適そうなサイズのクラックがパラレルにずっと伸びている。よく見ればフェイスに細かいフットホールドもありそうだった。少し傾斜が変わっていてその先は見えない。目指すテラスははるか50m頭上で、確かに遠いのだが、この時にはそれほど大した距離には思えなかった。きっとアドレナリンが大放出していたのだろう。


IMG_4799.jpg
うん、なんかいけそう。


小さな容器に詰め替えて持ってきた液体チョークを塗った。はじめは「マルチに液チョー持ってくる人初めて見たよ」と言っていたSさんも、もう驚かなくなっていた。私は本当に手汗がひどく、思春期にはそれが大きな悩みでもあった。今もクライマーとして悩まされていて液体チョークは手放せない。手が乾いてくるのを待って、呼吸を整えた。「いけるよ!」とSさんがエールをくれる。うん、何か行けそうな気がする。「お願いしまーす!」と気合いを入れ、離陸した。

【Enduro Corner OS!】

_DSC5577.jpg
テラスから足が離れるその瞬間、腹は決まった。

はじめは快適なハンドジャム。長いけどとにかく無心になって登ればどんどん高度を稼げる。持久力勝負になるので、ここでいかにギアも体力も温存するかがキーになるはずだった。フットホールドは細かいのしかなかったが、休めるところは積極的に利用した。凹角だから背中も使えた。ほどなくして、サイズが狭まった。キャメ#.75サイズ。ところどころ広がっているようにも見えるが、やはりタイトハンドでうまくきまらない。まごつく。少し声が出た。Sさんのゲキが飛ぶ。もうジャムは諦めよう。前腕が疲れてきたので迷っている暇はなかった。フットホールドはわずかな凹凸を使えそうに見えた。Yosemiteの花崗岩はつるつるなので、完全にフリクションにたよったレイバックは難しい。思い切ってレイバック体制になり、わずかな凹凸を注意深く使って進んだ。下からみたとき核心になりそうと思われた、大凹角の途切れ目は、近づいて見ればフットホールド豊富で、今ここを乗り切れば何とかなりそうだった。途端に、さっきまでうまく抜けていた余計な力が前腕にこもる。少しぎこちない動きになりながらも何とかレイバックを切り抜けた。

フットホールドが現れはじめると、思った通り、少しずつシェイクすることができるようになった。OSは目前だ、と思うと、1手1手に更に力が入った。慎重にずり上がり、5.7のチムニーに入り込んだ瞬間、ああ、やった。と思った。と同時に、ずきん、と右胸が痛んだ。そして途端、心臓の鼓動がものすごい速さと大きさでドクンドクン伝わってきた。気づけば息もひどく切れている。すごい、こんなに全力だったんだ。チムニーに挟まったまま、怖いくらいに激しい心臓の鼓動が収まるまで少し待った。呼吸も整ったので、またクライミングを再開した。あとはどう見てもWining Run。だが、そうはいってもOSトライは継続中、緊張は抜けない。チムニーから這い出る時、「さあ、これで本当にラスト」と気合を入れ直した。

テラスに上がって、思いのままに叫んだ。正直、トライに余裕はあった。でも純粋に嬉しかった。OSすべきところをちゃんとOSできたという達成感もあった。

【Day2へ、期待高まる】

_DSC55902.jpg
Half Domeをバックに、ガッツポーズ!

真新しいスターリンロープを終了点にFIXし、要所のギア以外は回収しながら降りた。Sさんとグータッチ。明日はSさんがやってくれるはずだ。70mロープは、はじめにピッチを切った木の脇のビレイステーションまでギリギリぴったりだった。Sさんの55mロープを連結してアンカーにFIXし、地上まで降りることができた。FIXは明日、下降したあとに回収するつもりだが、更に翌日まで延び延びになる可能性も考慮し、”Please let us leave them till around Oct. 29th .Thank you!”と書いたダクトテープを貼っておいた。
アプローチはそれほど長くはないものの、空身であれば体力温存できるので、ギア類も目立たないようにまとめて取り付き残置とし、帰路についた。

帰りは行きよりも明瞭な踏み跡を下りながらケルンをたくさん追加した。
今夜も土曜の夜で、Camp4は大賑わい。心地よい余韻に浸りながら、21時半過ぎ、眠りに落ちた。
明日は3時起床。長い1日になるぞ!

