FC2ブログ

2019/08/22〜25 リマ発着 3泊4日 世界遺産マチュピチュの旅 (笑) 〜2019ペルー旅行記その13〜

世界中から観光客が集まる大人気スポットに突撃してきました!

20190902161552f42.jpeg
ワイナピチュ(うしろのカッコイイ山)と遺跡をバックにおなじみの構図。なんかうれしい!


言わずと知れた"マチュピチュ"は、1911年、映画「インディー・ジョーンズ」のモデルにもなったアメリカ人探検家であるハイラム・ビンガムにより発見されたインカ帝国時代の巨大な遺跡です。

20190902161545b14.jpeg
ザ・観光地!でした。それでも日本人には会わなかったな・・


今回は、約1週間前にインターネット等で情報を集め、必要な予約をとりました。
乾季の5-9月がハイシーズンですが、遺跡を見学するだけなら1週間前でも間に合いました。

20190902161535c7f.jpeg
マチュピチュの公式HP。たとえば1週間後の日付を参照すると・・。数字は残りの受付可能人数。遺跡もワイナピチュもマチュピチュ山も1日の制限人数が決まっている。とくにワイナピチュに登りたければ3ヶ月前には予約しないと間に合わないそう。私が調べたときはすでにマチュピチュ山もいっぱいで登れませんでした。残念!


マチュピチュはリマの東400kmのところにあり、行くのは実は少しタイヘンです。

 ①リマ→クスコへ移動(飛行機/1時間)
 ②クスコ→(オリャンタイタンボ→)マチュピチュ村へ移動(車+列車/約3時間半)
 ③マチュピチュ村→遺跡(シャトルバス/30分or徒歩/2時間)

うまくスケジューリングすればリマから1泊2日も可能ですが、かなり忙しくなると思います。


私は以下のようなタイムスケジュールになりました。列車(Peru Rail)は1時間前までに受付しなければならないとのことだったので、行きのcolectivo移動がスムーズにいくかどうかが核心でした。でも実際は、この日体調を崩していたので、クスコ空港からオリャンタイタンボ駅まで直接タクシーで行きました。


8/22
7:55 リマ空港→9:15 クスコ空港(アビアンカ航空)
10:00 クスコ空港→10:10 クスコ市街オリャンタイタンボ行きcolectivo乗り場(タクシー)
10:30 colectivo乗り場→12:00オリャンタイタンボ駅(colectivo)
13:27 オリャンタイタンボ駅→15:00マチュピチュ駅(Peru Rail)
 <マチュピチュ村に宿泊>
8/23
AM マチュピチュ遺跡見学
 <マチュピチュ村に宿泊>
8/24
10:55 マチュピチュ駅→12:30 オリャンタイタンボ駅(Peru Rail)
12:40オリャンタイタンボ駅-14:20 クスコ市街(colectivo)
 <クスコに宿泊>
8/25
8:35 クスコ空港→10:05 リマ空港(アビアンカ航空)


20190902161537834.jpeg
アビアンカ航空かLATAM航空を利用しましょう。ペルビアン航空はかなり評判が悪いです(笑)。ちなみに8/22は前夜からの下痢と発熱で完全ダウン。1時間の飛行機でたっぷり寝汗をかき、クスコ空港からは直接タクシーでオリャンタイタンボに向かいました。キツかった(笑)。


201909021615470d5.jpeg
オリャンタイタンボのペルーレイル受付。英語OK。


20190902161547419.jpeg
ペルーレイルのチケット。駅構内で使えるwifiパスワードをもらえる。


現地ツアーを利用すれば楽そうでしたが、1週間前では予約のとれないものがほとんどでした。また、ツアーの最低料金(2泊3日のもの)が$720(79,000円ほど)だったのに対し、今回かかった費用は全部で54,716円でした。内訳は以下の通りです。


・リマ-クスコ間往復航空券 ¥18,670
・行き:クスコ空港-オリャンタイタンボ(タクシー)¥3,580
・オリャンタイタンボ駅-マチュピチュ駅間Peru Rail(Vista Dome)往復乗車券 $124=¥13,142
・マチュピチュ村-遺跡間往復シャトルバス運賃 $24=¥2,544
・8/22-24 マチュピチュ村2泊(ホテル) ¥8,000
・マチュピチュ入場料 ¥5,200
・マチュピチュガイド料 ¥1,650
・帰り:オリャンタイタンボ-クスコ間colectivo運賃 ¥330
・8/24-25 クスコ1泊(ドミトリー) ¥1,600


マチュピチュへ行くにあたって、登山用のギアはじめ要らないものは全てリマのホテルに預けて身軽で行きました。
(列車に荷物制限があります)

201909021617292b4.jpeg
マチュピチュへ行く列車はインカレイルとペルーレイルの2択。今回はペルーレイルをチョイス。


20190902161725d8c.jpeg
オリャンタイタンボ駅から出発する列車は2両編成で、運転席の横に2人掛けの席がある。私は1人だったから行きも帰りもそこでした。


20190902161719b28.jpeg
先頭!


