FC2ブログ

2019 8/6〜8/7 アルパマヨ登山記録 〜登山開始。奮闘の歩荷〜2019 ペルー旅行記その4〜La chica solita y cansada en Alpamayo

20190820042744e3d.jpeg


Instagramをやっていると、"クライマー"とか、"ひとり旅"とか様々なタグをつけます。
基本的に、登録数の一番多いものを選んでつけていますが、日本語(や英語)だと"クライマー女子"とか、"女ひとり旅"とか、"女"という単語をくっつけるパターンも非常に多いです。
でもなんだか、"女"をつけるのって、強調しているようで、少々野暮ったい感じがあるなと思っていました。
スペイン語も勿論、ヨーロッパ系言語は名詞に性別があったりそれにより形容詞が語尾変化したりします。
今回の旅でも、”¿Solo?”(ソロなの?)と聞かれることもあったし、”¿Solita?”(独りぼっち?)と聞かれることもありました。後者の方は、この一言で”独りぼっちの女性”ってことが表現できている訳です。

そして最近、"旅人、旅行者"という意味の”viajera”という単語を知りました。これもこの一語で女性であることが分かります(男性ならviajeroになります)。

今後の生活スタイルがどうあれ、心は常に”ビアヘーラ”で居たいな。と、今回の旅は、そんな自分の気持ちを再認識する旅にもなりました。

2019082004332836d.jpeg


8/6、9時。Cashapampaを出発し、歩き始めます。
朝方は冷え込むものの、この時間帯になると既に強い日差しでかなりの暑さになっています。


20190820043346afb.jpeg


1時間も経たないうちに30kgを超える荷物は貧弱な肩に食い込み、力んでいる僧帽筋やら広背筋やら?首肩周りの筋肉は疲労を訴え始めます。

ロバを雇っている人たちは、アルパマヨの人しかり、トレッキングの人しかり、めっちゃ小さなザックで軽快に通り過ぎていきます。ロバの大群とも多数すれ違い、そのたびに脇へ避けます。


20190820042110d26.jpeg

ロバはこの重荷で走ってるからね。強すぎる。


わずか30分おきのザックを降ろしての休憩(大きい岩が必要)と、さらに短いスパンでの荷重を抜くだけの小休憩。慣れない重荷なのでザック麻痺も心配です。

ま、マイペースで行けばいいや。

と自分に言い聞かせながら歩いていましたが、お昼頃、GPSを見て現在地に驚愕しました。


えっ。まだ1/3〜!!?

本日の行程は10km。見積もりは5時間でした。
しかし、3時間半歩いてまだ1/3しか来ていない。ということは・・・
今夜の目的地であるllamacorralまで、単純計算でさらに7時間くらいかかることになります!!なんてこった!


201908200433456c3.jpeg
とにかく暑い・・!


遅すぎか・・・

とペースを上げてみるものの、蓄積した疲労でやはりすぐ休憩してしまう。
SpO2は低くないのにレート(心拍数)が上がっているという始末です。


背中のザックが重過ぎるのです。パッキングを工夫しようにも、容量ギリギリだから為すすべがない。右へ左へ後ろへ、好き勝手に私を引っ張る荷物。歩き始めて数時間後から、私はこのザックを"輩"と呼んでヤカラ扱いしていました。文句を言ったり(笑)。

道中なんども、buro使いの人が通りすがりに”buro使う?”と聞いてきたり、ザックを担ぎ直そうとしていると"手貸そうか?"と心配される。

はじめの登りを終え、あとはダラダラと沢沿いを歩くだけです。

えーい!!拉致があかん!!!

と、ザックを放り投げました。


1つにまとめるから逆にキツイのかもしれない。そう思い、パッキングしていたものを全部ぶちまけ、底からアタックザックを取り出して、荷物を2つに分ける作戦に出ました。この道なら前後ザックでも普通に進めます。


前に重くて嵩張らないものを担ぎ、足の動きを妨げない程度の大きさに留める。これだけで背中の荷物が軽くなり、だいぶ楽になりました。


そして、次にburoの人が声掛けてきたらお願いしよう、って思いながら歩きました。
でも"次"はとうとう訪れませんでした(笑)。



このあと、すれ違ったガイドパーティ。なんとお客さんは日本人です。しかもアルパマヨに登るという。

20190820042111fed.jpeg

あとで分かったのですが、この方も御多分に洩れず知り合いの知り合いでした(笑)。さらに同業者だったり、職場が今の私の住所と近かったりと、驚くことがたくさんでした。


Wilderと言う名の現地ガイドさんは"あと45分だよ!"と教えてくれました。一時は、到着21時すぎるかと思いましたが、何とか暗くなる前にテンバに着けそうです。よかった!