<To Be Continued...>

Astromanへの道〜Moratorium, El Capitan East Buttress, Rostrum 〜2018 Yosemite レポ

【Astromanへの道】
IMG_4785.jpg
アストロマンを仰ぐ。

漠然とした憧れはあったものの、これまでそれほど強く意識してはこなかったAstroman。
6月ころ、今回の旅のパートナーであるSさんからYosemite行きのお誘いを受けたとき、提案された目標の1つがこの"Astroman"だった。
今回まで三度足を運んでいるヨセミテだが、ショートルート含め高難度フリーへのトライはほとんどなく、ヨセミテのフリールートのグレード感はまだつかめていない。
かつAstromanは長く厳しく、総合力が試される"tough"なルートの代名詞だ。
雨続きの日本でSさんとのトレーニングをなんとかこなし、少しずつ出国の日が近くにつれ、期待と不安は大きくなっていった。
否、どちらかといえば、期待よりも不安のほうがよりムクムクと膨れ上がっていくようだった。

IMG_4419.jpg
ギア整理は楽しい時間。


核心2ピッチのうち、自分の担当はEnduro Corner、SさんがHarding Slotということに決定する。
登攀スタイルも、数ピッチずつリード交代+フォローユマールとか、フォローはFIXをマイトラ2個で一人登りとか、アタック方法もワンプッシュか前日FIXかなどなど、検討を重ねた。
結果、私が奇数ピッチ、Sさんが偶数ピッチ担当でつるべ+セカンドビレイ、荷物は60m細引きで荷揚げ、初日に3ピッチ目までFIXして翌日プッシュという方法に決まった。

IMG_4445.jpg
"Moratorium"でのヒトコマ。6-7mm程度の60m細挽きを荷揚げに使う。敗退など万一の際はロープ1本懸垂下降の回収にも使える。細挽きは絡みやすいので常に袋に入れて携行する。



IMG_4447.jpg
フォローユマール(もしくは一人登り)の際はセカンドはアンザイレンせず、ロープは垂らしっぱなし。リードをビレイするときはマイトラで必要分だけ引き上げる。


ショートルートに行ったり、Moratorium+East Buttressの継続、Rostrumといったマルチピッチへ行ったりして早1週間が経過し、ヨセミテの花崗岩、ヨセミテのスケール感にもだいぶ慣れてきた。
グレードに関して言えば、5.11前半ならOSできたりできなかったり。5.11cがついているが"悪い"と言われているButterballsは、結局1日で3便出してRP出来なかった。

_DSC5529.jpg
"Butterballs"は私のお粗末なフィンガージャムを1ランクアップさせてくれた。


10/26、金曜日の夜。Camp4は毎週お決まりのどんちゃん騒ぎだ。
明日、いよいよEnduro Cornerと対決する。


IMG_4754.jpg
巨大な肉で筋肉を修復!


果たして自分の力がどれだけ通用するのだろうか?
もちろん不安もあったが、この時にはすでに、出国のとき抱えていた弱気な気持ちはほとんど失せ、ただただ楽しみな気持ちで心が満たされていた。自分の力が通用すればもちろん嬉しいが、こてんぱんにされるならそれもまたよし。
自分にできることは、この広大な花崗岩の聖地に胸を借りる気持ちで、ただただ実力を出し切るのみだ。
それ以上でも、それ以下でもない。極めて単純だ。
心は澄み渡っていて、遠くで聞こえるギターの音も大合唱も、心地よいBGMとして私を眠りに誘ってくれた。
待ちに待った瞬間は、もうすぐそこだ。