20190902161722115.jpeg
Vista Domeは上中下とある真ん中のクラスの列車。天窓がついていて眺めは抜群。


20190902161717dfa.jpeg
車内サービスあり。ペルーを代表するスーパーフードのひとつ、チチャのジュース!(チチャモラーダ)


2019090216160760c.jpeg
でも行きは定期的におそってくる吐き気のせいで固形物は喉を通りませんでした(笑)。


20190902161540ed7.jpeg
なんとかマチュピチュ村に到着!駅を出ると大きな迷路みたいな民芸品市場があります。は、はやくホテルへ・・!


201909021615538f3.jpeg
翌朝は4時半起床。で、ホテルのあさごはんビュッフェ。


IMG_1467.jpg
私のチケットはAM7時入場のものだったので、まだ暗いうちから並びます。すでに長蛇の列が!


IMG_1483_20190902173651a0f.jpg
バスを降りるとすごい人!ほんまもんの観光地に来たって実感します。ちなみに遺跡の入り口に有料トイレがあって1回s/2。遺跡内にトイレはありません。


IMG_1487.jpg
遺跡内に持ち込める荷物にも制限が。ちなみに、ペットボトルも持ち込み禁止で水筒持参必須という前情報がありましたが、ほとんどの人がペットボトルの水を持ち込んでいました。


20190902161600808.jpeg
いよいよ遺跡へ!


201909021616076c2.jpeg

遺跡内は公認ガイド同行が義務付けられています。ガイドは遺跡入り口にたくさんいて声をかけてくるので、調達は容易でした。相場はs/30〜50。今回は3人家族と一緒にまわることになり、1人s/50でした。


IMG_1537.jpg
マチュピチュ山やワイナピチュに登れば遺跡全体を俯瞰できます。ワイナピチュのほうが圧倒的に人気だけど、「マチュピチュ山からの眺めのほうがおすすめ」とガイドさんが言ってました。


201909021616078a6.jpeg
絶壁に作られた段々畑、アンデネス。


20190902161604786.jpeg
リャマはこの遺跡内に16頭ほどが暮らしているそうです。

201909021616056e4.jpeg


201909021616014da.jpeg
遺跡の保護のため、時間制限があって入れないエリアもありました。太陽の神殿は上から見学だけ。


201909021616009f7.jpeg
3つの窓の家。


201909021617262ce.jpeg
ワイナピチュはピラミダルでかっこいいので登りたくなりました。登っている人が見えました。


20190902161711845.jpeg
遺跡の見学は午前中で終了。午後はマチュピチュ村に戻って散策します。ちょっと元気になってきました。


201909021617257cf.jpeg
この日もこの村に1泊し、翌朝のペルーレイルで戻ります。


20190902161727c64.jpeg
しかし、少し歩いただけでこの村全体の観光地価格設定にびっくり。相場がワラスの3倍です!


20190902161708f5d.jpeg
値段感覚がすっかりワラス仕様になっているので心が折れかけました。やめときゃいいのに夕飯にクイの丸焼き。案の定、すぐに胃がもたれて半分以上お持ち帰り・・・


20190902161713917.jpeg
で、翌朝のホテルのあさごはん。もうすっかり回復しました!


20190902161721580.jpeg
帰りもペルーレイルのVista Dome。マチュピチュ発の便ではダンスショーやアルパカ製品のファッションショーもありました。となりに27歳メキシコ人プロゴルファーがきて楽しくおしゃべりしました。ケーキも食べたよ!


20190902161722e14.jpeg
オリャンタイタンボ駅を出ると、入り口でタクシードライバーが待ち構えていました。「タクシー?」「タクシー?」と詰め寄られるので「ノーノー、コレクティーボ・・」ってつぶやいたら「コレクティーボ?バモス!!(レッツゴーの意)」って即べつのおっさんに拉致られて乗車(笑)。クスコまでs/10でした。ちなみにオリャンタイタンボも大きな遺跡を擁する観光地です。今回は素通りだったけど。


マチュピチュ村に2泊したことにより、余裕をもって観光が出来ました。最終日クスコのレポートは次の記事にて!

2019/08/18-19 Huarazまとめその2〜 Willkahuaín 遺跡と標高3000mに沸く温泉Termales Monterrey 〜2019 ペルー旅行記その12

今回のペルー旅行は、自分の中で"3つのテーマ"を決めていました。
1つめはアルパマヨの登頂。2つめは観光。そして3つめはスペイン語の勉強です。
登山がスムーズにいって時間が余ったらマチュピチュかな、と何となく考えていて、アルパマヨから戻った翌日、実際にマチュピチュの計画を立てました。
それをもとに、Limaへ戻る日を8/20と決め、また行きと同じOltursaのバスを予約しました。


トレッキングは3日かかるかと思いきや2日で終了。
Huarazで丸2日時間が出来たので観光することにしました。


8月後半から天気が崩れるという前情報は幸か不幸か見事に外れ、天気予報も向こう一週間快晴です。最高の観光日和ですね(笑)。


キルカイウァンカコフップをオススメしてくれたWilderは、これからお客さんを連れてワスカランに登るとか言ってます。ワスカランは標高6370m、Cordillera Blanca (ブランカ山群)の盟主にして、"ブランカ山群のK2"とも呼ばれているかっこいい山です。急に連絡がとれなくなった友人と、はじめ一緒に登ろうと話していたのがワスカラン。


でもここへはまた来るから、羨ましくなんかないんだぞ(笑)。


Huarazから日帰りで行ける観光スポットとして、今回選んだのは遺跡と温泉です。どちらもお馴染みcolectivoで気軽に半日コースです。残り半日はプラサデアルマスかCalifornia cafeでノンビリ過ごすというパーフェクトプラン。


1. Willkahuaín遺跡(ウィルカワイン遺跡)

20190901121854b29.jpeg

市内からcolectivoで片道40分。colectivoは9:00-16:00の運行で片道s/1〜2です。
地球の歩き方に「徒歩で約2時間半」と書いてあるのを発見し、「7.5kmか。標高差300mあるし、いいトレーニングになるじゃん」と思って、行きは走ってみることにしました。これが結果的に最悪でした。


201909011218349dc.jpeg
朝ごはんスタンドで買ったチーズサンド片手に意気揚々と出発!