すでに疲労困憊だけど!


2019082004234844b.jpeg

というわけで、16時に最初のキャンプ地となるllamacorralに到着しました。


行動時間7時間。見積もりの1.4倍の時間がかかったことになります。まあ、見積もりはロバを使っている人のサイトを参考に出した時間だから、無理もないか・・。


20190820042744998.jpeg
働いたロバたち自由に休憩中。馬たちはケンカしてた。


水をとり、さっさとα米の夕食を終えて、明日も早く出なきゃ・・と寝ようとしていたら、先程すれ違った日本人Yさんがテントまで来てくれました。なんでも、ガイドのWilderが私を夕食に誘ってくれていると言うのです!


喜び勇んで18時半、快適なキッチンテントにお邪魔しました。

201908200423471c5.jpeg
サンキュー、シェフ!


スープにはじまり、アジみたいな魚のグリルや、お茶、デザートまで!!
超豪華ペルー料理を頂きました。本当に美味しかった!


201908200427452a6.jpeg
¡Muy rico! あと、タンパク質とれて最高に嬉しい。


そして、食事をしながらYさんとWilderと、色々な話をしました。


スペイン語勉強中だけど難しいとか、Wilderは日本語勉強中だとか。山はどのくらいやってるのかとか。Yさんは同人青鬼の某王子つながりだったので、某王子の噂話をしたり。そんな他愛ない会話の中で、Wilderはこんなことを言いました。


20190820042043b6b.jpeg
いっただっきま〜〜す!


「アルパマヨで、ソロクライマーが墜落する事故があり、その下にいたクライマーの首元にアイゼンが当たって怪我をするという一件があって以来、アルパマヨのソロクライミングは禁止されている。だからひとりで登るなら、誰もいないときに登りなさい」



これまで様々なサイトを調べてきて、アルパマヨの事故といえば2003年7月に起きたFerrariルート上部の雪庇崩壊による8名の死亡事故くらいしか知りませんでした。ソロクライマーが落ちたって、そりゃ確かにフリーソロは危ない(し、ソロクライマーがフリーソロになりがちなのも分かる)けど、本質的にソロクライミングってまたフリーソロとは別モノだし。そのクライマーがダメだっただけでソロのせいではない気が・・。それにアンザイレンしてたってどうせどランナウトなんだから、同じような事故は起こりうるじゃん・・。

とか色々と思うところはありつつも、どうやらそれが現在のルールのようです。
(あとで聞きましたが、本来であればカサデギアスの人がその事を教えてくれて然るべきだったようですね)


それに、"誰もいないときに登る"って・・。
そんなこと可能なのだろうか?


でも彼は言います。
6、7月がハイシーズンだけど幸い8月はクライマーが少ない。現に今このキャンプにも我々と、フレンチパーティが1組居るだけだ、と。

なぜ6、7月が人気なのか聞くと、やっぱり天候のせいらしいです。ただ、8月も十分過ぎるくらい毎日晴れています。例年こんな感じだそうで、8月後半あたりから崩れはじめ、9月からは雨季に入ります。とりあえず今年はいまのところ全く問題ないね、と言うことでした。


聞くと、彼らは全6日の行程だそう。明日BCまで、明後日一気にHCまで上がって、明々後日登頂というから驚きました。ポーターもキッチンスタッフもいて、かつ順化が出来ていればそれが可能なのか。と。


私はその倍くらいの時間をかけて登ることになるでしょう。この分だと明日BCへ着けるかすら怪しいです。更にそこから先は、1日ではキャンプアップ出来ないでしょう。荷を2回か3回に分けて揚げる必要があるし、順化の問題もあります。
ま、マイペースでいこう。彼らとは今夜でお別れかな。
そんな風に思っていました。


2019082004205911d.jpeg
とても甘くて不思議な食感がクセになるフルーツを使ったおデザ。フルーツの名前は忘れた・・


お腹いっぱいになり、テントに戻って寝ました。明日は4時半起床で出発だ!

2019/8/6 アルパマヨ 登山準備と出発〜2019 ペルー旅行記その3〜06/08/19 Preparación y partida por escalada Nevado Alpamayo.