【10/20、Long Multi-pitchで力試し〜Moratrium+East Buttress】
IMG_4432.jpg
Moratorium 2ピッチ目フォロー中のSさん。


El CapitanのEast Buttress11ピッチ(SuperTopoでは13ピッチ)を、El Cap 前衛壁であるSchultz's Ridgeのマルチ"Moratorium"から繋げて登ると、5.11を含む計15ピッチのロングルートとなり、「Astromanの前哨戦にいい」とトポにも書いてある。
East Buttress自体は前から行ってみたかったし、5.10d,5.10d,5.11b,5.9というタフな内容のMoratoriumからの継続とすれば更に充実するだろう。そしてこのロングルートにどれくらいの時間がかかるかによって、Astromanにかかる時間もだいたい予想がつくことになる。


朝4時半起床。日の出は6時半。取り付きまでのアプローチは前日偵察してしっかりケルンも追加しておいたのに、暗い中歩いたら迷ってしまった。それでも6時45分くらいには登攀開始となった。
はじめ1、2ピッチは私が連続リード。1ピッチ目はぐいぐいレイバック、朝一で岩も冷たく快適だった。2ピッチ目はクラックの中が湿っていて「あれ?」と思ったが、最後の核心部はシビれるステミング。声が出た。どちらもとても面白いピッチをひとまずOSできた。

IMG_4442.jpg
Moratorium 2ピッチ目終了点にて。

終了点でビレイしていると、上で"Rope!"とか言っているような、なにやら複数人の声が聞こえてきて、ほどなくしてロープが落ちてきた。その後3人のクライマーが懸垂下降で降りてきた。聞くと、East Buttressが5パーティ待ちとかで敗退してきたらしい。East Buttressの敗退はアプローチを歩いて降りるより、ここを懸垂してしまう方が早いんだそうな。快適なビレイ点が一時ごった返す(笑)。

GPTempDownload 162
Moratorium 3ピッチ目。見た目も内容もNice!


3、4ピッチはSさんの連続リード。核心の5.11bのレイバック部分は、先ほどのクラック内の湿りがさらに酷くなった感じで明らかに悪かった。もう1ヶ月とかいうレベルで雨が降っていないというのに何故だろう?Sさんはそこでテンション。4ピッチ目はOSで抜けて行った。


IMG_4451.jpg
核心部は極細!なぜかじっとりと濡れていた・・・

East Buttress取り付きについたのは11時すぎだった。Moratoriumの4ピッチだけで4時間半くらいかかったことになる。
食事などして、11時半過ぎにEast Buttressスタート。でも遅くなったおかげで順番待ちはなく、終始快適に登ることができた。

IMG_4457.jpg
朝作って来たサンドイッチを頬張る瞬間、至福の時。

East Buttressはフォローが荷物を担いで普通につるべで登った。Sさん先行で、繋げられるところはなるべく繋いで時間を稼ぐ。この頃には太陽に照りつけられてなかなかに暑かったが、風もあってそれほど脱水にはならずに済んだ。2ピッチ目の5.10bもしびれたし、5.9+のランナウトOW(#4があればランナウトせずにすむ)は全力だったし、最終ピッチ手前のトラバースピッチも高度感が素晴らしく、全体を通してとてもいいルートだった。


GPTempDownload 18
3ピッチ目終了点の大バンドから、The Nose方面を見やる。


GPTempDownload 24
連日何かしらのワイドムーヴが出てくるヨセミテ。C3fitのアームカバー重宝しました。


GPTempDownload 26
高度感が素晴らしい!GoProは電池切れなどなんだか調子が悪く、旅の後半はほぼ全てスマホ写真になってしまった。


IMG_4468.jpg
トラバースピッチ、露出感満点!ビレイヤーの目には、Half Domeをバックに空中に浮かぶ私の姿が見えていたそうだ。


2人で全ピッチOSを果たし、最後の大テラスで日没となった。やはりこの季節は日が短い。
最終ピッチはヘッデンクライミングで19時15分トップアウト。全15ピッチ、ロープスケールにして約600mに12時間35分を要した。

IMG_4477.jpg
最終ピッチ手前のテラス。夕焼けに染まるHalf DomeにEl Capitanの影がかかる。


IMG_4487.jpg
長い1日だった・・・!