201909011218365a0.jpeg
ぐんぐん標高が上がり、ワラスの街が見渡せる。


治安は悪くないワラス。怖い人は居ませんでした。しかしちょっと中心地を離れると、途端に野良犬が凶暴化しました。走っている私を見つけるや否や、激しく吠え立てて追いかけてきます。びっくりしてさらに速度をあげて逃げると逆効果で、全速力で追いかけてきます。もう、飛びつかれて噛みつかれるんじゃないかと生きた心地がしませんでした。


201909011218357c6.jpeg
いい感じの坂道でしたが・・


バイクとかバスとかが走ってくるとやはりめっちゃ吠えるし、あまり地元の人は吠えられていない。程なくして、走るのが良くないんだということに気づきました。それ以降は、野良犬を見つけたら歩く速度も落とし、目を合わさず、身を縮めて通り過ぎるようにしました。


そんなわけで2時間近くかけて命からがら遺跡に到着しました。


201909011218387fc.jpeg

入場料s/5。綺麗に整備された遺跡でした。

20190901121855111.jpeg

西暦700ー1100年、ワリ文化と呼ばれる時代の霊廟。なんと中に入ることができました。迷路みたいで面白かった。

20190901121855675.jpeg

2019090112184348d.jpeg

20190901121854c77.jpeg
なかなか見ごたえアリ。


20190901121856852.jpeg

看板にはスペイン語と英語。真ん中はインカの公用語Quechua語ですね!


20190901121853434.jpeg

展示をゆっくり見て、1時間半くらい居ました。帰りは犬が怖いからcolectivoに乗りました。


2. Baños Termales Monterrey (モンテレイ温泉)
2019090113015800f.jpeg


市内からcolectivoで片道約20分、s/1。運行は7:00-16:30。標高3000mに沸く鉄分の多い温泉です。

20190901130151e67.jpeg

温泉プールと、個室の浴槽で浸かれる温泉があり、それぞれ入場料s/5です。

201909011302079d5.jpeg

個室はコンクリート打ちっ放しの小さな部屋で、浴槽にお湯を溜めて入るものだそうで、20分という制限時間(?)があるそうです。
よくわからなかったので、とりあえずプール代だけ払って入ってみることにしました。


2019090113020566c.jpeg
更衣室。


20190901130207433.jpeg

水着は市内でs/50で買いましたが、温泉の外にも水着を売る露店が出てました。

20190901130148068.jpeg


20190901130151c44.jpeg

プールは大きいのと小さいのがあり、大きい方は深いところで180cm、ぬるめで泳げます。小さい方は座れる深さで、長く浸かっていられない位熱いお湯でした。これなら個室で温泉に浸かる必要は無いなと思い、プールだけにしました。


20190901130205196.jpeg

平日でしたが、10時を過ぎるとどんどん人が増えました。みんな楽しそう!


201909011302079d9.jpeg
効能効果。リウマチ、ストレス、風邪、筋肉痛、不安?、疲労、気管支(?)、こむら返り?


鉄分豊富だからか膝とかシワに赤い色素が溜まります(笑)。


201909011302044a2.jpeg

プールのわきには温かいお湯の出るシャワーがあって感激しました。泊まっている宿のシャワーが冷水なので、ここぞとばかり全身を流してサッパリしました。


どちらもリーズナブルだし、面白いスポットでした。おススメです!

Huaraz まとめその1 〜2019 ペルー旅行記その11〜

20190829071103c56.jpeg
プラサデアルマスはみんなの憩いの場。私もヒマな時はここで日向ぼっこ。


"南米のシャモニ"とは誰が言ったかワラスシティ。
登山の前後、計1週間ほどをこの愉快な街で過ごしました。


今回は、ワラスまとめその1。Huarazの街での暮らしについて紹介します。


20190829071629dbc.jpeg
プラサデアルマスにいるアルパカおばさん。


1.治安
観光地であり登山基地であり、大都市ではないワラスは、リマやクスコと比べれば治安は良い方だと思います。街の雰囲気は"田舎町"という感じで、しつこい呼び込みや"日本人と見れば声を掛けてくる度"も低いです。もちろん深夜早朝の不要な外出や人通りの少ない路地の通行はしていません。
治安とは別ですが、中心地を離れると野犬がヤバいです。対して都市部にいる野良犬はみな大人しくて可哀想になるくらい弱々しいです。