出発前夜、買い出しした荷物を含め、装備をチェックする。


20190819072514888.jpeg
テルモス1L、カトラリー、身体拭き、薬類(ダイアモックス含む)、テーピング、ダクトテープ、リペアシート、プロトレック、ライター2こ、細挽き、日焼け止め、保湿剤、目薬、グローブ2つ、オーバーグローブ、ソーラーパネル、モバイルバッテリー(20000mAhと5000mAh)、コード類、グラサン、雪袋などゴミ袋、コンプレッション(着替え、モンベルダウンハガー女性用#2、ペラペラのインナーダウンパンツ、象足)、双眼鏡、カタディン浄水器、エアマット、90cm位に切ったサーマレスト、バツーラ、行動食9000kcal分約2kg(ワラスで購入)、α米とリフィルヌードル10日分計20食、粉スープ、ミルクティーの粉、ポカリの粉、テントマット(ワラスで購入)、inReach mini(小型イリジウム衛星端末)、ビレイジャケット(Rabの薄めのやつ)、ヤッケ上下、ノミック、アックス流れどめ、8ozガス缶×4(ワラスで購入)、ヘッデン、予備ヘッデン、カメラ、カメラ予備電池、予備SDカード、トレペ、ナルゲン2L水容器、ゴアライト1〜2人用+フライ+ポール、ハーネス、PAS、120cmスリング×2、環付き×1、ATCガイド+環付き、マイトラ+環付き、60cmAQD×3、オズQD×1、6mm150cm細引き×8、スクリュー×5(21cm、18cm×2、13cm×2)、アバラコフフック、アラミドコード+環付き、スノーバー×2、60mダブルロープ×1、60m6mm細引き×1(懸垂ロープ回収&荷揚げ用)、工具、アイゼン(スティンガー)、ビーコン、リップ、単四4本(エネジャイザー)、地図とコンパス、十得ナイフ、MSRリアクター、SpO2モニター、歯ブラシ、自撮り棒、スマホ、パスポート、金


20190819072432b62.jpeg
アタックザックはkarrimor ultimate35、これもultimate60に入れて一つにまとめる。


2019081907251042f.jpeg
真面目に計算すると、総重量は32kgくらいになっていたと思う。普段からこんな重荷に慣れている訳ではないので、歩けるのかすごく不安になる。


今回、ひとりで山に入るにあたり、天気予報の入手はキモ。ということで、今年アラスカで出会ったシャモニ在住のガイド夫妻が使っていたのと同じ、GarminのinReach Miniを導入した。


20190819072442098.jpeg
端末自体はとても小さく、99gと軽い。専用アプリをDLしてスマホとペアリングして使う。端末のみでもプリセットメッセージを送ったり、GEOSという組織へのSOS信号を発信することができる。


20190819072424147.jpeg
ペコマに天気予報サイトを見てもらって、定時交信で教えてもらう。SMSもEメールも送れる。

さらに、イリジウム衛星ネットワークとの契約はオンラインでワンクリック、ほんの数分で完了。1ヶ月単位での契約可能。
遠征と遠征の間に準備期間が2週間くらいしかない私にとってこれはとても便利だった。
ソフトバンクの衛星電話は契約にも受信チップ取り寄せにもかなりの時間がかかるのだ(去年の遠征で経験済み、1か月は見ておいたほうがいい)。


しかも、このアプリ付属のオフライン地図がかなり良くて重宝した。


そして、今回一番心配だったのが高度順化だ。
7月に2回富士山へ行ったのみで、ペルー入国後も順化行動は特にしていない。


20190819072442826.jpeg
SpO2モニターとAZA(アセタゾラミド/ダイアモックス®︎)を持参した。入山後からは125mg 朝晩の予防内服もはじめた。


というわけで、アルパマヨを目指しながら順化しなければならないので、はじめに考えていたスケジュールは以下のような感じだった。※()内は睡眠高度


8/6 入山〜llamacorral(3800m)
8/7 llamacorral 〜Alpamayo Base Camp(4300m)
8/8 BC〜Morain Camp(4950m)
8/9 MC〜High Camp〜MC(4950m) 荷揚げと順化行動
8/10 上に同じ(4950m)
8/11 MC〜HC(5500m)
8/12 順化登山でQuitaraju(6040m)登頂〜HC(5500m)
8/13 HCにて休養(5500m)
8/14 Alpamayo summit day〜HC(5500m)
8/15 HC〜llamacorral (3800m)
8/16 llamacorral 〜下山
8/17-18予備日


