FC2ブログ

2023/9/25、9/30甲斐駒ヶ岳赤石沢Aフランケスーパー赤蜘蛛〜the 3rd pilgrimage〜

今年、二年ぶりの"巡礼"に行ってきました。


0_IMG_5298.jpg


甲斐駒ヶ岳赤石沢Aフランケ"スーパー赤蜘蛛"は、これまでも何度か訪れている、我が国を代表するビッグルートで、フリー完登を意識し始めてからは早5年、今回で三度目の巡礼となりました。


7_IMG_5302.jpg


日本三大急登にも数えられる黒戸尾根を5〜6時間のアプローチでベースとなる8合目岩屋に到達し、そこから約1時間ほどのアプローチでルート取り付きへ至り、5.11台3ピッチを含む計8ピッチのクライミングとなります。6、7ピッチ目にあたる60〜70mの壮大なクラックが、つなげて登ると5.11dといわれている核心ピッチとなります。2020年にはじめて6ピッチ目の5.11cをリードし、ボロボロだったのですが、今回は6、7ピッチをつなげてトライし、完登出来なかったものの少しだけ成長を感じられました。


4_IMG_5305.jpg


今回のパートナー、ASAKOMANは2018年にワンデイトライしたときのパートナーですが、今回はキッチリ6、7ピッチをつなげて登る"レッジトゥレッジ"でRPし、その数日後には全ピッチをワンプッシュでフリー完登するという快挙を成し遂げました!


1_IMG_5308.jpg久々のカップ麺美味しかったな



二年前の2021年9月、このASAKOMANと「今シーズン赤蜘蛛リベンジしようぜ!」と話していて、そろそろトレーニング開始だな〜、と思っていた矢先に私の妊娠がわかりました。悩み抜いた挙句、「ゴメン、妊娠した・・山に入ってクライミングするのはやめとこうと思う。赤蜘蛛行けなくなっちゃった。ごめん」と伝えたところ、ASAKOMANは快く「もちろん、身体大事にしてな!」と温かい言葉をくれました。そうして二年が経った今年、私の方から「赤蜘蛛行きたい」と誘うと、「ちっぺと行こうと思ってたし!」と言ってくれ、今回の"巡礼"が実現しました。岩の状態がとにかく大事とわかっていたので、いい状態を掴めるよう、二週にわたって2泊3日で入山できるような日程を組み、今回のトライへと繋げることができました。


8_IMG_5301.jpg



核心の6、7ピッチ目のクラックは、やはり長くて面白い、登りごたえのあるルートでした。今回私は完登できませんでしたが、手応えは感じたので、来年絶対リベンジしようと思います。2週間後からのヨセミテ遠征前にとても良いトレーニングにもなったので、色々足りてなくて反省点だらけだったけど、やはり行ってよかったと思いました。


0_IMG_5309.jpgコンディションは2回ともばっちりでした!



そして今回、2日のレストをはさんで2回も二泊三日で入山でき、お留守番してくれた旦那さんと一歳の坊には感謝感謝感謝です。テラスでセカンドビレイをしながら、坊がニコニコしながら踊っているのを妄想してしまうような、全然クライミングに集中してない不届きものですが(笑)、これからもテンション鰻で精進していきたいと思います!

3_IMG_5306.jpg2回目の入山初日は中秋の名月でした


0_IMG_5321.jpgヤマハハコ、マツムシソウが沢山咲いてました!


最後に改めて、ASAKOMAN!圧倒的な完登おめでとう!!ホント〜に強かった。一緒に登れて、モチベーションがめっちゃ上がりました。

5_IMG_5304.jpg


あ〜。楽しかったなあ。早くまた行きたい!


6_IMG_5303.jpg



備忘録:6、7ピッチ目の"レッジトゥレッジ"は70mロープで十分(60mロープで足りるという情報多数)。
持参したギアは#.3〜#1×3セット、#2 ×4、#3×2、ヌンチャク×5、AQD×8、120cmスリング×4。

プロフィール

chippe

Author:chippe


肉好きchippeのブログへようこそ!
2006年10月 山歩きを始める。
2007年9月 クライミングを始める。
山岳同人「青鬼」所属。
「メラメラガールズ」所属。
国際認定山岳医。
「カリマーインターナショナル」アンバサダークライマー。
現在は無職、旅人。
旦那さんはpecoma。

月別アーカイブ

ブログ内検索

カウンター