20190829072433f3e.jpeg
夜が更けても人通りは多い。


2.交通手段
登山口や少し離れた観光スポットなど、歩いて行けない場所へはcolectivoが便利です。colectivoはハイエース〜マイクロバスくらいの大きさの乗合バスで、主に地元民の足です。行き先によってcolectivoの乗り場(バス停ではなく主にただの道端)は違うので後述の観光案内所で聞けばOK。(他の記事も参照)

行く場所によりますがs/1〜s/20(32円〜640円)という値段感覚で移動できます。(スペイン語オンリー)
市内を移動するだけであれば徒歩で十分な規模です。ちなみにタクシーは一度も利用していません。(タクシーアプリUberはサービス圏外です。)

2019082907243211b.jpeg
トゥクトゥクも全然必要ないレベル。


3.観光案内所 iPeru

201908290714131ba.jpeg

公共機関なのか?ちゃんとした施設で、いわゆるビジネスアワーだけ開いている感じです。他の街でも見かけました。英語を話せるスタッフが何でも即答で答えてくれます(笑)。何度もお世話になりました。


4.登山情報
・Casa de Guias
Plaza de Armas(プラサデアルマスと読む。どの都市にも同じ名前の広場があり、その都市の中心地となる)の北に、Guinebra(ヒネブラ)公園というクライマーのモニュメントがたっている広場があります。この一帯は登山、トレッキング、クライミング関連施設が集中しています。登山用品もこの一帯で調達できます(英語はできたりできなかったり)。

20190829071420071.jpeg

そこにあるのがカサデギアス、登山学校です。登山者やクライマーの入山管理、情報提供などを行なっています。登山される方は入山前に必ずお立ち寄りを。英語OK。
(アルパマヨの記事に詳しく書いたので割愛)


20190829072432a60.jpeg
登山用品の売店やツアー会社が立ち並ぶエリア。8ozガスカートリッジs/23など。


・California cafe
プラサデアルマスの少し南にあるカフェです。オーナーがカリフォルニア出身なんだとか。wifiサクサクのお洒落カフェで、古い登山雑誌やマップなどを自由に見られます。ここにも登山情報、パートナー募集用の掲示板があります。英語OK。

20190829071413b8b.jpeg
オシャレでくつろげる店内。朝8時からやってる。


20190829071103e2a.jpeg
登山、クライミング問わずパートナーを探している人多数。そうと知っていればもっとワラスで時間を取ったのに・・。岩場も色々あるみたいなので行ってみたかったですね。


・その他旅行会社のデスク
このヒネブラ公園一帯を中心として、街の至る所にツアー会社のオフィスがあります。話を聞くだけでもOK。もちろんツアーに参加するのもアリでしょう。Laguna69やParon湖などなど、人気のトレッキングルートは山ほどあります。前日くらいまでに申し込めばOKという割と気軽な感じのようでした。
だいたい英語OK。


5.買い物
・Novaplaza 、Market Trujillo
最も一般的な"スーパー"がこの2つです。私は主に前者を利用していました。食品日用品ほぼオールジャンルあり。このほかにも個人商店が点在していますがスーパーと値段は同じです。

20190829071419b48.jpeg

リマでは水650mのペットボトル1本s/2だがこの街ではs/1。


・Mercado Central(メルカドセントラル)

20190829070956a15.jpeg

いわゆるマーケットです。沖縄の牧志公設市場みたいな巨大な屋内施設があり、肉、魚、野菜、果物、服や靴、その他日用品なんでもあります。巨大な豚を肩に担いで狭い通路を歩く人、解体ショー(ショーじゃないんだけど)してるひと、沢山の鶏をぶら下げたお店、屋台スタイルの食堂、野良犬と、歩くだけで楽しいところです。
安いですよ!

20190829070958553.jpeg

私は今回全然自炊しなかった(ペルー料理が食べたかったので)のですが、ここで買った食材で料理とかも楽しいのではないでしょうか。

20190829070958cae.jpeg
お買い物ってか観光としても行くべき。


6.食事
屋台なら1食50円〜200円、食堂ならだいたい1食250円でおなかいっぱいです(s/1=32円)。観光客メインのカフェやレストランも沢山あります。それでもちゃんとしたディナーにお酒まで飲んで3000円台でした(マチュピチュやリマ、クスコじゃそうはいかない)。
それでは私が食べたものの一部をご紹介!

20190829071128f07.jpeg

路上でおねえさんが「タマーレース!」と叫んでいるまわりに人が集まっており、みんななにやら美味しそうな黄色いモノを食べている。


201908290713380c6.jpeg

私も買って食べてみると、トウモロコシを固めたモノっぽい感じがした。中に鶏肉やオリーブが入っていた。調べてみるとtamalがトウモロコシって意味なので合ってるかも?1皿s/1.5。


20190829070951629.jpeg

食堂のアンティクーチョ(牛ハツの串焼き)s/8。通常イモとセットで供される。屋台のは半分くらいの値段で、串の先にイモが刺さったものが供される(笑)。どちらも肉は柔らかくジューシーでとても美味しい。必食ペルー料理だが、西洋人には「心臓なんて!」と引かれる。


20190829071434944.jpeg

屋台料理は格安なうえ一人にはちょうどいい量なので気軽に食べられる。上はチチャロン(豚角煮揚げ)の屋台。
下はセビーチェ(生魚のピリ辛ライムマリネ)の屋台。ここは山岳地域Sierraなので、魚介はリマとか沿岸部で食べるのが良いに決まってる。でもあまりにたくさん屋台や店があるので我慢できなくなって食べた。もちろん美味しい。1皿s/5。