かつ、天気待ちが出来るよう、HCには6泊できる装備を揚げようと考えていた。そんなこと出来っこないっていうのは初日に思い知るんだけど。


また、不測の事態があれば食い延ばしをすることにし、食料は10泊分のみとした。


今のところ、さすが乾期。予報は毎日晴れ晴れ晴れだ!アタック予定日の14あたりも全く問題なさそうだった。


20190819072351f40.jpeg
Mountain Forcast。ペコマにはこのサイトの情報を教えてもらった。


20190819072351f9c.jpeg
Windgru。こちらも天気が荒れる予兆は出ていない。


8/6は朝4時半起床。colectivoの始発が5時とのことで、それに乗れるよう準備。まだ外は真っ暗だけど、宿から徒歩1分なので楽だった。

2019081907235142b.jpeg
このおっちゃんは私のザックをひょいと持ち上げた。強かった。


colectivoは瞬く間にぎゅう詰めになった。登山者は一人も乗っていない。地元の人の足なのだ。


201908190723457b0.jpeg
私が乗ったのは始発の場所だったから座れたけど、このあと立ち乗りも含め満載になった。
街中が近づくとhump(コブ)があり、速度を落とすものの、後輪の真上に乗っていた私の並びは衝撃で20cmくらい浮いたりしていた。


まずはこのバスでCarazまで行く。そこでcolectivoを乗り換えてCashapampaへ向かう。この乗り換えがうまく行くのか心配だったが、カサデギアスで乗り場の大体の位置を教えてもらっていた。


20190819072351cd7.jpeg
途中、Yunguyの街が近づくと、ペルーアンデスの盟主Huascaránがどでかく見えてきた。さすがの迫力だ!


Carazには7時頃到着。Huaraz-Carazで”Siete soles”(7ソレス)だった。停留所にバスが停まって下車すると、入り口付近でモトタクシーのおっさんたちが”Parón? Cashapampa?”って叫んでる。


201908190723525bd.jpeg
トゥクトゥクみたいな乗り物。


パロン、はArtesonraju方面。観光名所のパロン湖のこと。私は”Cashapampa Cashapampa!”と主張。
“¿Cuánto es?”(いくら?)と聞くと3ソレスだという。するとモトタクシーのおじさん、素早く私の荷物を載せて走り出した。


え、もしかしてこのモトタクシーでさらに1時間半、Cashapampaまで行っちゃうの!?と驚いたが、そうではなかった。Cashapampa行きcolectivoが出る停留所まで連れて行ってくれたのだった。
短距離にしては結構とられた(笑)。ま、100円だけど。


colectivoはだいたいの出発時間は決まっているが、乗客が十分集まらないと出発しない。7時過ぎにはバスに乗り込んだが、バスが出たのは7時半ころだった。


20190819072351a77.jpeg
ブエノスディアス!


バスはダートの崖っぷちをどんどん登っていく。途中、山間にある村々に寄って、野菜とか届けたりもしてた。急に民家の前に停まってそこん家の人を降ろしたり、道端の人を乗せたりしながら、それでも9時前にはCashapampaに着いた。


201908190723410ef.jpeg

え?ここ?


大人気のトレッキングルートであるサンタクルストレイルの出発点がこのCashapampaだ。立派な登山口があるものとばかり思っていた。ただの道ばたなのでポカンとする。でも看板はちゃんとある。


2019081907235250e.jpeg

その方向へ進んでみると、なにやらロバがいっぱい繋がれていた。


そうか・・。これがロバか!

20190819072443534.jpeg


更に歩くと、売店のある可愛らしい広場に出た。つまりココがCashapampa登山口だ!


20190819072443514.jpeg

でかい荷物を見て、さっそくそこにいたおじさんがロバ(buro)要るか?と聞いてきた。


2019081907244286f.jpeg
この人たちはトレッカーらしい。ロバの手配をしてた。


でも、調べたところによれば、buroは2頭からしか受け付けてくれないとか、buroドライバーのための食事、テントなどもコチラで用意しなければならないとあった。そんなのは不可能だし、ややこしい。
ということで、ロバなしで歩き始めた。

さあ、ついに入山!


20190819072437761.jpeg

と早速自撮りしたけど、こんな風に笑っていられるのも最初のうちだけだった・・・。


〜つづく〜

プロフィール

chippe

Author:chippe


肉好きchippeのブログへようこそ!
2006年10月 山歩きを始める。
2007年9月 クライミングを始める。
山岳同人「青鬼」所属。
「メラメラガールズ」所属。
国際認定山岳医。
「カリマーインターナショナル」アンバサダークライマー。
現在は無職、旅人。
旦那さんはpecoma。

月別アーカイブ

ブログ内検索

カウンター