たとえ5.9とか5.10台でも、1ピッチごとが長いし、内容も濃いし、OSトライとなると時間がかかってしまう。
Astromanは11ピッチでうち4ピッチが5.11ということを考えると、やはりOSトライのワンプッシュはほぼ絶望的と思えた。


懸案事項だったEast Ledgesの下降は、途中彷徨ったものの、最終的にはなんとか無事懸垂ポイントにたどり着けた。
直前に行っていた人から降り方のコツを聞いていたのと、トポの文章もよく読んで、とにかく踏み跡と次のケルンを探し注意深く降りた。2年前のノーズの時の記憶はほとんど役に立たなかった(笑)が、ヘッドライトでも降りられることが分かった。

Camp4に戻ったのが22時半。へとへとになったが、充実した1日だった。



【10/22、Rostrumへ】

IMG_4498.jpg
Sunday MorningはMidnight Lightning前で無料のコーヒーサービス!


IMG_4497.jpg
美味しいパンももらえちゃう♡ 朝9時くらいに来てくれるので、朝ごはんは控えめにして(?)待つべし!

East Buttressの翌朝はゆっくり起床。とくにレストと決めていた訳ではないけど全身疲労だし、手足はむくんでるし、結果的に1日ゆっくり過ごすことになった。夕方、Rostrumの取り付きの偵察へ行って、夕飯は肉を焼いて早めに寝た。


Rostrumに行こうと言ったのもSさんだった。Sさんは前回1度登っているそうで、今回は最終ピッチをRostrum Roofの"Original Finish"で登りたいという。最終ピッチはルーフ下を右へトラバースして5.9OWから抜けるのが一般的だが、ルーフにはクラックが2本走っており、今回挑戦するのは左のフィンガークラック、5.12bのラインだ。
そして、最終ピッチをのぞけばルートの核心部となるのが4ピッチ目の5.11c、こちらも美しいフィンガークラック。
このピッチのRPもSさんの今回の目標だ。ピッチのスタートは大きいテラスなので、時間があれば私もトライしたいところだが、まずは1〜3ピッチの連続リード、これをall OSすることが私の目標となった。


5時起床、さっさと朝ごはんを済ませて駐車地点へ行き準備をしていると、あとから車が1台やってきた。Rostrumかと聞かれ、そうだと答えると、彼らは車に乗って引き返して行った。敗退が容易なこのルートは難易度の割に取り付きやすく、混雑する人気ルートだということがあとで分かった。早めに起きてよかった。


IMG_45282.jpg
「これかー!!」


懸垂地点から4回の懸垂下降で取り付きへ。見上げたRostrumのかっこよさと威圧感から、一目で「これか!」と確信すると同時に感嘆の声が出た。すごい。こんなのがゴロゴロしているここヨセミテは、やっぱり普通じゃない。

IMG_4530.jpg
つ、つかれた・・・

7時40分、リード開始。自分としては1日休んでリフレッシュ出来たつもりでいた。でもいざ取り付いてみると、ひどく体が重い。レイバックに早くも前腕が悲鳴をあげている。疲れが全然抜けてない・・・嫌な予感がした。
1ピッチ目は一部ラインを間違え、ランナウトしながらのかなり悪いムーヴに消耗。更にトポの読み違えで終了点を間違え、そうこうしているうちに後続がやってくる。少し焦りながらの2ピッチ目は5.10dのトラバースから5.11aのシンクラック。悪い箇所はそれほど長くなく、オブザベもハマって核心は抜けた。しかしその後の長い5.9レイバックも体が重くよれよれだった。165 feetある3ピッチ目も5.10前半ながら非常に疲れて、大テラスに着く頃には予想以上の時間がかかっていた。