2019082907103030c.jpeg

こちらはある日のお昼ご飯、量も質もより本格的な屋台セビーチェs/6。食堂で食べられるのとほぼ同じクオリティ。

20190829071435e3a.jpeg

力一杯ライムを絞るおばさん。絶対にお腹を壊したくない人はやめておいた方が良いのかもしれない。でもお魚は新鮮でとても美味しかった。ちなみに私は数日後、リマに戻ってから急に体調を崩したが、なにが原因だったかは未だ不明(思い当たることがありすぎて)。


201908290710308b1.jpeg

ヒネブラ公園にあるPashtaというオシャレなサンドイッチ屋さんにて、チチャロンサンド。ここのは特別ジューシーでボリューミーでがっついてしまったけど、その後がっつりもたれた(笑)。


20190829070951701.jpeg

こちらはペルーに来たら必ず飲むべしピスコサワー。ピスコというブドウの蒸留酒にライムジュースとメレンゲを加えた人気カクテル。お店は、プラサデアルマスの向かいにあるBistro de los Andesという人気店。2回ほど行きました。ちなみに、一度ココで飲食すれば、その後はいつでもプラサデアルマスで日向ぼっこしながらWifiが出来る(笑)。


20190829070957f5c.jpeg

こちらも老舗の人気店Creperie Patrick. 主人はフランス人だそう。で、こちらはクイ料理。クイとはペルーの家畜として飼われているモルモット。現地では高級食材としてお祝いの時などに食べられているんだとか。高タンパク低脂肪でヘルシー食材としても人気が高い。でもジューシーで美味しかったです。


ちなみに普通の女性は1品でも食べ切れないと思います。定食なんかだと自動的にセットで出てくるのでそれはもうスゴイ量です。私はお昼に食べたものが夕方までもたれて結局夕食を食べ逃す(で朝はめっちゃ空腹)、というあやまちを何度も繰り返していました(笑)。
食べ切れないときは大抵持ち帰りが可能!"パラジェバール、ポルファボール"と念仏のように唱えましょう。ちなみにスペイン語はカタカナ発音でオーケーです!


7.宿泊
宿はドミトリーからホテルまで様々あります。
設備と価格帯を見るにつけ、全体的にリマのワンランク下、といった感じでしょうか。
たとえば・・

リマ:1泊$70くらいのホテル=日本:東横イン>>ワラス:1泊US$50くらいのホテル>=リマ:1泊$19くらいのドミトリー>ワラス:1泊$13くらいのホステル(シャワーお湯出ない)

こんな雰囲気でした。
最近バイトでよくビジネスホテルに泊まりますが、日本のビジネスホテルの質の高さは改めてすごいです。


と、なんだかまとまりのない文章になってしまいましたがワラスは居心地の良い街です。
次の記事では、ワラスから日帰り可能なオススメの観光スポットをご紹介します!

2019/08/15-16 Quilcayhuanca -Cojup trek 〜2019 ペルー旅行記その10〜

8/15 朝6時半にHuarazの宿を出ます。
colectivoに乗って目指すはPitecという名の登山口です。


20190827012637bbc.jpeg

乗り場はiPeru(観光案内所)のおばさんに教えてもらいましたが、その情報を元に見てみると、Google Mapにもちゃんと乗り場の表示がありました(Llupa/Pitec/Churup行き)。

バスの始発はおそらく7時半ころ。トレッカー風の西洋人たちでいっぱいになったところでバスは出発しました。


20190827012640db7.jpeg

Pitecには45分ほどで到着しました。Huarazからアプローチが近いのも良いですね。
バスを降りるとNPの係員がいて、名前やパスポートナンバーを記入するよう言われます。ここで入園料の支払いもします。


20190827012638c67.jpeg

私はHuarazで購入済の1ヶ月有効チケットを提示すればOKでした。


殆どのひとがChurup湖へと向かうトレイルを登っていきました。コチラは日帰りで行けます。


これから歩くQuilcayhuanca-Cojup trekは、標高3850mのここPitecを出発し、標高5050mの峠を挟んで隣合う2つの谷を巡ります。キャンプサイトはトレイル沿いにいくつもあって、2〜3日で歩くのが一般的なようです。


私はなるべくゆっくりして2泊ぐらいするつもりで35Lザックに準備しました。
はじめはしばらく車道を歩いていきます。


20190827011035614.jpeg

道沿いに藁?葺きの民家と羊たちが見下ろせました。


数キロ歩くと舗装道が終わり、ゲートが現れます。ここからがNPの敷地内となるようです。ゲートは閉められていましたが、おじさんがいて塀の登り口を教えてくれました。


塀を乗り越えたその先には、清流と大平原が広がっていました!

