FC2ブログ

2019/3/30-31 Mont Blanc du Tacul Supercouloir direct (2P目敗退)

4週間はあっという間で、好天を待ったり撮影をしたりしていたらもう後半戦に突入してしまいました。

IMG_0278.jpg

今回はTくんとパートナーを組んで登ります。
でもこれまで一度もロープを結び合ったことがないので、シャモニでまず肩慣らしから、ということになりました。

天気予報では3/26から数日間、まとまって晴れの予報です。
TKくんとSくんはグランドジョラスへ出かけて行きました。
私たちはまずSupercouloirに照準を定めました。

SupercouloirはMont Blanc du Taculの東面にあるルートです。山頂まで抜けると850mでピッチグレードはM5+/6/,WI5。下部2ピッチ(direct start)がミックスで残りはアイス。


IMG_0240.jpg

ルートは正にここを登ってくれと言わんばかりに深く美しく刻み込まれたガリー!


しかし天気は良いながらかなりの強風だった3/26。お昼前にあっさり、"本日ロープウェー運休"が決定してしまいました。


天気のいい貴重な今日という日が潰れてしまう・・!

2人であーでもないこーでもないと案を練った結果、まず3/27-28で入山しTriangle du Tacul(Tacul北面の壁)でトレーニング(兼Tacul下降路の下見)をしようということになりました。


ラインはTriangleのど真ん中、"Contamine-Mazeaud"というII級程度の雪壁ルート。

IMG_0215.jpg
く・・・黒い!真ん中の白いはずの部分の面積がすごく痩せ細って見えます。岩壁右のノーマルルート(North Face)もクレバスのギャップが大きくなっています(ここは秋の登山シーズンにはハシゴが設置されるらしい)。

しかし今シーズンのシャモニの例年にないドライコンディションのせいか、"雪壁"と思って駆け上がるつもりだったその気概は強化ガラスのように硬い氷壁にまんまと打ち砕かれました(笑)。


IMG_7111.jpg
強化ガラスの一枚板!下部はベルクシュルンドが大きく口を開けている


IMG_7128.jpg

とくに致命的だったのは、Supercouloirのためにノミックをピュアドライ に換装したままで挑んだことでした。
歯がガツンガツン弾き返されて、リードでは一打打ち込むのに5、6回振らなければなりません。相当タイムロスしたし体力消耗しました。
学びました。ピュアドライはピュアなドライ用だと。。(当たり前だっ!)

そしてそんなカッチカチの70度程度の氷がひたすらひたすら300mほど続きます。

IMG_0186.jpg

ルート終了点まで、標高差300mを登るのに1ピッチ50-55m程度で計7ピッチ、時間にして7時間強もかかってしまい下降は真っ暗でした。Aiguille du Midi山頂駅前で一夜を明かし、翌朝一番のロープウェーで下山しました。

IMG_0191.jpg
上部にいくほど氷が硬くなり、スタミナも切れてきたので最終ピッチだけTくんのノミックを借りてリードしました(笑)。


下山後は、初(?)、全身でふくらはぎのみが異様に筋肉痛という不思議な体験をしました(笑)。

IMG_0566.jpg
ステーキを焼いて回復!!

天気予報を確認すると、好天が後ろに1日長く続くように変わっていたので、十分な回復のためレストを2日間に設定。
3/30から三日間の予定で、今度こそSupercouloir目指して入山としました。



3/30は土曜日だったので、前回の教訓を活かして7時過ぎから並びAiguille du Midi行きのチケットをゲットしました。やはり整理券が発生していました。

ほぼ朝一便で入山し、北面を下降してからも回収が楽そうな場所、Supercouloir取り付きとの中間あたりにいい場所を見つけテントを設営。
準備を終えて昼前にSupercouloirへ向かいました。

IMG_7259.jpg
雪が深くなかったのでツボ足でも問題なかった。ケーブルカー山頂駅から取り付きまで軽装なら2時間ちょいだと思います。


今回のタクティクスは、核心である1、2ピッチを初日に登ってロープFIX、2日目に朝3時からユマール開始で山頂ビバーク、3日目に北面から下山という感じで考えていました。

ギアは60mダブルロープ×2、キャメロットC4 #.3-#3×1セット、トライカムエボ1セット、キャメ#.5-#1サイズ相当のトライカム1セット、BDストッパー1番〜7番、スクリュー9本、スノーバー1本、5.5mm捨て縄約10m、アバラコフフック、アセンダー1/2ペア、スリング類としました。