IMG_4538.jpg
4ピッチ目フィンガーはButterballsに負けず劣らぬ美しさ。必ず再訪してRPしたい。


OSは出来たが・・・登攀速度が遅すぎる。自分の不甲斐なさに打ちひしがれ、4ピッチ目のリードは諦めることにした。
4ピッチ目はSさんがあと1歩のところまでせまるもRPならず。このテラスで後続が追いついてきた。しかし驚いたのは、はるか地上まで後続が連なっていることだった。ひえ〜・・・早めに起きて本当によかった。。。

IMG_4586.jpg
5ピッチ目リード中のSさん。ここも簡単ながら美しいハンドクラック。北向きのRostrumは強い日差しにやられることなく1日快適に登れるのも魅力だ。


IMG_4544.jpg
6ピッチ目はじめのトラバースはリードだとかなり怖い。



続く5〜7ピッチ目もSさんは順調にRP。しかし6ピッチ目の5.10aOWは難しかった!私はフォローで、膝が入らなくなるところでフォール。Sさんのワイドの上手さには脱帽だ。7ピッチ目の5.11bも素晴らしいピッチだった。どのピッチもバラエティ豊かで面白い!
最終ピッチ、RostrumルーフのOriginal Finishは5.12bとは思えない悪さだった。Sさんもルーフ抜け口でテンションがかかってからは各駅停車。フォローの私もほとんど何も出来ずに這い上がった。

IMG_4554.jpg
Rostrum Roof!

IMG_4562.jpg
ルーフの下は250mの切れ落ちた空間!後続パーティの数がヤバい〜


IMG_4565.jpg
ひじょーーーに厳しい、薄かぶっていて足も弱点もないフィンガークラックでした!

Descentはちょっとした段差を懸垂下降したら、あとは車まで這い上がるだけと超お気軽。Descentに不安がないと登攀中のストレスも全然違う。Astromanは暗くなってからのNorth Dome Gullyの下降がかなりの懸案事項なので、そういう点でもRostrumは非常に取り付きやすいルートだと思う。



【3週間は意外に短い】
2つのマルチを終えて、Astromanへのトライ方法は決まった。North Dome Gully下降の下見についても直前まで悩んだが、2日間のトライなら明るいうちにトップアウト出来るだろうということで、行かないことにした。

IMG_4598.jpg
ボルダーセッションは楽しい!


Rostrumのあとは、ボルダーセッションに混ぜてもらったり、Cookie CliffのNabisco WallやTales of Powerなどのショートルートを楽しんだりして、気づけばツアーも折り返し地点に近づいていた。Salatheに行くことを考えると、Bigwallが帰国のギリギリでは都合が悪いので、もう来週のうちに荷揚げを開始しなければならない。そこから逆算すれば、明日、明後日にでもAstromanトライしなければ時間が足りないことが分かった。自分の中でなんとなく、まだ先かなと思っていたことが急にやって来た感じだった。


IMG_4397.jpg
フリークライミングは厳しくやりがいがある。でもやっぱりヨセミテに来たらコレを登りたい、その気持ちは強かった。


これまでの2本から、ヨセミテのマルチは相当疲れることが分かったし、本気トライであるAstromanの前は2日くらい完全レストしても良いくらいだと思っていたが、実際にはそんな暇はなかった。
10/26、丸1日レストして、翌日day1のトライ開始となる。

IMG_4716.jpg
トレイルMIX &バナナパンケーキ!


パンケーキを食べて、シャワーを浴びて、マウンテンショップで70mのスターリンロープをゲットした。
洗濯して、ギア整理とパッキングを完了。

IMG_4737.jpg
アイスも食べた。Nabisco Wallの"Butterfingers"と同じ名前のアイス!