20190827011045730.jpeg

とにかく水が綺麗です。
馬や牛もいます。豊かです。


201908270110530e9.jpeg


しばらく歩いていると、後ろからトレッカー2人組が追い付いてきました。エクアドル人女性とスペイン人男性のペアです。

20190827011046a1d.jpeg

「こんにちは!どこまで?」
「えっとキルカ・・イウァン・・か?こふっ・・ぷ?」(まだちゃんと覚えてない)
「ああ、私たちも同じよ!2日?」
「分からない。3日かな?」
「そうなの!私たちは2 daysよ!」


彼らは2週間くらいでペルーに来ていて、他にサンタクルストレイルも踏破したとのことでした。


このほか、反対側から歩いてくる人と一度すれ違った以外は人にもロバにも全く出会わないという、とても静かでいいトレイルでした。


20190827011050114.jpeg

20190827011051add.jpeg


点在する気持ちのいいキャンプサイトでゆっくり休憩しながら進みます。


20190827012639a2e.jpeg

「500m先キャンプサイト」の看板がしっかり建てられていたので、たぶん指定地以外は張らないほうがいいのだと思われます。


初日は標高を4870mまで上げ、ふたつの小さな池のあるキャンプサイトに張りました。


2019082701105353e.jpeg

ここが今夜のお宿!


この一つ手前のサイトは水量豊富な沢沿いでしたが、ここは沢筋から外れて久しく、池から水を得るしかありません。手前側の池の方が水が澄んでいたので、そちらから水をとりました。やはり海外のトレッキング、浄水器は必携です。


201908270110524f5.jpeg

カレーヌードル!!至福のとき。


20190827011052d0a.jpeg
究極のプライベート空間。


夕飯を終えてテントの中でゴロゴロしていると、なにやら「カポカポ」という音が聞こえてきました。重量感のあるその音たちはゆっくりと移動していて、テントのかなり近くまで来ている様子です。そーっと外をのぞいてみると・・!


201908270110536bb.jpeg

なるほど、きみたち来たのね!


今いるテンバはもうこのルートの半分まで来ているので、私も1泊で明日下ることになりそうです。
翌朝は今まで通りの感じで起きて、またカレーヌードルを食べて出発しました。


20190827012641072.jpeg
おっはよー!


余った食料の消費もしたいのでお昼ご飯用にα米も作り、ポタージュごま塩ご飯にしました。


20190827012623761.jpeg
お先にー。またねー!


今日は標高5050mの峠までまず200m強の登りです。トレイルが少しずつわかりにくくなってきていて、ケルンを遠望しながらゆっくりと進みました。


201908270126266f8.jpeg

峠はガレ歩き。


201908270126261be.jpeg


峠を越えると、はるか下にcojup谷が見えてきました。

20190827012628a27.jpeg


ここで少し休憩してケルンを辿り始めますが、すぐに明瞭な道が分からなくなってしまいます。この傾斜ならどこでも下れそうではあるものの、きっとどこかに踏み跡があるハズです。
しかし道は非常にわかりにくかったです。ほとんどを適当に下って、なんとなく谷に下りました。

渡渉点もとくにケルンがあるわけでなく、渡れそうなところを飛び石しました。

Cojup谷側のトレイルは上から見えていて、沢の対岸の斜面沿いにかなりしっかりとした道があるはずでした。とにかくその道に上がってしまいさえすればあとは迷うところはナシです。
適当に歩けそうなところを上がって、その道に出ました。


20190827012629019.jpeg

やはりかなり道幅のある未舗装の車道でした。あとはこれをひたすら下るだけでしょう。


201908270126303bf.jpeg

またのどかな景色が続く。


歩き始めてから1時間半ほどして、ゴーーという音が近付いてきました。振り返るとやはり車が二台、コチラに向かってきています。白いRV車とトレーラー。このトレイルの奥には建物があったので、そこから来たものと思われます。


20190827012633c99.jpeg

するとそのうちの1台、白いRVの後部座席の窓から、見たことのある女性が顔をのぞかせました。今朝テンバで別れたあのエクアドル女性でした!

長い髪をなびかせて
「あなたも乗ってくー?」
とか言ってます。え、どういうこと?あなたの車なの?


そうこうしているうちに車は走り去って行きました。どういうアレなんでしょう・・。車を予めいれていたんでしょうか。トレッキング慣れしてそうだったし、エクアドルからなら自家用車でも来られそうですね。

つまり彼らのQuilcayhuanca-Cojupは峠越えして終了ってことなのね・・・


彼らを見送って少し歩くとお腹も空いてきました。11時半を回っています。ここらでお弁当の時間としましょう。

何もかもがマイペース。気ままなお散歩。自由です!


2019082701263433a.jpeg
最後はやっぱりアブの応酬。


Cojup谷を下っていくと、最終的にまたNPのゲートを通過します。ここにもおじさんがいて、「日本人?ひとり?いいね」と笑っていました。

20190827012636ea2.jpeg


ゲートを出たあとは二股を左へ進み、colectivoに拾ってもらえる場所まで舗装道を歩いていきます。でもPitecの登山口まで戻る必要はありません。途中でPitecへと向かう道にぶつかるので、その交差点で待っていれば、いずれcolectivoがそこを通ります。最終は14時か15時くらいと聞いていました。ギリ間に合いそうです。


その交差点には13時過ぎころ着きました。残り少なくなった水を飲みながら、炎天下で待ちぼうけです。

本当に通るのかちょっと心配になってきたころ、colectivoはやってきました。ちょうど14時くらいでした。


20190827012636928.jpeg

手を挙げて車を止め乗車、無事Huarazへと帰りました。


高峰登山前の順化にもよく使われるというこのトレイル。雄大な景色を静かに楽しむことが出来ます。Huarazで時間が余ったら、是非歩いてみてください!