IMG_0581.jpg
軽量化のため岩ギア少なめ。

IMG_0560.jpg
行動食は多め

Tacul登頂には、Supercouloir登攀の倍の時間がかかるとか、トポにも「4、5時間かかる」と書いてあるので山頂ビバークを前提としていました。ビバーク装備は1〜2人用ツエルト×1、各自のシュラフ、防寒具と切ったウレタンマット(パートナーはエアマット持参)、MSRウインドバーナーと100ccガス缶1個、アルファ米2パック+マッシュポテトの粉で、35Lザックと20Lザックに納めました。


IMG_0244.jpg
クーロワールの右はGervasutti Pillarというこれまた人気の岩ルート


しかし初日、取り付きまで行ってみると、下部direct startは見事なドライ!そしてベルクシュルントが大きく幾重にもなって開いており、気をつけないと地の底まで真っ逆さま。さらに岩場までの雪壁も途中が大きく割れています。雪も腐っています。

IMG_0257.jpg
一箇所割れ目があって緊張したリード


ということで、下部雪壁からロープを出す必要があり、そうなるとロープスケール的にも2ピッチ目までのFIXは厳しそうでした。
かつ1ピッチ目もなかなかに時間がかかり、結局1ピッチ目の途中でこの日のクライミングは終了。


IMG_0273.jpg
初日のドライはTくんリード。ギアも少ないので短めに切って3ピッチ


15時頃登攀終了してロープをFIXし降りました。

IMG_0288.jpg
お隣さんも気持ち良さそう


IMG_0304.jpg

その夜はいっぱい食べて、快適なテンバで18時半には就寝。翌朝は1時に目覚ましをかけて2時行動開始予定としました。


photo_20190331060936_10617546_0.jpg

しかし、1時過ぎにゴソゴソし出して作っておいた水を沸かし、マッシュポテトを食べてお茶を飲んだだけなのに、テントを出るとスマホの時計はもう3時半!えっ!予定より1時間半も遅れてるー!


この時少し「おかしいな」とは思いつつも、「ゆっくりしすぎたのか・・」と納得し、すぐにその違和感は忘れてしまいましたが、この違和感、デジャブ。そう、この日の午前1時を境にひっそりとサマータイムに切り替わっていたのでした!(本当はまだ2時半だった!)恐るべしサマータイム!!


IMG_0320.jpg

何はともあれ4時半(前日までの3時半)にユマーリングを開始。5時過ぎ、前日に到達した1ピッチ目の途中から、私のリードで登攀開始しました。


はじめ10mほどでピッチを切って傾斜が変わるあたりまで。ここはまだ1ピッチ目の途中。アンカーを作ってハンギングし、ヘッドライトの光を頼りに上部を見通すと、そこから上はほぼ垂直に見えました。


さらに45m伸ばし、登っているうちに日も昇り、熱くなってきたし悪くなってきたので手袋オフ!アックスと素手を駆使して登りました。弾切れになり岩が硬そうなところでピッチを切りました。ここはまだ2ピッチ目核心の直前で、2ピッチ目終了点まではあと7m程度はあるようでした。


IMG_0321_201904011841510b9.jpg


ここでリードを交代してTくん前進。しかし、本来氷で埋まっているはずのちょいハングチムニーにはスカ雪が詰まっているだけ。Tくんが蹴り落としたら2撃くらいで完全なドライになりました。テンションを交えつつ前進するも、抜け口で「うわー、スッカスカ!ひどい!」と嘆いています。残置ピンでいったんロワーダウン。


リードを交代し抜け口まで行ってみると、氷がつながっているはずのところはもろいリスしかないスラブに、スカスカの雪がこんもりと積もって張り出しています。ここまでのドライセクションは、登られて掘られたのであろうかかりのいいフットホールドもちょいちょいあったのですが、ここへ来てそれもなくなってしまいました。普通氷を登るからでしょう。残置ピンも摂理もありません。
頑張って突っ込めないこともなさそうで、しばらく外傾ホールドに乗ったまま逡巡していましたが、落ちる可能性もあるし、行ってしまって進退窮まる可能性も十分ありました。