早めに寝ようと思っていたけど、おなじサイトを共有しているクライマーが誕生日とのことでパーティに参加した。
肉を焼いて、ワインも飲んだ。

IMG_4743.jpg
2ポンド超味付き肉。これにて自己肉調理最大重量を更新した。

ま、明日のトライは昼からだから、いっか。
赤々と燃える焚き火を見つめながら、満ち足りた気持ちでまだ見ぬAstroman、Enduro Cornerに思いを馳せた。

IMG_4760.jpg
スーパーのタルトで即席バースデイケーキ♪

<To Be Continued...>

2018/10/15〜11/9 Yosemiteツアー

約2年ぶりにまたヨセミテへ行ってきました!


_DSC55902.jpg


今回のツアーは今までで一番長く、3週間半でした。
それでも時間が全然足りないのだから、ヨセミテの懐広さとクライマーの欲深さとは罪なものです。



これまで、ヨセミテクライミングツアーは3回で、

1度目は2012年8月。ヨセミテの巨大さと自分のちっぽけさに本気で泣きました。涙がぽろぽろ溢れて岩が見えなくなった。ここで楽しく登れるよう強くなりたい、と心から思った1週間でした。
2度目は2013年9月。ノーズをやりにいったけど、ロープを1本落として敗退しました。自分の不甲斐なさと無力さに、涙も出ませんでした。
3度目は2年前、2016年6月。チーム青鬼でノーズリベンジしました。ノーズは完登でき、ショートルートでもちょっとした成果あり、簡単なマルチなど行ってただただ楽しくてたまらない2週間でした。


3度目にして、やっとヨセミテで心から笑うことが出来るようになり(笑)、
そうして今回は4度目。パートナーとともにはじめに掲げていた大きな目標は以下の2つでした。


IMG_4775.jpg
左にWashington Column、右にHalf Dorm


・Washington Column "Astroman"チームOS
・El Capitan "Salathe" 完登 (Freeblast チームOS+11P目からもなるべくフリーにこだわって登る)


その他、個人的な目標は

・Tales of Power (5.12b) 完登
など

_DSC5549.jpg
Tales of Power!


今回のヨセミテツアーはこれまでよりフリー志向が強くなり、スタイルにこだわらずただBigwallの完登を目標にしていた今までのツアー
と比較すると、自分にとって大きな進歩となりました。
なかでもAstromanは非常にハードなクライミングとなりました。日本の2倍から3倍のスケールでグレード感も高めのマルチピッチを日の短いこの時期にこなすには、日本の5.11台のマルチピッチだったら2、3本継続出来るくらいの実力が必要。
それを身を以て体感したと共に、やる前に漠然と抱えていた不安は次回の挑戦へ向けての大きなモチベーションに変わりました。


IMG_4391.jpg
次はこれをフリーで・・!?


今回は怪我のせいでBigwallの垂直の旅も水平の旅(John Muir Trailを歩きました)へと計画変更してしまいました。
予定していたFreeblastもSalatheも行けなくなってしまった分、最後の1週間はショートルートを満喫しました。


IMG_5129.jpg
JMT、湖畔のソロキャンプもいい時間だった


国籍問わずたくさんのクライマーとの出会いあり、多ジャンルに及ぶ様々なルートとの出会いあり、
モチベーションはうなぎのぼりで、帰国してきた今もなお登攀意欲はメラメラと燃え続けています。


IMG_20181026_194946.jpg
メラメラ!