2019/08/12 アルパマヨ 登山記録 〜 下山とCarazでの日々〜 2019 ペルー旅行記その9 〜 12/08/2019 El descanso en Caraz.

ロバと馬の鳴き声に包まれて眠ったかと思ったら、ロバと馬の鳴き声で目が覚めた。
時刻は朝4時。まだ眠いけどもう起きて準備しよう。


20190824222912ac7.jpeg
これ病みつきになってません?


起き上がってみると、足全体が猛烈な筋肉痛だ。こんなことはこの7日間で一度もなかった。昨日の下山がよほどこたえたらしい。更には足の裏まで筋肉痛になっている。
荷物の重さ的に、このトレランシューズでは無理があるなと途中から気付いていた。とくにガレ場など、靴底がしなってしまい歩きにくい場面は多々あった。


20190824222851558.jpeg
標高3900mには順化した様子(笑)。


朝ごはんはミルクティーのみで5時半に歩き始めた。
荷物は相変わらず重いとはいえ、もう急ぐ必要はない。行きにほぼ景色を見ず通り過ぎてしまったサンタクルストレイルを出来るだけ楽しみながら歩いた。


201908242234442ec.jpeg
オアシスがずっと続く。岩に生えたコケも南米風味。


201908242238350f7.jpeg
どこまでもオアシス。


2019082422391223a.jpeg
仔馬を隠そうとする親馬(笑)。



20190824224008de3.jpeg
野生なのか家畜なのかはもうどうでもいいね!


途中で犬がついてきた。


2019082422333439f.jpeg
同じく野生なのか飼われているのかは謎。


201908242234074ed.jpeg
勝手についてくるのでいつぞやのビーグル犬を思い出し、"六郎"と名付けて仲間にしてやった(笑)。


トレッカーで賑わう懐かしのllamacorralには9時到着。ポーターっぽい人たちに”¡Hola!” 、“¡Hola!”とアピるものの、誰一人として"ロバ使うかい?"とは言ってくれない(笑)。


事前にとある友人から、どうやら"現地ではスペイン語すら通じないかも"と聞いていたので、それって「"Quechua"語のことかー!」(インカ時代の公用語で、今もSierra(山岳地域)の人々が使っている言語)と思い、挨拶くらいは調べていた。
しかし今回の登山中、スペイン語は必要でもケチュア語に遭遇する場面は一度もなかったので助かった。


20190824224048624.jpeg
このくらいの時間帯になるともう谷は灼熱!街が見えてきてホッとする。


無事12時半くらいには登山口Cashapampaに到着した。さすがに下りは早かった。行きに無人で素通りしたNPのキオスクにはこの日ちゃんとおじさんがいた。Huarazで買ったチケットを見せた。


201908242241532f1.jpeg
“¿Puedo tomar fotos?” (写真撮っていい?)と聞くとみんな快くオーケーしてくれる。


一応聞いてみたらやはりcolectivoの最終は14時だそうだ。


20190824224114d42.jpeg
お疲れ様ー!最後の気力を振り絞って取り出した自撮り棒!!


売店がある広場へ行くと、ちょうどcolectivoが停まっていた。そして昨日おもてなししてくれたトレッキングガイドのおじさんも何故か居た(笑)。


20190824224325056.jpeg

彼は「彼女、めっちゃでっかい荷物背負って、もう暗くなるのにまだ歩いて行こうとするし、夕食に誘ったらテント2分でたてるんだもん、ビックリしたよ!」と盛り盛りでみんなを笑わせていた。


20190824224351ee6.jpeg
アルパマヨのイラストが可愛い。このイケスには何故か魚がいっぱい!


20190824224304705.jpeg

ニューヨーカーやらオーストラリア人やらの世界中を旅する人々の"るつぼ"に混じってcolectivo乗車。こうしてアルパマヨ登山は終了した。

みんな人生楽しんでて最高だね!


201908242242396ce.jpeg

お世話になりました!¡Hasta luego!


14時過ぎくらいにCarazの街に着いた。Huarazの70km北にあり、Corderrilla Blanca登山の玄関口。行きは colectivoの乗り継ぎでモトタクシーに連れ去られたため、その地をほぼ踏むことなくして通り過ぎた街だ。


20190824224653b21.jpeg
街の中心地"プラサデアルマス"を通り過ぎ・・


「冷たくないシャワーを浴びたい」一心から、ホステルやドミトリーでなくホテルを求めて歩いていたところ、呼び込みのおっさんに声をかけられた。「ハイハイ怪しい怪しい」とあしらいながら歩いていたら、彼が案内するのは一度泊まろうとして調べたこともあった"Patrick’s Adventure"というホステルだった。荷物も重かったし、セキュリティもしっかりしてそうだったので「ならここでいっか」と決めてしまった。

201908242244134e8.jpeg
構って欲しくて寄ってくる中型犬と敵意むき出しで吠え立ててくる小型犬がいた。宿は4回建くらいで眺めも最高!