IMG_0326.jpg

仕方なく、残置ピンに捨て縄を通してここから敗退することを決めました。


IMG_0324.jpg
敗退ポイントから見えた上部クーロワール。ここからはしばらく傾斜がゆるんでひたすらアイス。最後にはバーチカルアイスも楽しめる贅沢なルートです。後半のアイスも楽しみだったから残念。ま、ほとんど岩に見えますが・・・



photo_20190331105414_10617551_0.jpg
下降開始時にはもう11時を過ぎていました。ルートそのものは楽しんだけど、結局"山登り"は出来なかった。下山したらより悔しさが込み上げて来た。



今回はじめてまともにTくんとロープを結んだということもあり、認識の違いとかなるほどと思うこととか色々ありました。
失ったものは何もなく、得たものはたくさんあります。
次の登山につなげよう。


3603908758181649615_IMG_0392.jpg
本日はArgentiere駅(燃えてしまったGrands Montensケーブルカー駅があるところ)の方まで、情報収集&観光。ドリュも真っ黒!


シャモニ滞在はあと1週間。
ですが天気予報が芳しくありません。
今日を最後に、また最低でも1週間ほど悪天周期に入ってしまう様子です。
でもチャンスがあれば山に行きたいです。
それでも無理ならスキーとか、ドラツーとか、やれることは色々あるし、とにかくシャモニを最後まで満喫しようと思います!


-981408944171081712_IMG_0394.jpg
せーぜーがんば〜

Tips for Life in Chamonix 〜フランス、シャモニでの生活

1ヶ月のシャモニライフも、早いものでもう折り返し地点を過ぎました。
この2週間強で気付いたことをまとめてみようと思います。あと、覚えたフランス語も使ってみようと思います。
※2019/4/8 一部修正+情報追加

IMG_0349.jpg
Bonjour !


※各リンクはGoogle Mapにとびます。


1. 交通
シャモニ最寄りの空港はスイスのジュネーブ空港です。空港からはシャモニ行き大型バスが数社出ています。事前予約しなくても乗れるので、預け荷物ゲットしてから探してみてもいいと思います。

IMG_9755.jpg
私はこのOuiバスを予約しました。片道€19で、シャモニまで2時間弱でした。
シャモニを拠点に登山やスキーをするだけであれば、バスや電車などの公共交通機関で十分足ります。


2. お買い物

☆主に利用しているスーパー☆
・SPAR
IMG_9770.jpg
ごく普通の大型スーパー。街中に何店舗かあり。

・CASINO
IMG_0375.jpg
野菜・果物を買うならここ。卵も安い。こちらも街中に数店舗あり。

Super U

ソシソンセック(Le Saucisson sec)などの加工肉は至るところで見かけるものの、生肉や魚といった生鮮食品が少ない。この大型スーパーは唯一(?)ちゃんとした生鮮食品売り場があります。豚バラ肉100g122円など。
また、ヨーグルトや卵が安いです。


物価は、食品や日用品については日本と大きく違うことはありません。シャモニは観光地ですが、スーパーで売っているモノは高いということはありません。特に安いのはフランスパン!美味しい50cmクラスのフランスパンが€1しません。
そして特筆すべきはやはりスキー用品、クライミング用品でしょう。日本で買えないモノがあるだけでなく、値段も3〜4割くらい安いです。
ちなみに、免税は1回約€175以上(店によって微妙に数€の差あり。都度確認してください)のお買い物で適用されます。
クレジットカードに換金するか現金受け取りかを選べますが、現金だと手数料をとられるのでクレカ換金のほうがお得みたいです。
パスポートを持っていればお店で書類を出してくれます。その書類のバーコードを、ジュネーブ空港にある機械で読み込むだけでOK!なので簡単便利です。
免税手続きについては大事なので下に詳しく別示します。
やっぱりザックに余裕を持たせて(無理だけど)沢山お買い物して帰るのが吉ですね〜。
でもこの時期はスキーヤー相手の商品がメインで、クライミングギアはかなり限られている印象でした。


☆おすすめスポーツショップ☆
スポーツショップは山ほどありますが、私のおすすめはコチラです。
Technical Extreme Chamonix
IMG_9799.jpg
ウエア、スキー用品、クライミングギア、トポなど品揃え充分。かつここに挙げた中で一番安いです。ノミックの替え刃€49、LSL17cm €60など!

Snell Sports
IMG_0376.jpg
言わずと知れた巨大ショップ。満遍なくなんでも揃います。現在日本人スタッフは居ません。私は日本にサイズの無かったファントム6000/EU38を€599(免税処理前)という激安で購入!