IMG_4515.jpg
メラメラで焼かれたたものたち


とりあえず、3週間の成果まとめ。
各ルートの記録は個別にまた詳しく書こうと思います。


IMG_4731.jpg
めらめらしてるアラスカンマラミュート


【Short Route】


_DSC5495.jpg
岩場は東・南向きが多く、この時期でも日が当たるとかなり暑かった。本気トライは時間帯を選んで登るべし。写真は長くてよいクラック、Sacherer Cracker

<El Cap Base>
"Sacherer Cracker" 10a OS
"The Slack, Center" 10d FL

<Church Bowl>
"Church Bowl Tree" 5.10b OS
"Book Of Revelations(2P)" 5.10d follow / 5.11a RP 2try

<New Diversions>
"Generator Crack" 5.10c TR practice

<Cookie Cliff>
"Catchy" 5.10d FL
"Outer Limits(2P link try)" 5.10b OS → 5.11b×
"Waverly Wafer" 5.11a RP 2try
"Butterballs" 5.11c RP 4try
"Butterfingers" 5.11a FL

_DSC5538.jpg
厳しくも美しいフィンガークラック、Butterballs


GPTempDownload 3
パートナーが見事OSした5.10dOW、Twilightzone (Cookie Cliff)


IMG_4864.jpg
Nabisco Wallのルート名はみなお菓子の名前!


<Above The Cookie>
"Tales of Power" 5.12b RP 3try

<Cascade Falls Left>
Crimson Cringe 12b RP 2try

_DSC5608.jpg
左がFish Crack、右がCrimson Cringe


IMG_4861.jpg
岩場持参、お昼ご飯のお手製サンドイッチ


【Multi-pitch Route】

<Schultz's Ridge&El Capitan>"The Moratorium"+"East Buttress" link try 15pitches
"The Moratorium" 1〜2P lead (5.10d/5.10d) OS 3〜4P follow (partner 5.11b:×/5.9:OS)
"East Buttress" 5.10b 11pitches 偶数ピッチリード チームOS

IMG_4384.jpg
このかっこいい大凹角がモラトリアム!


<The Rostrum>
"The North Face" 5.12b (original finish) 8pitches
1〜3P lead (5.9/5.11a/5.10b) OS
4〜8P follow (partner 5.11c:×/5.10d:RP/5.10a:RP/5.11b:RP/5.12b:×)

IMG_4528.jpg
威圧的でかっこよく、内容も素晴らしいが、敗退しやすいため比較的とりつきやすいロストラム


IMG_4585.jpg
核心ピッチをリードするパートナー


<Washington Column>
"Astroman" 5.11c 11pitches 偶数ピッチリード 2day try
・day1 5.7 OS/ 5.10b follow (partner OS) / Enduro Corner 5.11c OS
・day2 5.9 follow (partner OS)/ 5.10c OS/ Harding Slot 5.11c follow (partner ×)/ 5.10c (slot var.) ×/ Changing Corners 5.11a follow (partner ×)/ 5.10a OS/ 5.10d follow (partner ×)/ 5.3 OS

_DSC5562.jpg
この長く厳しい壁は私にとってまず超えなければならない壁だと思った


IMG_4811.jpg
威圧的にのしかかるHarding Slot


そして帰国日には、成田到着後急いで曙橋ベータへ直行し、上映時間にぎりぎり間に合ってDawnwallを観ました。
スーパークールなクライミング。しかも自分が1日前まで居た場所で。まだヨセミテの余韻に浸っている状態でこの映画を観られたことで、モチベーションの炎がさらに燃え上がりました。ほんと、感動で涙出た。


GPTempDownload 28
ボルダーでわいわいセッションも


IMG_4382.jpg
レスト日の朝はパンケーキ!



Yosemiteは行くたびにメンタルとフィジカルの成長をくれる場所。
このメラメラした気持ちを、はやく日本のルートにぶつけたくてたまりません!

プロフィール

chippe

Author:chippe
chippeのブログへようこそ!
2006.10 山歩きをはじめる。
2007.9 クライミングをはじめる。
山岳同人「青鬼」所属。国際認定山岳医。
好きな食べ物:肉。
カリマージャパンアンバサダー。

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

ブログ内検索

カウンター