20190824224432f9a.jpeg
可愛らしい宿。シャワーは30分くらい粘っていたらお湯になった。感激!
マイカップを失ったので今や大事な唯一の食器となったα米の袋を洗って乾かす。


wifiもサクサクで、英語が通じない以外はとても快適な宿だった。

これからとりあえず2泊ここで休養して、その間に次なるプランを練る。
10泊+予備日のつもりで食料燃料と日程を組んでいたのが計7日で終わってしまったため、装備的にも日数的にもまだ最長3泊4日くらいで何かする余裕があるからだ。

20190824224504822.jpeg
めちゃ余った。とくに行動食・・


同時にCarazの観光も。日用品はMercado(メルカド)と呼ばれるマーケットで調達。

水650ml、s/1(1ソル=33円)。水道水は飲めないので毎晩2本ずつくらい購入。
ほかにも1回使い切りのシャンプーリンス試供品セットが20円くらい(日本だとたいてい100円)で売っていたり。

20190824224626049.jpeg


「値切る」をやりたかったのと、シューズが砂過ぎてサンダルが欲しかったのとでお買い物チャレンジ!

ビーサン言い値s/15→s/12になった。けど正直もっと値切れたと思う・・。


201908242245292d7.jpeg
ペルー 上陸後初のアルコール!ビールも飲んだー!


2019082422480149b.jpeg
メルカドで調達したある日の朝ごはん。巨大なパン(スペイン語でもpan)s/1、謎のメロンのような果物60センティモス(20円!)、チチャロン(豚の皮のカリカリ、バリ硬もといハリガネ。これもチチャロン)s/2.5。


20190824224710243.jpeg
Helado(アイス)!ペルー人はアイス好き??なのかアイス屋さんHeladeríaは沢山ある。聞いたことのないフレーバーが沢山あって楽しい。


のんびりしていていい街だけど、やっぱりHuarazの方が居心地がいいな。


本当は、もう一度白い峰に登りたかった。しかし色々調べていたら、Piscoという技術的にさほど難しくない山でさえ"Alpine clubカード"がなければガイドレスは無理などと書いてある。入山口近くでとめられると。(※後日確認したところ「その必要はなし。ガイドレスで登山可能」とWilder談)


それならトレッカーの"振り"をしていけばどうか?アタックザックにアックス含め装備を全て外付けなしでパッキングしてみる。明らかに怪しいけど何とか収まるな(笑)。

とかやってみたり・・。


もう諦めて大人しくトレッキングかな・・。

と、インフォメーションに行ってみるけれど、Caraz発の2大人気トレイルは通常日帰り。
キャンプしたいな。かといってそのために時間を持て余すのもつまらないし。


20190824232659a98.jpeg

“Pony’s Expedition”。宿泊所兼ツアー施行、旅行者情報提供所。英語通じるけどあんまり感じ良くなかった・・。


むしろHuarazに戻っちゃった方が選択肢あるのかなあ・・。


行き詰まってWilderに聞いてみた。するとHuaraz発の、3日くらいの行程のおススメルートがあるという!

その名も、

“Quilcayhuanca-Cojup circuit”!

な、長い!
スペイン語読みすると・・キルカイウァンカ-コフップ??

ググってみたらツアーの情報がいろいろ出てきた。
なるほど、峠をこえて2つの沢をめぐるround tripのようだ。たしかに楽しそう!


8/15に出発することとし、8/14にCarazからHuarazへ戻ることにした。


20190824234907e19.jpeg
定食屋さんのランチは、どこも大抵、値段の決まった”menú”と呼ばれるスープとメインと飲み物のセット1択のみ。


201908242349066a9.jpeg
メインは日替わりで数種類から選べる。しかし紙のメニューの用意がないことが多く、口頭で聞かれるためスペイン語初心者にはハイレベルだ(笑)。当然知っている単語しか聞こえてこないが、それだと毎度同じものしか食べられないので、ドキドキしながら聞いたことのないメニューを選ぶ(笑)。
店の前にはブラックボードが出ていることが多いので、事前にそれを見て決めておくのが正解ムーブだ。


Carazの宿を出る前夜、突如として英語を話すおばさんが現れた。明日チェックアウトなので何時に出るか確認しに来たらしい。Huarazに戻ると言うと、そのおばさん、麗しのArtesonrajuの麓にあり大人気の湖であるParon湖のことを指して、“ぱろん!ぱろん!行かないの?もったいない!行ったことある?絶対行くべき!え、行ったの?行ってないでしょ?絶対行くべき!"とものすごい勢いで推してきた。パロン推しなんですねww


本当に行かなくていいか心配になってくる剣幕だったけど、どうせ観光地だし。Jatuncochaも充分綺麗だったし。ま、またArtesonraju登りに来るからその時でいいや。


8/14、朝。アルパマヨの疲労もすっかり癒えて気分爽快!もうすっかり慣れっこのcolectivoに乗りHuarazへ向け出発した。久しぶりのHuarazの街への帰還と、また次なるトレッキングとに心躍らせながら・・。


〜アルパマヨ登山記録2019完結!〜

プロフィール

chippe

Author:chippe


肉好きchippeのブログへようこそ!
2006年10月 山歩きを始める。
2007年9月 クライミングを始める。
山岳同人「青鬼」所属。
「メラメラガールズ」所属。
国際認定山岳医。
「カリマーインターナショナル」アンバサダークライマー。
現在は無職、旅人。
旦那さんはpecoma。

月別アーカイブ

ブログ内検索

カウンター