Ravanel & Co - Chamonix
IMG_0396.jpg
スキー用品が充実していて、とくにスキーブーツの品揃えが凄かった!日本に取り扱いないモノ多数&激安!

IMG_0358.jpg
スキーもブーツもめっちゃ欲しいなあ・・・。この欲求をあと2週間抑え込めるかしら(笑)。
旦那さんには内緒ね!


☆おすすめ(カフェ併設)ベーカリー☆
Le Fournil Chamoniard
IMG_0328.jpg
サンドイッチ、ケーキ、焼き菓子も種類豊富。Aiguille du Midiケーブルカー駅の近くです

La Panière
6C4EC52B-79E4-4ABF-8A33-447FD4E1D504.jpg
こちらもパン、スイーツ◎。朝6時からやっていてwifiも使えます。観光案内所目の前。地元の人もに人気っぽい

3.免税手続き
フランスの消費税であるTVA(付加価値税)は現在20%。免税といってもこの全てが返ってくるわけではなく、(商品の値段の)12〜15%くらいが戻ってきます。

IMG_0925.jpg
たとえばこんなかんじ。フランスでは商品の値段は全て税込です。上の数字が20%のTVAの金額、下の枠内が戻ってくる金額です

お店で「Tax free please」といいパスポート(もしくはパスポートのコピーなど)を見せれば、バーコード付きの書類をくれます。
私は全てクレジットカード換金にしたので、あとはこの書類を持って出国前に空港で手続きするだけです!

ここで少し複雑だったのは、ジュネーブはスイスだというところです。フランスで免税対象の買い物をして、EU加盟域から外へ出るとき、フランス以外の国から出国する際には税関窓口に行く必要があります。この時、買った商品なども見せなければならないらしく、面倒臭そうです。でもフランス国内で"Pablo"という自動処理マシンを使えばバーコード「ピッ」だけで完了です。

IMG_0917.jpg
French Sectorの看板に導かれて"国境"へ

実は、ジュネーブ空港には税関があるほんの一部分だけ「フランス領」のところがあります。
ここにPabloの機械があるので、これを見つけ出せばいいんです。
場所はチェックインカウンターがある階の隅っこです。

IMG_0918_2019040900093610a.jpg
国境越え。国境の幅が狭くて荷物が大きいとタイヘン

搭乗券かチケットの予約情報を見せれば、"French Sector"に入れます。

この奥に税関が!機械もあったね!

IMG_0919.jpg


あとは機械で「ピッ!」てするだけ!

わたしは1枚だけなぜかエラーが出て窓口へと言われてしまったので、隣にある窓口のおにいさんにやってもらいました。
でも結局商品は見せないで済みました。

IMG_0920.jpg
この画面だとまだ受け付けされていません


IMG_7436.jpg
この画面が出れば完了!


4. 通信環境(wifi spot)〜シャモニとジュネーブ空港

ジュネーブ空港のWifiはつなげられればサクサクです。
方法は、航空券のQRコードを、空港のそこかしこにある紫色の機械で読み込んで、"接続コード"なるものをGETします。
IMG_0926.jpg
コレ。このコードを入力すれば2時間無料です

シャモニは、街の公共フリーwifiはありません。
もちろんちゃんとしたホテルではWifi Goodだと思います。私たちはアパートの一室を借りており、そこのは割と不安定だったのでWifi求めて外出することも多々(笑)。
以下におすすめ作業スポットをまとめてみました。

・完全無料 Spots
1.観光案内所とその周辺
IMG_0344.jpg
観光案内所。中に1つテーブルと椅子があります。天気のいい日は椅子に寝転んでゆったりできます

2.Aiguille du Midi Cable Car 駅周辺
少し離れたところからでも拾えます。たまに不安定ですが24時間機能してます。

3.マクドナルドの前(笑)
画像アップロードも時間かかるけど出来てました。

4.Chamonix-Mont-Blanc駅構内
IMG_0681.jpg
駅構内で使えます。けっこうサクサクです。駅前にはBritish Pubもあるよ!


