FC2ブログ

第16回 Winter Climbers Meetingに参加しました。

4_IMG_8770.jpg


今年開催されたウィンタークライマーズミーティングに、ペコマと2人揃って参加してきました!


ウィンタークライマーズミーティングは、馬目さん主催で2008年にスタートし、今年で16回目となる冬の一大イベントです。英国のクライマーズミーティングに刺激を受け「日本版を開催しよう!」となってはじまったそうです。


冬のクライミング全般をこよなく愛するクライマー達が集います。とくに"冬壁"と呼ばれる、岩と雪、氷の混ざった"ミックス壁"を、初めてお会いする方などと一緒にロープを結んで登ります。2〜3名の登攀パーティは予め運営サイドで決めてくれ、それぞれのパーティにいい感じのルートを振り分けてもらっています。今回は、初日にイベントとして登って夜は懇親会、二日目はイベントの範囲外で、好きな人と自由に好きなところを登りました。

私とペコマはこのウィンタークライマーズミーティングに、2013年2月に初参加しました。その時は北アルプス明神岳で開催され、お座りビバークなんかもあって冬壁の洗礼を受けました。


その後、私のみ2017年にも参加し、今回で3回目の参加です。今シーズンの冬はまだ八ヶ岳アイスくらいしか行けてなくて、冬壁は2年ほどのブランクがあるので緊張してました。でもいざクライミングがはじまるとただただ楽しくて、やっぱりこういう山登りが好きなんだと実感しました。

7_IMG_8732.jpgウメコバ沢アプローチ


初日は、W田さんと、お初のKさんと3人でウメコバ尾根モスラ状岩稜へ。W田さんとロープを結ぶのは、今からちょうど10年前、2013年1月26日の足尾以来。あの頃からほとんど成長していない自分が恥ずかしい限りですが、お二人の胸を借りて登ってきました。

チャンピオン岩稜とりつきまでは同じアプローチで、そこからさらに右上トラバースしていくのですが、このアプローチの最後が数箇所結構悪かったです。帰りはほとんど落ちてるみたいな感じで下りました(笑)。

1_IMG_8792.jpg1P目、W田さんリード


じゃんけんでリード順を決め、1P目をW田さん、2P目を私、3P目をKさんがリード。
このルートはほとんど登られていないらしく、下降も未検証?ジャンピング持参推奨とのことで、情報もほとんどなく冒険チックなクライミングが楽しめました。おまけに3ピッチともオールナチュプロで登れ、内容もとても充実しました。


3_IMG_8788.jpg1P目フォロー。コーナークラックが地味に悪い!


2_IMG_8789.jpg2P目リード。浮石セクション(泣)やワイドセクション、コーナークラックでフッキングやジャミングと盛りだくさんで面白かった!


0_IMG_8796.jpgピナクル状へのトップアウト直前、チャンピオン岩稜にいたKさんが撮ってくれました!いい写真!


5_IMG_8738.jpgトップアウトすると強風に粉雪。冬壁っぽい!


6_IMG_8736.jpgチャンピオン、槍状のパーティが見える。すごいながめ!


3_IMG_8743.jpg3P目は出だしがしっかりフッキングで悪かったです。Kさんナイスリード!


1_IMG_8750.jpg
2_IMG_8747.jpg
下降は稜線上のピナクルにスリングをかけて1回、灌木でもう1回と合計2回で降りられました。ジャンピングは使わずにすみました(笑)。


サポートメンバーの方々は各エリアでエリアマネージャーとして1日中待機してくれ、無線連絡など対応してくれていました。何かあった時のために、最後のパーティが降りてくるまでずっと寒い中待っていてくれました。本当に頭が下がります。

0_IMG_8751.jpg

そして銅親水公園近くの河原にサポートメンバーの方々が巨大テントを設営してくれて、その中でストーブもたいてくれてあったか快適な環境で、鶏鍋、バンバンジー、麻婆豆腐、おでんに宇都宮餃子と豪華でボリューム満点のお夕食!39名の参加者と13名のサポートメンバーの方々と楽しくお酒を飲みながら、最後は5本立てのスライドショーと、とても贅沢な時間でした。


9_IMG_8754.jpg
二日目は、これまたロープを結ぶのは数年ぶり、同人青鬼仲間のテディさんとペコマと三人で幕岩同志会ルートへ行きました。


8_GPTempDownload_20240130060352458.jpgはじめの0.5P(?)、じゃんけんで勝った私からスタート。


7_GPTempDownload_202401300603514d6.jpg2P目はペコマリード。フッキングがよくきくけど足が悪いので慎重に登る。


6_GPTempDownload_20240130060350745.jpg3P目はテディ、4P目は私がリード。途中、先行していたW田さんとSくんパーティが下降してきてご挨拶。


5_IMG_8769.jpg久しぶりのスリーショット!同人青鬼「我々は飢えている!」


頂稜へは抜けませんでしたが、4Pほど(実質3.5Pといった感じ)で緩傾斜になったので下降しました。今回のミーティング前にペツルのボルトで綺麗に整備されたルートで、前日のモスラ状と違って気楽に楽しめました。内容もとても面白かったです。
旧友と楽しくおしゃべりしながら、ドライとたまに凍った草つきも楽しめました。



ウィンタークライマーズミーティングは、もともとは、ベテランのエキスパートクライマーたちを中心として若手有望株が誘われ、冬期登攀を志向する少数派の狭い世界をより多くのクライマーへと広げていくようなイベントだったと思います。2013年当時は有名ベテランクライマーたちに囲まれて、場の空気に呑まれて半分萎縮していました。今回は、20代前半ですでに経験も豊富でハイレベルなアルパインクライマーたちが多数参加していて、若々しいモチベーションの渦が巻き起こっていました。彼らと同じレベルで山にのめり込むことは今は難しいけれど、これからも少しずつでもいいからステップアップしていって、大きい山に登れたらどんなに楽しいだろうと改めて思いました。


最後に、こんな大規模なイベントを13名という少人数で運営して、こんなにも楽しく素晴らしい会としてくださったサポートメンバーの方々へ改めてお礼申し上げます。本当に有難うございました!そしてこんな半ば引退してるみたいな私に声をかけてくださった、世話人のOさんにも改めて感謝感謝です!
それから、開催前後の4日間、子どもをみてくれた両親にも感謝です。


40歳目前となりましたが、今が一番若い!チャレンジを続けて、これから先の10年ももっと楽しくしていきたいです。
毎日がテンション鰻!

プロフィール

chippe

Author:chippe


肉好きchippeのブログへようこそ!
2006年10月 山歩きを始める。
2007年9月 クライミングを始める。
山岳同人「青鬼」所属。
「メラメラガールズ」所属。
国際認定山岳医。
「カリマーインターナショナル」アンバサダークライマー。
現在は無職、旅人。
旦那さんはpecoma。

月別アーカイブ

ブログ内検索

カウンター