・カフェなど
1. Cafe Bluebird Chamonix
IMG_0758.jpg
お店の人にPWを教えてもらう必要がありますが超サクサクです。ラテ€3。サンドイッチ等も美味しい。

2.CHAM Cafe
アメリカーノ€2.4。やはりPWを聞きましょう。サクサクです。

参考:
イギリス・ベルファストで「フランスでも使える」と言われ購入したO2のSIMカードは結局使えませんでした。
シャモニの街中にSIMカードを売っていそうなところは一見見当たりませんが、郵便局で購入できます。
IMG_0003.jpg
ただ、あまり安くはありません。SIMカード代だけで€9.9、さらに500MB/15日間で€10、つまり500MB/15daysで約€20もします。
(イギリスでは8GB/30日間で£20でした)
ジュネーブ空港にも売っていると思います。


5. お金
天下のヨーロッパなので、ほとんどのことをカードで済ませられます。
今のところ現金が必要だったのは・・
・電車の車内で乗車賃を払うとき
Club Alpin Français(後述)で山岳保険に加入したとき
くらいかな?

IMG_0386.jpg
ちなみに街のいたるところにこんなキャッシャーがあるのでキャッシングは自由自在(使えないカードもあり)。空港で換金するよりキャッシングのほうが、手数料込みで考えてもレート良いそうです。


6. 登山に関する情報
Chamonix-Mont-Blanc公式ホームページ
ケーブルカー、リフトの運行状況、山小屋の情報、ツアー、シャモニの週間天気などなど。
IMG_9873.jpg
ちなみにAiguille VerteやDru、Droitesの重要な玄関口となるGrands Montensのケーブルカーは火事で燃えてしまったらしく今動いてません。

Mountain-Forecast.com
山域ごとの天気予報詳細。(リンクはAiguille du Midiのページにとびます)
天気予報はこのほか、アプリなどを使って4人でチェックしています。1週間以内の予報ならだいたい当たる印象です。

Office de Haute Montagne
IMG_0001.jpg
教会横。建物の2階右手に登山情報を教えてくれるこのオフィスがあります。各山域へのアプローチ情報とか、今年の壁の状態とか、その年のクライマーからのフィードバックとか、いろいろ親切に教えてくれるから何度も通ってます

IMG_0259.jpg
外の壁には雪崩注意情報

・その他、トポ類
日本国内から通販でChamonix Topoという本を購入して、アプリをスマホに入れていって使ってました。とても便利なアプリです。
冬ルートも夏ルートもだいたい載ってます。
他にもいいトポがいくつか、上記のショップで手に入ります。
あらかたの情報はインターネットなどで仕入れておいて、トポは現地で買うのがいいかも知れませんね。


7. (Amazingな)山岳保険
Club Alpin Français
なにやら「シャモニの街で単発で入れる山岳保険があるらしい」との情報を得ていたので、今回とくに日本で何も加入していかなかった私。着いてからいろいろ調べてみたら、なんと天下の山岳大国フランスが誇る驚くべきコスパの山岳保険があることを知りました!

IMG_9793.jpg
オフィスはマックの目の前にあります。開いている時間、曜日は限られているので注意


IMG_9801.jpg
きれいなおねえさんがとても丁寧に対応してくれて、安心して契約することが出来ました。


詳しく知りたい方はコメントなどいただければお教えします。ざっくり言うと、たった数万円で、日本もヒマラヤも含め世界中どこでも、山岳事故におけるレスキュー費用や医療費、後遺障害などを高額保障してくれる信じられないコスパの保険です。私はこのあとすぐアラスカも控えているし、日本の保険で見積もり出したらびっくりするくらい高額だったので悩んでいたわけですが、それが全て解消されてしまいました。
それもこれも、山岳大国おフランス、莫大な加入者数のなせる業だそうです。
インターネットでも契約可能だそうですが、英語サイトがないので英語以外のヨーロッパの言語がわかる方じゃないと難しいと思います。
これに加入できただけでもシャモニに来た甲斐あった、って思ってしまったほどでした(笑)。


8. その他小ネタ
空港の荷物カートを使うとき、イギリスの空港では£1硬貨が、ジュネーブ空港では€2硬貨が必要でした(どちらも使用後返ってくる)。
20kg超の預け荷物2つと10kgくらいの持ち込み荷物を運ばなければならないので、私にとって空港カートは頼みの綱です。

IMG_9754.jpg

ちなみに、北米に行く際は23kg2個までOKなのにヨーロッパの場合は合計上限30kgまでとからしく、それを知らずまんまと追加料金を払う羽目になりました。(ま、どうせ不可能だから仕方ないのですが・・・)


読んでくださりありがとうございました!
Merci !


IMG_0443.jpg
明日からまた3日間くらい入山します。今日はいっぱい食べて早く寝ます。Au revoir !

2019/3/19 - 3/22 Triangle du Tacul / Cosmiques Icefall climbing & camping

昨日下山しました!


P3200106.jpg
Triangle du Tacul 下部氷壁をリード中


やっと好天周期がきたようで、天気予報には晴れマークが並んでいます٩( ᐛ )و٩( ᐛ )و

ということで、この4日間は4人でValle Blancheをベースにクライミング&撮影でした!


IMG_0101.jpg
撮影隊☆


今回、私以外の3人はみなプロのフォトグラファーだったり、カメラにかなり詳しい方々ばかり。
この旅のメインはそれぞれのクライミングですが、もう一つの大きな目的が映像作品の撮影です。
この4日間はその撮影を主な目的としての入山でした。
ど素人の私にはよく分からないけど、多くの撮影機材やロープを担いでひとり€63かけて入山しただけの撮れ高はあったみたいです!


P3200149.jpg
被写体として登らせてもらました。作品の完成が楽しみ!


私個人としては、キャンプも楽しめたし、ロングルートをやったりトップアウトしたりは出来なかったものの、楽しくクライミングしていい肩慣らしが出来ました。重荷を担いでそれなりの高度を歩いたり寝たりしたのでいい順応にもなったと思います。


IMG_00322.jpg
Triangle du Tacul 全景


IMG_0044.jpg
Triangle du Tacul "Chere Couloir"で撮影


IMG_0025.jpg
雲海!


P3200108.jpg
下部氷壁(トポでは雪壁となっているが・・)。カッチカチの65度くらいの氷壁が約60m。ふくらはぎパンピー☆


IMG_0053.jpg
強風の中小一時間待機したり。撮影はタイヘンだ!


IMG_0056.jpg
どのピッチもなかなかに50m超え。花崗岩と氷のクライミング。何ピッチ登ったか忘れたけど疲れた・・


P1010163.jpg
残業!


IMG_0154.jpg
Valle BlancheにはCosmiques小屋という営業小屋があってスキーヤーが多数泊まっていた。テン泊は一応公にはダメとされているらしいけど、割と一般的らしい。私たちは目立たないよう幕営


IMG_01102.jpg
この岩の根元に


IMG_0073.jpg
快適なテンバを作りました


IMG_01052.jpg
でもこんな自由な人もいました。ま、節度をもって、ってことだよね。このスキーヤーカップルはクライマー。こっちではスキーヤーもクライマーもあんまり区別ないかんじです


insidetent.jpg
テントライフ。雪は掘っても掘っても枝なんか出て来ず、作った水に砂や葉っぱが混じることもありません。さすがBig Alps!


IMG_0159.jpg
巨大な花崗岩の岩塔の根元なので寝転ぶとこんな景色です。クチバシが黄色いカラスみたいな鳥が飛んでます


IMG_0091.jpg
すぐ上にある営業小屋へ天気を聞きに言った日もありました。潜入!アルプスの小屋!いつか泊まってみたい


IMG_01282.jpg
最終日はCosmiques Icefallで撮影。私はFix張り係として2ピッチ目までクライミング


IMG_0034.jpg
夜明けとともに。燃えるグランドジョラス!!!


どこま2
Tくんとつるべで


IMG_0147.jpg
チムニー登りあり、クラック登りあり、ベルグラあり


どこま5
快適なミックスでした!


IMG_0042.jpg
カリマーの2019FWモデルUltimateザック。今回60Lと35Lを借用。市場に出回るのは今年の8月からで、これはサンプルです。頑丈で撥水もよく、使いやすいのに軽め。さすがはザックの老舗ですね!今回も大活躍でした


gezango.jpg
で、下山後のアレ!この2週間で随一の豪華な夕食&地ビール!


早いものでツアーも残り2週間+αってかんじ。
天候と体調次第ですが、目標をDru北壁とGrandes Jorasses北壁に固めました。
とにかく大きい山に登りたい一心です。テクニカルなことはもちろん、登攀スピードがかなり重要になってくるでしょう。ジョラスは下降もかなり不安です。。
実力が伴うか分からないけど、パートナーと協力して出来る限りやってみます!

プロフィール

chippe

Author:chippe
chippeのブログへようこそ!
2006.10 山歩きをはじめる。
2007.9 クライミングをはじめる。
山岳同人「青鬼」所属。国際認定山岳医。
好きな食べ物:肉。
カリマージャパンアンバサダー。

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

カウンター